単核食細胞系

出典: meddic

mononuclear phagocyte system MPS
肝臓(クッパー細胞)、脾臓リンパ節(樹状細胞)、(肺胞マクロファージ)、(ミクログリア)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 犬の組織球性肉腫に由来する新たな細胞株の樹立とその性状解析(臨床病理学)
  • 皆上 大吾,盆子原 誠,鷲巣 月美,飯田 晃子,近藤 麻里,加藤 里奈,新倉 由美子,岩城 周子,玉原 智史,松木 直章,小野 憲一郎
  • The journal of veterinary medical science 68(12), 1343-1346, 2006-12-25
  • … 肉腫3症例及び滑膜組織球性肉腫4症例より7つの新たな細胞株を樹立した.細胞株の形態的,細胞化学及び免疫組織化学的特徴は原発腫瘍のそれと類似していた.また,いずれの細胞株も貪食能及び蛋白分解能を有し,単核食細胞系(MPS)の性質を有していた.さらに,これらの細胞株はヌードマウス皮下接種により原発腫瘍と同様の特徴を有する腫瘍を形成した.以上の結果より樹立した細胞株はMPSに由来することが強く示唆された. …
  • NAID 110005716379
  • 下顎に発生した単核食細胞系組織球症の1例
  • 藤森 祐子,佐藤 明,野谷 健一,福田 博,進藤 正信,向後 隆男
  • 日本口腔外科学会雑誌 44(5), 517-519, 1998-05-20
  • A case of mononuclear phagocyte system (MPS) histiocytosis in the mandible of a 26-year-old woman is reported. Although she had no complaints, orthopantomography showed a honeycomb appearance in the r …
  • NAID 10009457137
  • ラットクッパー細胞と脾マクロファージの比較 : in vitro, in vivoでの検討
  • 島内 義弘
  • 肝臓 33(10), 779-786, 1992
  • … 67.1%であった.貧食能はクッパー細胞が有意に高く,TNF活性,Ia抗原表出率は脾Mφが有意に高かった.in vivoでも,ラテックス食食能,OK-432貧食能はクッパー細胞が有意に高く,LPS静注1時間後の血中TNF値は,摘脾群ではコントロールに比し有意に低下した.この結果より,同じ単核食細胞系に属するクッパー細胞と脾Mφの間には,機能的heterogeneityが存在する事が明らかになった. …
  • NAID 130000878035

関連リンク

栄養・生化学辞典 単核食細胞系の用語解説 - 体内の食作用を行う単核球とその前駆 体細胞の集合をよぶ概念.従来,網内系もしくは細網内皮系とよばれ,体内の マクロファージの総体を仮定した概念とされたが,そのあいまいさのため,現在は単核食 細胞系と ...
マクロファージ,その前駆細胞,肝臓,脾臓,骨髄などのシヌソイドとよばれる部分の 特徴的な表皮細胞などが系を構成している.この概念 ... この概念のあいまいさのため に現在では単核球とその前駆体細胞の集合とし,単核食細胞系とよぼうと提案されて いる.

関連画像

単球・マクロファージEncyclopædia Britannica, Inc.より引用今回注目するのは、このうちで 大食細胞の鑑別テクニック Oral Studio歯科辞書】歯科辞書 大食細胞の鑑別テクニック


★リンクテーブル★
先読みMPS」「mononuclear phagocyte system
リンク元細網内皮系
関連記事食細胞」「」「細胞

MPS」

  [★]


mononuclear phagocyte system」

  [★] 単核性貧食細胞系


細網内皮系」

  [★]

reticuloendothelial system, RES
網内系


  • 細網細胞・血管内皮細胞・マクロファージが生体の防衛に関わっているとされた考えであるが、実際には否定されている。
細網細胞・血管内皮細胞は貪食能が見いだせなかったため。
単核食細胞系



食細胞」

  [★]

phagocyte
貪食細胞
[show details]


食細胞表面レセプター (SMB.38)

リガンド種 受容体 CD リガンド 発現
抗体 FcγRI CD64 IgG3, IgG1, IgG4 マクロファージ
FcγRII CD32 IgG3, IgG1, IgG2 多核白血球
FcγRIII CD16 IgG1, IgG3  
補体 CR1 CD35 C3b  
CR3 CD11b/CD18 iC3b  
CR4 CD11c/CD18 iC3b  



系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷


細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡