味覚野

出典: meddic

gustatory area
味覚野皮質 gustatory cortex


和文文献

  • 霊長類の脳内味覚伝導路と大脳皮質味覚野
  • 小川 尚
  • 口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology 24(1), 1-5, 2011-03-31
  • NAID 10028176337
  • 大脳皮質バレル野と味覚野におけるカラム情報処理機構の普遍性および領野特異性
  • 佐藤 元
  • 大阪大學齒學雜誌 = The Journal of Osaka University Dental Society 54(1), 1-2, 2009-10-20
  • NAID 10026063782

関連リンク

基本味以外の、辛味物質、アルコール、炭酸飲料などの化学的刺激や、温度(熱さ・ 暖かさ・冷たさ)、舌触り(つぶつぶ感、柔らかさ、硬さ、滑らかさ)などの物理的刺激は、 化学的受容体を介することなく直接神経を刺激して大脳皮質味覚野に伝達され、基本味 と ...
大脳皮質には運動野、体性感覚野、視覚野、聴覚野、嗅覚野(きゅうかくや)、味覚野、 言語野など、機能の諸中枢が特定の部分に分布しています。 これを大脳皮質の機能局 在といっています。深部は白質で大脳髄質といわれ、各部を連絡する有髄線維ででき ...

関連画像

を 受け取る 主 味 覚野 は 味覚 図2 味覚野の電気刺激によって  皮質味覚野および自律機能


★リンクテーブル★
リンク元gustatory cortex」「味覚領」「gustatory area
拡張検索橋味覚野
関連記事味覚」「

gustatory cortex」

  [★]

味覚野味覚領

gustatory areagustatory region

味覚領」

  [★]

gustatory regiongustatory cortex
味覚野


gustatory area」

  [★]

味覚野

gustatory cortex


橋味覚野」

  [★]

pontine taste area


味覚」

  [★]

gustatory sensation (SP), gustation, degustation, taste sense, sensation of taste


器官

解剖

神経支配

味蕾 顔面神経 舌咽神経 迷走神経 顔面神経 部位 特異性
  鼓索神経 舌枝 上喉頭神経 大錐体神経    
茸状乳頭       の前2/3 味覚・酸味
葉状乳頭     の前2/3で外側端  
有郭乳頭       の後1/3 苦味
咽頭喉頭部          
口蓋         

味覚の伝導路

  • 同側を伝導していく

 0. 味細胞  1. 味神経 (1次ニューロン)  2. 延髄孤束核(NTS) (2次ニューロン)  3. 中心被蓋路(TTC)  4. 視床腹側後内側核小細胞部(VPMpc) (3次ニューロン)  5. 大脳皮質第一次味覚野    頭頂弁蓋部と島の境界部ならびに中心溝下端付近  6. 高次味覚野    眼窩前頭皮質など


野」

  [★]

field
分野フィールド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3