右房圧

出典: meddic

right atrial pressure, RAP
中心静脈圧上大静脈圧


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 診断 心エコーと右心カテーテル検査 (特集 肺高血圧症--基礎と臨床の最前線)
  • 岩瀬 正嗣,加藤 靖周
  • 綜合臨床 58(11), 2246-2253, 2009-11
  • NAID 40016883903
  • 冠動脈バイパス術後早期に出現した収縮性心膜炎の1例
  • 森田 英幹,吉田 英生,森本 徹,神野 禎次,多胡 護,山根 正隆
  • 日本心臓血管外科学会雑誌 34(1), 44-47, 2005-01-15
  • … 症例は60歳,男性.冠動脈バイパス術の約1ヵ月後に胸水が出現した.胸部CTで心膜の肥厚を認め,心臓カテーテル検査で右房圧(RAP),右室圧(RVP),肺動脈襖入圧(PCWP)の上昇と,右室圧波形がdip and plateau型を呈していたため,収縮性心膜炎による右心不全と診断した.手術は,体外循環を用いて心拍動下に行い,左室側壁,後壁側まで広範囲に心膜を剥離,切除した.心膜の剥離にはハーモニックスカルペルが有用であったが,ヘパリンの使用に …
  • NAID 110004013266

関連リンク

測定できる項目としては右心房圧(RAP)、右心室圧(RVP)、右室拡張末期圧(RVEDP )、肺動脈圧(PAP)、肺動脈楔入圧(PWP)、心拍出量(CO)や心係数(CI)などがある。 ... 中心静脈圧は右房圧(RAP)、胸腔内代静脈圧に等しいとされている。三尖弁狭窄 ...
右房圧; 平均: 2~8mmHg(5~10cmH2O→体位と頸静脈怒脹の関係からおおよそ 推測可能); 圧波形:; a波: 右房の収縮(三尖弁狭窄、右心圧上昇などで増高); c波: 三 尖弁の閉鎖; x波: 右房の弛緩; v波: 右房の充満(三尖弁閉鎖不全などで増高); y波: 三 ...

関連画像

sg.jpgは67mmHgの圧較差が存在し、右房 イメージ 7左心カテーテル法100512_Fig4.jpg


★リンクテーブル★
先読み中心静脈圧
国試過去問096C008
リンク元圧力」「肺動脈カテーテル」「下大静脈」「頚静脈怒張」「RAP
関連記事

中心静脈圧」

  [★]

central venous pressure, CVP

正常値

SAN.174
  • 5-12 cmH2O, 4-8 mmHg

エコーによる評価

レジデントノート 12(8);2010,1369
下大静脈中心静脈圧
正常
(≦10mmHg)
呼気時(mm)   ≦15mm >15mm
呼吸性変動(%) 100%(完全虚脱) ≧50% <50%



096C008」

  [★]

  • 次の文を読み、7~9の問いに答えよ。
  • 36歳の女性。呼吸困難を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 5年前に心電図で左室肥大を指摘されたが、無症状のため放置していた。3か月前から労作時の息切れを自覚していたが、最近、夜間に呼吸困難発作が生じるようになった。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 身長161cm、体重56kg。呼吸数16/分。脈拍86/分、整。血圧104/72mmHg。頚静脈は軽度怒張し、胸部では心尖拍動が左方に偏位し、その部位にIII音と汎収縮期雑音とを聴取する。呼吸音に異常はない。肝を右肋骨弓下に2cm触知し、両側下腿前面に浮腫を認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球385万、Hb12.1g/dl、白血球4,600。血清生化学所見:総蛋白6.8g/dl、アルブミン3.3g/dl、クレアチニン0.7mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、AST(GOT)48単位(基準40以下)、ALT(GPT)56単位(基準35以下)、CK28単位(基準10~40)。心エコーの左室長軸断層像(別冊No.2)を別に示す。
  • この患者でみられる心臓カテーテル検査所見はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 096C007]←[国試_096]→[096C009

圧力」

  [★]

  • 生理学での圧力の単位には以下のようなものが使われている。
    • mmHg
    • mmH2O
    • torr
  • 例えば、気体の分圧、血圧、浸透圧の大きさを表現するために使われている。

mmHgとtorr

  • 1 torr ≒ 1mmHg
厳密には異なる → トル

mmHgとmmH2O

Wikiによれば

1  [mH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1  [m] = 9806.65 [Pa]

ゆえに

1 [cmH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1 [mm] = 98.0665 [Pa]
1 [mmH2O] = 9.80665 [m/s2] × 1000 [kg/m3] × 1 [mm] = 9.80665 [Pa]

また

133.322 [Pa]=1 [torr] ≒ 1 [mmHg]~

よって

1 [mmHg] = 1.35951 [cmH2O] = 13.5951 [mmH2O]};

これはHgの密度を反映している

生体内の圧力

  • 参考
[display]http://www8.ocn.ne.jp/~halfboil/note/not-03.html
正常血圧 120/80mmHg SpO2=98%
CVP 中心静脈圧 4-8 mmHg 50-100mmH2O
SpO2=70-75%
RA右房圧 6mmHg SpO2=75%
LA左房圧 10/0mmHg SpO2=95%
RV右室圧 20/0mmHg SpO2=75%
LV左室圧 110/10mmHg SpO2=95%
PA肺動脈圧 20/10mmHg SpO2=75%
Ao 大動脈圧 110/70mmHg SpO2=95%
PAWP肺動脈楔入圧 10-12mmHg SpO2=100%
PaO2動脈酸素分圧 100-80mmHg  
PaCO2動脈炭酸ガス分圧 45+-5mmHg  
頭蓋内圧ICP intracranial pressure 6-12mmHg 120-180mmH2O
髄液圧   20-40mmH2O
門脈圧PVP   80-180mmH2O
胸腔内圧  
正常眼圧 15±5mmHg  
  • 肺毛細管圧:8-10 mmHg (SAN.192)
  • 肺静脈圧:4-5 mmHg (SAN.192)

肺動脈カテーテル」

  [★]

pulmonary artery catheterization
スワン-ガンツ・カテーテル Swan-Ganzカテーテル Swan-Ganz catheterization, Swan-Ganz catheter

測定可能な項目

合併症

ICU.141 参考1改変
  • 穿刺時:動脈穿刺、出血、気胸、神経損傷
  • 挿入時:不正脈、抜去困難、心臓・肺動脈穿孔
  • 維持中:不整脈、血栓(カテーテル閉塞、静脈内血栓)、肺梗塞、カテーテル関連感染症/敗血症、肺動脈弁損傷、血小板減少

参考

  • 1.
http://yf0117.blogspot.com/2009/01/swan-ganz.html
  • 2. [charged] Insertion of pulmonary artery catheters - uptodate [1]
  • 3. [charged] Pulmonary artery catheterization: Indications and complications - uptodate [2]
  • 4. [charged] Pulmonary artery catheterization: Interpretation of tracings - uptodate [3]


下大静脈」

  [★]

inferior vena cava (Z), IVC
vena cava inferior


走行

枝 (KL.409)

  1. 腰静脈
  2. 精巣静脈・卵巣静脈
  3. 腎静脈
  4. 肝静脈
  5. 下横隔静脈

臨床関連

  • エコーによる下大静脈の拡大 → 静脈血のうっ滞
参考1
右房圧 下大静脈径 呼吸性変動
5mmHg ≦18mm あり
10mmHg ≧18mm あり
15mmHg なし

参考

  • 1.
[display]http://www.us-kensahou-seminar.net/muse4/ch2/sub5/index.html



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


頚静脈怒張」

  [★]

jugular venous distention
頚静脈右房圧

座位で頚部の静脈怒張が見られる疾患

RAP」

  [★]

圧」

  [★]

pressure
圧力




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡