副交感神経性緊張

出典: meddic

parasympathetic tone
副交感性緊張


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

自律神経の機能, 交感神経系, 副交感神経系. 状態, 緊張時, 安静時. 節前線維 (節前 ニューロン), 有髓, 有髓. 節後線維 (節後ニューロン), 無髓, 無髓. 自律神経では自律 神経節を中継点として、1つ以上のシナプスをつないでいる。 中枢神経内の神経細胞 から ...
副交感神経は遠心性の自律神経であり、臓器近傍あるいは臓器内に存在する神経節を 隔てて大きく節前線維と節後線維に分けられる。節前線維・節後線維ともに末端部から 神経伝達物質としてアセチルコリンを放出することからコリン作用性神経と呼ばれる。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元parasympathetic tone
関連記事副交感神経」「神経」「緊張」「神経性」「交感神経

parasympathetic tone」

  [★] 副交感神経性緊張


副交感神経」

  [★]

parasympathetic nerve (B)
pars parasympathica
自律神経系副交感神経系 parasympathetic nervous system



  • CN III, CN VII, CN IX, CN X
  • S2-S4

分布


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類



緊張」

  [★]

stressstrain、(生理)tonetonus
応力強調菌株緊張度系統ストレストーン歪み捻挫トーヌス緊張活動力点筋挫傷


神経性」

  [★]

神経神経学神経学的神経原性神経因性神経型


交感神経」

  [★]

sympathetic nerve (B), sympathetic nervous system
pars sympathica
自律神経交感神経系交感神経節前線維交感神経節後線維



  • C1-L2




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡