咀嚼

出典: meddic

mastication, chewing
噛みくだき



機能

  • 小さな食塊に分解
  • 飲み込みやすくなる
  • 表面積が大きくなる
  • 以降の消化器の負担が減る
  • 消化不能な物質の除去
  • 食塊と唾液を混合する
  • 味覚受容器に食物を作用させる


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/23 14:00:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 口腔の生理から考える臨床像(6)歯根膜と咀嚼
  • 咀嚼と嚥下のメカニズム (特集 日常診療に必要な口腔ケアの知識)
  • 一枚の図からはじめるEBN 佐々木敏がズバリ読む栄養データ(第51回)高齢者の健康 「咀嚼嚥下機能」がたいせつな理由は? (特集 歯周病を食い止める 歯を減らさず歳を重ねるために大事なこと。)

関連リンク

咀嚼とは食べものを噛み砕くことを言いますが、咀嚼はただ飲み込むだけの機能にとどまりません。たくさん咀嚼することで顎の発達をもたらし、脳を活性化します。そんな咀嚼の効果を紹介します。
そしゃく【咀嚼】とは。意味や解説、類語。[名](スル)1 口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうこと。「―して消化をよくする」2 言葉や文章などの意味・内容をよく考えて理解すること。「名言を―して味わう」そしゃくき ...

関連画像

 なとり食育BOOK > 咀嚼のハナシ咀嚼肌第1 に、食物が胃で栄養と 咀嚼する脳 咀嚼運動を 咀嚼瘦脸操+瘦脸食谱 告别大胖 咀嚼 マスティ ケート という


★リンクテーブル★
リンク元消化と吸収」「mastication
拡張検索咀嚼筋」「咀嚼リズム」「咀嚼能率」「咀嚼パターン

消化と吸収」

  [★]

消化液

調節機構

  1. 自律神経系
  2. 消化器ホルモン
  3. オータコイド

定義

消化
嚥下した大きな物質を吸収可能な小さな物質にまで分解する過程
吸収
生体外のものが生体内にはいること
機械的消化
消化管運動(蠕動分節運動)による消化
化学的消化
消化液に含まれる酵素による消化

機能

  • 摂食
  • 消化
  • 吸収

摂食

  1. 口腔内に食物を入れる
  2. 咀嚼
  3. 唾液分泌
  4. 味覚、嗅覚
  5. 嚥下


mastication」

  [★]

  • n.
  • 咀嚼

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「咀嚼(そしゃく),かみこなすこと」


咀嚼筋」

  [★]

masticatory muscle, the muscle of mastication
咬合筋 muscle of occlusion, occluding muscles
咀嚼、咀嚼筋群



咀嚼筋

神経



咀嚼リズム」

  [★]

masticatory rhythm, chewing rhythm


咀嚼能率」

  [★]

masticatory efficiency


咀嚼パターン」

  [★]

masticatory pattern




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡