卵管峡部

出典: meddic

isthmus of uterine tube (Z), isthmus of fallopian tube, tubal isthmus
isthmus tubae uterinae
子宮



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 産卵鶏の卵管における子宮部(卵殻腺部)および膣部と比較した膨大部と峡部のバソトシンに対する結合親和性と結合容量について
  • 高橋 哲也,渡辺 雄貴,田中 ゆりこ [他]
  • 医学と生物学 155(11), 830-834, 2011-11
  • NAID 40019061876
  • 付属器摘出術後に発生した胎児心拍陽性遺残卵管峡部妊娠に対して腹腔鏡下卵管摘出術が有用であった1例

関連リンク

卵管峡部. 卵管は、卵管采から卵管膨大部、卵管峡部へと続く。排卵された卵を子宮へ と運び、受精の機会を提供する。 TOPへ. 卵管膨大部. ヒダが発達している。らせん状に 走る平滑筋層がとりまく(おおむね、内輪、外縦だが、はっきりしない)。 TOPへ. 卵管 ...
産卵鶏の卵管における子宮部(卵殻腺部)および膣部と比較した膨大部と峡部の バソトシンに対する結合親和性と結合容量について. 高橋 哲也,渡辺 ... 付属器摘出術後 に発生した胎児心拍陽性遺残卵管峡部妊娠に対して腹腔鏡下卵管摘出術が有用で あった1例 ...

関連画像

ヒダが発達している。らせん状  卵管峡部(Il)に見られた2球期つまり 98 とは 卵管妊娠 と 采から卵管膨大部、卵管峡部 卵管口 子宮から卵管への


★リンクテーブル★
先読み子宮
国試過去問091A035
拡張検索卵管峡部妊娠
関連記事卵管

子宮」

  [★]

uterus (Z), womb, metra
内性器

発生学的由来

解剖

支持構造

組織

子宮

子宮の大きさ

  • 鶏卵大。(非妊娠時)逆位の前後にやや扁平な西洋梨状で長さ約7cm、幅約4cm、厚さ約2.5cm、重さ30~40g。

妊娠と子宮の大きさ、子宮底の高さ、恥骨結合上縁から子宮底までの長さ

妊娠月数 子宮の大きさ 子宮底の高さ 恥骨結合上縁から子宮底までの長さ
第1月末 鶏卵大      
第2月末 鵞卵大      
第3月末 手拳大      
第4月末 小児頭大 恥骨結合上2-3横指 12cm (妊娠月数x3)
第5月末 成人頭大 恥骨結合と臍との中央 15cm
第6月末   臍高 21cm (妊娠月数x3+3)
第7月末   臍上2-3横指 24cm
第8月末   剣状突起と臍との中央 27cm
第9月末   剣状突起下2-3横指 30cm
第10月末   剣状突起と臍との中央 33cm
 
産褥0日分娩直後   臍下3横指 11cm  
産褥0日12時間後   臍高(右に傾く) 15cm  
産褥1-2日   臍下1-2横指 12cm  
産褥3日   臍下3横指 10cm  
産褥5日   臍高と恥骨結合上縁との中間 9cm  
産褥7日(産褥1週) 手拳大 恥骨結合上縁    
産褥10日   腹壁から触れない    
(産褥6週) 鶏卵大      

臨床関連

  • 炎症疾患
  • 腫瘍、類腫瘍



091A035」

  [★]

  • 妊娠の成立でただしいのはどれか

卵管峡部妊娠」

  [★]

isthmic tubal pregnancy, isthmic pregnancy
峡部妊娠



卵管」

  [★]

uterine tube (Z), oviduct
tuba uterina
ファロピウス管 Fallopian管 Fallopian tube輸卵管ラッパ管
子宮


概念

  • 卵巣から排卵された卵子を子宮に運ぶ環状臓器
  • 長さ約10cm、太さ約8mm、1対の管。

女性性器の解剖

分類

  • 外性器:外陰唇、内陰唇、陰核
  • 内性器:子宮、付属器、

卵管の区分

卵管壁

HIS.400
3層からなる
  • 粘膜:
  • 粘膜上皮:単層円柱上皮。ヒダを有する。分泌細胞と線毛細胞からなる。
  • 1. 分泌細胞:(=無線毛細胞、小桿細胞)。この細胞の分泌液は精子に栄養を与え保護する。また、精子の受精能獲得にも関与しているといわれているが、不明。受精卵への栄養を与えることもある
  • 2. 線毛細胞:分泌液、受精卵を子宮に向かわせるような方向に運動する。
  • 粘膜固有層:著明ではない
  • 筋層:内輪筋、外縦筋層の2層からなる。
  • 漿膜

卵管の検査



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡