口腔アレルギー症候群

出典: meddic

oral allergy syndrome, OAS
(口腔内症状と全身症状とを包含した疾患概念。OASは口腔内症状のみ(参考1))pollen-food allergy syndrome PFAS

  • 幼児期から成人期にかけて起こりうる。
  • 口腔粘膜における食物(果物・野菜)による接触性蕁麻疹。症状出現時間は5分以内のことが多く、花粉症ラテックスアレルギーに合併することが多い。
  • 背景となる花粉症にはシラカバ科、ハンノキ科、イネ科ヨモギ(キク科)によるものが多く、スギ花粉症には少ない。
  • シラカンバ花粉:リンゴ、モモ、西洋なし、サクランボ、にんじん、ヘーゼルナッツ
  • ブタクサ花粉:メロン、バナナ、スイカ、ズッキーニ、キュウリ
  • イネ科花粉:トマト、メロン、ピーナッツ
  • ラテックス:キウイ、アボガド、バナナ
  • オオヨモギ、オウシュウヨモギ
  • セリ科 Apiaceae:セロリ、ニンジン、パセリ、キャラウェイ、ウイキョウ、コリアンダー、アニシード
  • ナス科 Solanaceae:ピーマン
  • コショウ科 Piperaceae:クロコショウ
  • ユリ科 Liliaceae:ニンニク、タマネギ
  • アブラナ科 Brassicaceae:カリフラワー、キャベツ、ブロッコリー、マスタード
  • 食物の調理によりアレルゲンは不活化されるものがほとんど。
  • 症状
0-15分
  • 口腔内違和感・喉頭絞扼感
  • 口唇腫脹
  • 口腔粘膜腫脹
15-60分
  • アナフィラキシー
  • 嘔気・嘔吐
  • 腹痛
  • 結膜・眼瞼浮腫
  • 蕁麻疹
  • 喘息発作
時間不定
  • 鼻汁
  • 下痢


  • 予後:一旦発症すると長期間軽快しないらしい。

参考

  • 1. [charged] Clinical manifestations of oral allergy syndrome (pollen-food allergy syndrome) - uptodate [1]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/06/07 23:33:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-18-5 リンゴによりアナフィラキシー症状を呈した口腔アレルギー症候群の男児例(P1-18 食物アレルギー1,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • P1-18-3 豆腐による口腔アレルギー症候群の1例(P1-18 食物アレルギー1,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 加納 宏行,森山 達哉,守屋 智枝,坂 義経,清島 真理子
  • アレルギー 60(3・4), 467, 2011-04-10
  • NAID 110008594555
  • P1-18-2 大豆飲料の摂取後にアナフィラキシーを発症した口腔アレルギー症候群の一例(P1-18 食物アレルギー1,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 山口 賢一,赤澤 賢一郎,大原 由利,由利 恭博,清水 久徳,上地 英司,岸本 暢将,松井 征男,岡田 正人
  • アレルギー 60(3・4), 467, 2011-04-10
  • NAID 110008594554
  • スギ花粉抗原特異的減感作療法中に症状消失した口腔アレルギー症候群例
  • 酒井 利忠
  • 耳鼻咽喉科臨床 104(4), 304-305, 2011-04-01
  • We report a case of oral allergy syndrome treated with immunotherapy for Japanese cedar pollinosis. The 54-year-old male subject, it should be noted, was the author himself. The subject suffered oral …
  • NAID 10027972493

関連リンク

果物・野菜の過敏症 最近は果物や野菜の過敏症が目立ってきています。果物・野菜などの食物を食べると、15分以内に、直接触れたくちびるや舌、のどの奥がかゆくなったり腫れたりします(口腔アレルギー症候群)。じんましんが出たり ...
花粉との関連があるとされる食物 ブナ目・カバノキ科・シラカンバ属の白樺 リンゴ、モモ、サクランボ、洋ナシ、ナシ、スモモ、アンズ、イチゴ、ウメ、ビワ(以上バラ科果物) ヘーゼルナッツ、ピーナッツ、ブラジルナッツ、ココナッツ ...
アトピーで、食物に原因がある場合に、注意が必要なのが、口腔アレルギー症候群です。これは、花粉症と深い関係にあり、食べ物が接する口に症状が出ます。アレルギーの病気の一つとして説明します。

関連画像

口腔アレルギー症候群 - Oral 口腔アレルギー症候群と花粉症23 口腔アレルギー症候群その他にも図のように、花粉症 口腔アレルギー症候群の画像 p1 OAS(口腔アレルギー症候群


★リンクテーブル★
リンク元OAS
関連記事アレルギー」「症候群」「」「口腔」「アレル

OAS」

  [★] 口腔アレルギー症候群

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Organization of American States 米州機構」

アレルギー」

  [★]

allergy
アレルギー反応 allergic reaction
過敏症 hypersensitivity

クームス分類

クームス分類

  I型アレルギー II型アレルギー III型アレルギー IV型アレルギー V型アレルギー
免疫反応の主体 IgE IgM, IgG 免疫複合体 Th1細胞 Th2細胞 Tc細胞 IgG
抗原 水溶性抗原 細胞や マトリックスに
結合している抗原
水溶性抗原 水溶性抗原 水溶性抗原 細胞関連の抗原 細胞表面レセプター
エフェクター機構 肥満細胞の活性化 補体 (CDC)|NK細胞好中球 (ADCC) 補体好中球 マクロファージの活性化 IgE産生、好酸球肥満細胞活性化 細胞障害 抗体の結合
アレルギー疾患の例 気管支喘息
アレルギー性鼻炎
花粉症
喘息
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
ラテックスアレルギー
ABO不適合輸血
新生児溶血性貧血
グッドパスチャー症候群
自己免疫性溶血貧血 AIHA
特発性血小板減少性紫斑病 ITP
橋本病
超急性移植片拒絶反応
アルツス反応
アニサキス症
トリ飼い病
農夫肺
血清病
急性糸球体腎炎
ループス腎炎(SLE)
関節リウマチ
過敏性肺臓炎
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
接触性皮膚炎
ツベルクリン反応
慢性肉芽腫症
慢性喘息
慢性アレルギー鼻炎
移植片拒絶 慢性蕁麻疹
バセドー病
重症筋無力症
検査方法 RAST法
RIST法
皮内反応
プリックテスト
スクラッチテスト
負荷試験
免疫組織染色
凝集反応(完全抗体)
凝集反応(不完全抗体, クームステスト)
  皮内反応      


診療ガイドライン

http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/index.html

検査



症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


口腔」

  [★]

oral cavity (Z), buccal cavity
cavum oris, cavitas oris




アレル」

  [★]

allele
アリル対立遺伝子アレレ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡