単因子性遺伝

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アカイエカ群の諸形質に関する遺伝学的検討 (VII) : チカイエカ幼虫の diazinon 抵抗性の発現様式
  • 鈴木 猛 [他],海野 登久子
  • 衞生動物 20(3), 205-208, 1969-10-20
  • … もつた曲線を示し, RS : RR=1 : 1あるいは, RS : SS=1 : 1に分離するという仮説によく適合した.4.以上の結果からアカイエカ幼虫のdiazinon抵抗性は, macroscopicな立場をとるかぎり, malathion抵抗性と同様メンデル性の単因子性遺伝様式をとり, 抵抗性の遺伝因子は, 感受性の遺伝因子に対して不完全優性であると考えられた.5.diazinonの0.05〜0.15ppmで, 幼虫をテストすることによつて, その集団のdiazinon抵抗性の構成比, すなわちSS : …
  • NAID 110003821036
  • コガタアカイエカ幼虫の dieldrin 抵抗性の遺伝様式について
  • 海野 登久子 [他],鈴木 猛
  • 衞生動物 20(3), 201-205, 1969-10-20
  • … ぞれ死亡率25%と75%の位置にplateauないし変曲点を形成し, RR : RS : SS=1 : 2 : 1に分離した.5) F1×SS, F1×RRの戻し交雑の結果, それらのld-p lineは, 死亡率50%の位置にそれぞれ, plateauを示しRS : SS=1 : 1, RS : RR=1 : 1に分離した.6) 以上の結果から, コガタアカイエカ幼虫のdieldrin抵抗性は.少なくともmacroscopicな立場をとるかぎり, メンデル性の単因子性遺伝様式をとり, 抵抗性遺伝因子は, 感受性の遺伝子に対して不完全優性であると考えた. …
  • NAID 110003821035
  • アカイエカ群の諸形質に関する遺伝学的検討 (V) : ネツタイイエカ幼虫の malathion 抵抗性の遺伝様式
  • 海野 登久子 [他],鈴木 猛
  • 衞生動物 17(3), 191-195, 1966-10-31
  • … 一致した.5.F_1×P(RR), F_1×P(SS)の戻し交雑の結果, それらのld-p lineは, 死亡率50%の位置にそれぞれ, plateauあるいは変曲点を示し, RS : SS=1 : 1あるいは, RS : RR=1 : 1という仮定によく一致した.6.以上の結果から, アカイエカ幼虫のmalathion抵抗性は, 少なくとも, macroscopicな立場をとるかぎり, メンデル性単因子性遺伝様式をとり, 抵抗性遺伝因子は, 感受性の遺伝因子に対して不完全優性であることを認めた.7.野外の自然集団から得たC. …
  • NAID 110003820874

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 単因子性遺伝病の用語解説 - 1982年の時点で単因子性形質であることが確認されているヒトの遺伝形質は,常染色体性優性形質904種類,常染色体性劣性形質591種類,X連鎖形質116種類で,合計1611種類で ...
(実験医学2012年4月号掲載 連載 第1回より) 単因子遺伝性疾患と進化 単因子遺伝性疾患の多くは,メンデルの法則によって遺伝する.疾患遺伝子座が性染色体(X染色体)にある場合,母親が保因者となり,主として男児に発症する ...

関連画像

neclease = n(j)úːkliəs|njúː 老化にみられる遺伝因子AYUMI がん微小環境──あらたな  情報とタンパク質の立体構造


★リンクテーブル★
関連記事遺伝」「単因子」「因子

遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


単因子」

  [★]

monogenic
一遺伝子一遺伝子的単性

因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡