前頭連合野

出典: meddic

frontal association areas
同?
前頭前野 prefrontal area
前頭葉ブロードマン野ブロードマンの大脳皮質図


  • 前頭連合野は、前頭葉で運動皮質よりも前の部分である。前頭連合野は、行動計画に必要な情報を側頭連合野や頭頂連合野から受け取り、複雑な行動計画を組み立て、その実行の判断を行う。その情報は運動皮質に送られ、個々の運動プログラムとして実行される。(SP.479)


PT.201

臨床関連

  • 両側の弓窿部の障害:自発性の欠如、無欲状態。
  • 両側前頭葉眼窩面皮質 orbitofrantal cortex:人格の変化、道徳心の低下


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/13 23:50:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 色の主観的な好みに関する脳波リズム(マルチモーダル,感性情報処理,視知覚とその応用,一般)
  • 川崎 真弘,山口 陽子
  • 電子情報通信学会技術研究報告. HIP, ヒューマン情報処理 110(228), 21-24, 2010-10-07
  • … 脳波データを周波数解析した結果、視野の反対側の視覚野のシータ波が好きな色に注意しているときに振幅が増加すること、さらに好きな色を見ているときには前頭連合野のベータ波が増加することも示された。 …
  • NAID 110008106599
  • 前頭連合野の中の機能単位を発見--ウィスコンシンカード分類テストをサルに適用
  • 高次機能-知能の発達(<特集>成長・発達のバイオメカニズム)
  • 前川 喜平
  • バイオメカニズム学会誌 32(2), 74-82, 2008-05-01
  • … 造,機能的単位構造(モジュール)より構成されている.モジュールは階層性で,これらを統合する中枢処理系の存在が予想されている.さらに認知脳科学の進歩により認知心理学で想定されていたモジュールが,生物学的実態(脳構造)として実際に存在することが,これらの知性をスーパーバイズする前頭連合野の機能と共に解明されている.発達神経学,認知心理学,認知脳科学の知識を基にして高次機能の発達についてまとめた. …
  • NAID 110006792870

関連リンク

前頭連合野とはどのような働きをするところでしょうか。 衝動に動かされず、理性に したがって、五感から集まってきた情報を整理・統合し、理解して、それに基づいて様々 な価値判断や意志決定をし、指令を出す司令塔です。 人は前頭連合野の発達に従って 、 ...
前頭前皮質(ぜんとうぜんひしつ、英: Prefrontal cortex、PFC)は、脳にある前頭葉の 前側の領域で、一次運動野と前運動野の前 ... 細胞構築学的観点から、前頭前皮質は ( 前運動野の無顆粒 (agranular) 細胞層と違い) 内顆粒層 (internal granular layer) Ⅳ ...

関連画像

前頭連合野連合野の位置前頭連合野ネコ、サル、ヒトの前頭連合野頭頂連合野前頭連合野前頭連合野1.jpg大脳皮質連合野


★リンクテーブル★
先読み前頭葉」「ブロードマン野」「prefrontal area
国試過去問097G028
リンク元小脳」「ブロードマンの大脳皮質図」「前頭前野」「前頭眼窩野
関連記事連合」「前頭」「連合野」「

前頭葉」

  [★]

frontal lobe
lobus frontalis
脳葉
  • 知能、意欲と関連している。認知症では萎縮がみられるかもしれない


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

臨床関連



ブロードマン野」

  [★]

Brodmann areas, Brodmann area
ブロードマン領野 Brodmann領野Brodmann野
ブロードマンブロードマンの大脳皮質図大脳


大脳皮質の区分



prefrontal area」

  [★]

前頭前野

prefrontalprefrontal cortex


097G028」

  [★]

  • 大脳辺縁系に属する部位はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G027]←[国試_097]→[097G029

小脳」

  [★]

cerebellum
  • SP. 392,393
  • PT.105

発生

解剖

血管

機能概要

  • 運動のタイミング決定と一つの運動から次の運動への急速な切り替え

機能

  • ①運動開始に関与
  • ②運動学習に関与
  • ③多関節にわたる運動に関与
  • ④フィードバックモード、フィードフォワードモードに関与
  • フィードバックモード~
熟練した運動で、早く動かさないとき
  • フィードフォワードモード~
素早い運動を行うとき。学習を行うとき

入力経路

  • 3)視覚、聴覚入力
  • 5)運動の誤差情報の入力 

障害 (KAPLAN USMLE STEP 1 QBOOK p.54)

障害

  • 小脳性運動失調
  • 平衡障害、筋緊張異常、運動障害に分けられる
  • 平衡障害
  • 体幹失調=姿勢の制御不良
  • 失調性歩行
  • 注視方向への眼振(注意方向性眼振=注視眼振)
  • Tomberg兆候(-)(両側をそろえて開眼して立つ、その後閉眼しても倒れない)
  • 体幹筋失調による歩行障害(体幹歩行失調, 失調性歩行)
  • 酩酊様歩行
  • 開脚歩行
  • 継ぎ足歩行
  • 四肢の運動失調(協調運動障害)
  • ①推尺障害
  • ②変換運動障害
  • ③運動解離
  • ④共同運動不能
  • ⑤失調性構音障害

臨床関連





ブロードマンの大脳皮質図」

  [★]

ブロードマン野
1	第一体性感覚野, 中心後回
2	第一体性感覚野, 中心後回
3	第一体性感覚野, 中心後回
4	第一次運動野, 中心前回
5	後頭頂皮質, 上頭頂連合野
6	第二次運動野(運動前野、補足運動野)
7	後頭頂皮質, 下頭頂連合野
8	
9	
10	
11	
12	
13	
14	
15	
16	
17	
18	
19	
20	
21	
22	
23	
24	
25	
26	
27	
28	
29	
30	
31	
32	
33	
34	
35	
36	
37	
38	
39	
40	
41	
42	
43	
44	[[運動性言語野]] [[speech motor field]]
45	
46	
47
  • 前頭連合野44野9野、10野、11野、12野、32野 → 高次の精神機能。


前頭前野」

  [★]

prefrontal crtex (KL), prefrontal area
前頭連合野
  • 9野・10野
  • 大脳皮質の前頭葉の前方を広く占有している連合野
  • 脳の極めて広範囲から情報を集めて行動のプログラミングを行う (KL.737)


前頭眼窩野」

  [★]

orbitofrontal area
眼窩前頭皮質 orbitofrontal cortex
前頭葉前頭連合野


臨床関連

  • 前頭眼窩野の損傷:多幸感、楽天化、無関心、無頓着などの性格・感情の変化をきたす


連合」

  [★]

  • n.


前頭」

  [★]

foreheadfrontal
前額、先端、前面前頭部


連合野」

  [★]

association area
連合皮質 association cortex
[[]]



野」

  [★]

field
分野フィールド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3