卵胞基底膜

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 卵胞発育 : 血管網による調節
  • 佐藤 英明
  • The Journal of reproduction and development 44(6), 71, 1998-12-01
  • … を発揮するので,その機能発現は血管網の発達の程度に影響されると予想される.組織学的に観察すると卵巣における血管分布には大きな偏りがある.小さな卵胞には血管分岐が少なく,大きな卵胞には卵胞基底膜周囲に豊富な毛細血管網をつくる.このような形態学的特徴は卵胞発育,特に卵胞の選択的発育に血管網や血管網の増殖・退行調節因子が係わることを示唆している.著者らは卵胞の選択的発育に及ぼす …
  • NAID 10027570394

関連リンク

3. 卵胞の選択的閉鎖 マウスを用いた研究によれば、一次から二次、三次卵胞と発育する過程で99%以上が消滅してしまうのだが、その制御機構はほとんど解明されていない。特に一次から二次卵胞に至る過程における卵胞の選択的 ...
卵母細胞が増大し, 周囲一層の顆粒膜細胞層は扁平から立方, 円柱状へと形態変化する。 顆粒膜細胞層の立方化に伴って核分裂が増加, FSHへの反応性が増強し卵胞発育が促進される。 二次卵胞 secondary follicle

関連画像

卵巣(ヒト)〈二次卵胞〉日本産婦人科学会2011年ART 卵巣 8 .原始卵胞と二次卵胞.日本産婦人科学会2011年ART


★リンクテーブル★
関連記事卵胞」「基底膜」「基底」「

卵胞」

  [★]

follicle (Z), ovarian follicle
folliculus ovaricus, folliculus ovarii
卵巣濾胞


卵胞の発育

  • 最初、原始卵胞はFSHに依存せずに生育していき、顆粒膜細胞層が3層になった頃(一次卵胞)にFSH受容体を発現し、FSH依存性に生育していく。
  • 月経周期の初期には下垂体からのFSH分泌が増加して(月経周期参照)、ゴナドトロピン刺激とは無関係に発育してきた卵胞をさらに刺激してグラーフ卵胞へと発達させる。FSHによる刺激がない場合には卵胞は変性し閉鎖卵胞となる。(NGY.26)
  • (ゴナドトロピンの刺激を受けた?)卵胞は1-2mm/dayの割合で大きくなり、5mmで超音波エコーにて描出される。
  • 排卵前には約20mmとなる。



基底膜」

  [★]

basilar membrane (Z), basement membrane, BM
membrana basalis
基底板× basal lamina×




  • 図:NDE.6(シェーマ)


  • 表皮直下に存在。光学顕微鏡下でPAS染色に赤色に染まり、ジアスターゼ抵抗性を示す。電顕的には複雑な構造を示す。(NDE.6)

基底膜近傍の構造



基底」

  [★]

basementgroundbasisbasesfundusbasal
アース胃底眼底基礎基本根拠素因基盤地階轢く


膜」

  [★]

membrane
メンブランメンブレン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡