化学物質

出典: meddic

chemical compound, chemical substance



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/03/12 22:27:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 季節積雪地域の雪氷化学
  • 鈴木 啓助
  • 低温科学 70, 119-129, 2012-03-31
  • … 積雪表面からの融雪が起こらなければ, 化学物質は積雪層中に保存される. … しかしながら, 融雪時には, 融雪水中の化学物質濃度は高くなりpH は低下する. …
  • NAID 120003994079
  • 化学物質=人工的=有害」の思いこみはどのように形成されたか? : その情報源を探る
  • 馬場 恒子,マクヒュー 芙美,BABA Tuneko,McHUGH Fumi
  • 神戸松蔭女子学院大学研究紀要. 人間科学部篇 = Journal of the Faculty of Human Sciences, Kobe Shoin Women's University(JOHS) 1, 1-17, 2012-03-05
  • … 「化学物質」に対する消費者のイメージは、人工的なもの、有害(有毒)なものであって、自然界に存在しないものであることが明らかになった。 … 消費者は主にマスメディアを通して化学物質に関する情報を受け取っているという結果が得られた。 … マスメディアが化学物質を大きく取り上げる時は、事件や事故の原因物質として特定された場合である。 …
  • NAID 120004065893

関連リンク

各種化学物質に関する構造、物性値や安全性情報。
2014/3/13 HESS及びHESS DBの新バージョンを公開しました。 (ニュースリリースはこちら) 2014/3/13 脂肪族鎖状アミン類の分子構造と生分解性との関係の分析結果を公開しました。 (ニュースリリースはこちら) 2014/3/6 化学物質管理 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問099D031
リンク元特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」「chemicals
拡張検索多種化学物質過敏症」「化学物質安全性データシート
関連記事物質」「化学」「

099D031」

  [★]

  • a. 労働安全衛生法で規定されている。
  • b. 化学物質の有害性の量的比較に用いられる。
  • c. 作業環境濃度がそれを越えると事業主は処罰される。
  • d. 作業環境濃度がそれ以下なら疾病との関連性は否定される。
  • e. 週40時間の曝露でも作業者に健康障害が出ない値である。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D030]←[国試_099]→[099D032

特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」

  [★]

Template:日本の法令

特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(とくていかがくぶっしつのかんきょうへのはいしゅつりょうのはあくとうおよびかんりのかいぜんのそくしんにかんするほうりつ;平成11年法律第86号)は、日本の法律。略称は、化学物質排出把握管理促進法化管法PRTR法。1999年7月13日公布、一部の規定を除き2000年3月30日施行

目的

環境の保全に係る化学物質の管理に関する国際的協調の動向に配慮しつつ、化学物質に関する科学的知見及び化学物質の製造、使用その他の取扱いに関する状況を踏まえ、事業者及び国民の理解の下に、特定の化学物質の環境への排出量等の把握に関する措置並びに事業者による特定の化学物質の性状及び取扱いに関する情報の提供に関する措置等を講ずることにより、事業者による化学物質の自主的な管理の改善を促進し、環境の保全上の支障を未然に防止することを目的とする(第1条)。

内容

この法律は、政令で指定された化学物質を取り扱う事業者が、指定化学物質の環境への排出量・移動量を把握し、国に届け出ることにより、環境あるいは人体に有害な化学物質がどのような発生源からどのくらい環境へ排出・移動されたか、というデータを集計し、公表する仕組みである。PRTR制度(Pollutant Release and Transfer Register 制度)、PRTR法化管法などとも呼称される制度である。

指定化学物質を製造、移動あるいは使用する事業者は毎年一回、都道府県を窓口にして国へ報告する義務を負っている。この届出の対象になるのは政令で定められた、「第一種指定化学物質」と「第二種指定化学物質」のうち、「第一種指定化学物質」の354物質である(2004年11月現在)。

また、当該製品を販売する場合には販売先にMSDS (Material Safety Data Sheet) を添付することも義務付けられている。この対象となるのは、政令で定められた、「第一種指定化学物質」と「第二種指定化学物質」の合わせて435物質である。

対称物質は特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律における特定化学物質の一覧を参照。

制定の背景

1974年にオランダで開始されたIEI制度がその原型であり、1986年にはアメリカ合衆国でTRI制度として、整備が進められた。

1992年の環境と開発に関する国際連合会議において採択された、アジェンダ21には、各国政府が化学物質の管理において果たすべき役割が述べられている。この中の一つが、PRTR制度である。

1996年に経済協力開発機構(OECD)は、アジェンダ21をうけて、加盟各国政府にPRTR制度の導入についての勧告を行った。

日本においては、OECD勧告を受け、環境庁(現:環境省)及び通商産業省(現:経済産業省)が共同して法制化し、1999年(平成11年)に「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」(化管法)を成立させた。

構成

  • 第1章 - 総則(第1条~第4条)
  • 第2章 - 第一種指定化学物質の排出量等の把握等(第5条~第13条)
  • 第3章 - 指定化学物質等取扱事業者による情報の提供等(第14条~第16条)
  • 第4章 - 雑則(第17条~第23条)
  • 第5章 - 罰則(第24条)
  • 附則

主務官庁

経済産業省 環境省
内閣府 財務省 (日本) 文部科学省 厚生労働省 農林水産省 国土交通省

主な業務は、経済産業省及び環境省でおこなっているが、化学物質を取扱う事業者の行う事業を所管する官庁も所轄している。

外部リンク

他の主要な化学物質規制法令

chemicals」

  [★] 化学物質

chemical


多種化学物質過敏症」

  [★]

multiple chemical sensitivitymultiple chemical sensitivity syndrome


化学物質安全性データシート」

  [★]

material safety data sheetMSDS


物質」

  [★]

substancematerialmatter
実体問題問題になる材料重要なこと事項サブスタンス


化学」

  [★]

chemistrychemicalchemochem
化学製品化学的化学薬品ケミカルケミストリー


質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡