前鋸筋

出典: meddic

serratus anterior muscle (N,KH), serratus anterior (M,K), anterior serratus muscle
musculus serratus anterior

起始

  • 第1~8肋骨(外側面中央部)
第1~9肋骨(KL.80)

停止

神経

C5-C7 (KL.80)

作用 (KL.80, KH.50)

  • 上腕を水平位より持ち上げる

臨床関連

when raising the arm or pushing the body away from a wall
  • 肩甲骨が内側縁で胸郭から離れて後方に突出
  • 上腕を水平位より挙上できない

カテゴリ

上肢帯の筋>:上肢帯の筋




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/14 09:54:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肩甲骨内側縁に生じた硬結組織の成因と筋の付着様式に関する形態学的検討
  • 竹内 京子,伊藤 正裕,小林 靖
  • 形態科学 14(2), 23-28, 2011-07
  • NAID 40018980793
  • 私の手術と合併症回避のコツ(第55回)陳旧性顔面神経麻痺に対する薄層前鋸筋移植による機能的表情再建
  • 胸腹壁に連なる巨大血管腫の1切除例
  • 加藤 毅人,成田 久仁夫,大原 啓示
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery 25(4), 383-387, 2011-05-15
  • … 覚し当院を受診.胸腹部CT,MRI上は胸部骨性胸郭外壁から腹腔側に連なる多房性嚢胞を認め,血管腫が疑われた.手術では先ず腫瘍胸壁部の直上を肋骨に沿って皮膚切開した.比較的薄い被膜から成る腫瘍を前鋸筋,外腹斜筋および肋間筋から剥離し,さらに創を腹壁へ延長して肋骨弓を離断し開腹すると,腹腔側腫瘍は嚢胞成分が主体で,一部胸壁腫瘍と連なるようにして腹膜外に在り,肝臓を圧迫していたため,こ …
  • NAID 10029125363

関連リンク

【前鋸筋の起始・停止】 (起始) 第1~第8ないし第9肋骨の外側面の中央部に付着。 (停止) 肩甲骨の上角、内側縁、内角に付着。 【前鋸筋の主な働き】 肩甲骨を前方へ滑らせる。肩甲骨を上方回旋する。肋骨を挙上する。
前鋸筋(ぜんきょきん) 英語名称 serratus anterior muscle (セレタス・アンテリア・マッスル) 解説 前鋸筋は肩甲骨の外転に関わる唯一の筋肉で、また、僧帽筋と協同して肩甲骨の上方回旋にも関与します。 前鋸筋は第1~9肋骨から起こり ...
では前鋸筋をひたすら鍛えればパンチ力も比例してどんどん強くなるのか? ただパンチという動作は、もちろん前鋸筋だけでなく、様々な筋肉と神経、骨が関与しているので前鋸筋を鍛えまくればパンチが強くなるかと言うと疑問符が ...

関連画像

前 鋸 筋 肺 経 を 調整 する と 前鋸筋の絵】ボクサー は 相手 に 動き を よ 前鋸筋前 鋸 筋 と トリガー ポイントserratus_anterior1前 鋸 筋 は 見て の 通り 肋骨


★リンクテーブル★
リンク元上肢の筋」「三角筋」「長胸神経」「胸背動脈」「外側胸動脈
拡張検索前鋸筋粗面」「前鋸筋麻痺」「前鋸筋皮弁

上肢の筋」

  [★]

muscles of upper extremity
musculi membri superioris
上肢筋


関節で分類

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
K-12 肩甲挙筋   C1-C4(横突起) 肩甲骨(上角内側縁上部) 肩甲背神経 肩甲骨の挙上、下方回旋
K-14 大菱形筋   T1-T4(棘突起) 肩甲骨(内側縁下部) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、下方回旋
K-13 小菱形筋   C6・C7(棘突起) 肩甲骨(内側縁上方) 肩甲背神経 肩甲骨の後退、挙上、下方回旋
K-16 僧帽筋 上部 後頭骨、項靱帯 鎖骨(外側1/3) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、挙上、上方回旋
T1-T6(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩峰肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退
T7-T12(棘突起)、棘状靱帯 肩甲骨(肩甲棘) 副神経頚神経叢 肩甲骨の後退、下制、下方回旋
K-01 前鋸筋   第1~8肋骨(外側面中央部) 肩甲骨(内側縁肋骨面) 長胸神経 肩甲骨の前進、わずかに上方回旋、肋骨の挙上
  鎖骨下筋   第1肋骨肋軟骨の境界 鎖骨内側1/3の下面 鎖骨神経(第5・第6頚神経) 鎖骨を固定し下制する
K-03 小胸筋   第3~5肋骨 肩甲骨(烏口突起) 内側胸筋神経 肩甲骨の下制、わずかに下方回旋、肋骨の挙上
L-01 大胸筋 鎖骨鎖骨(内側1/2) 上腕骨(大結節稜) 内側胸筋神経外側胸筋神経 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
胸肋部 胸骨、第1~6軟骨 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
腹部 外腹斜筋腱膜 肩関節の内転、内旋、屈曲、水平屈曲
L-03 広背筋   T6-L5の棘突起仙骨腸骨 上腕骨(結節間溝小結節稜) 胸背神経 肩関節の伸展(後方挙上)、内旋、内転
M-01 三角筋 鎖骨部・前部 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角粗面) 腋窩神経 肩関節の屈曲、内旋、水平屈曲
肩峰部・中部 肩甲骨(肩峰) 肩関節外転
肩甲棘部・後部 肩甲骨(肩甲棘下縁) 肩関節外転、伸展、水平伸展
L-12 小円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(大結節) 肩関節の内転、伸展、外旋
L-10 棘上筋   肩甲骨(棘上窩) 肩甲上神経 肩関節外転
L-11 棘下筋   肩甲骨(棘下窩) 肩関節の外旋、伸展
L-13 肩甲下筋   肩甲骨(肩甲下窩) 上腕骨(小結節) 肩甲下神経 肩関節の内旋、水平屈曲
L-14 大円筋   肩甲骨(外側縁・下角) 上腕骨(結節間溝小結節稜) 肩関節の伸展(後方挙上)、内転、内旋
M-02 烏口腕筋   肩甲骨(烏口突起) 上腕骨(内側縁) 筋皮神経 肩関節の内転、屈曲
M-11 上腕二頭筋 長頭 肩甲骨(関節上結節) 橈骨(橈骨粗面) 肘関節の屈曲、前腕回外
短頭 肩甲骨(烏口突起) 橈骨(橈骨粗面)、前腕筋膜 肘関節の屈曲、前腕回外
M-17 上腕筋   上腕骨(遠位2/3の前面) 尺骨(尺骨粗面) 肘関節の屈曲
M-6 上腕三頭筋 長頭 肩甲骨(関節下結節) 尺骨(肘頭) 橈骨神経 肘関節の伸展
外側頭 上腕骨(後面) 肘関節の伸展
内側頭 上腕骨(前面) 肘関節の伸展
M-18 腕橈骨筋   上腕骨(外側上顆) 橈骨(茎状突起) 肘関節の屈曲、前腕回内回外位から半回内位に回旋
N-2 回外筋   上腕骨(外側上顆、外側下部) 橈骨(近位外側面) 前腕回外
P-1 長橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆)、尺骨(回外筋) 第2中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-2 短橈側手根伸筋   上腕骨(外側上顆) 第3中手骨(底背面) 手関節背屈橈屈
P-3 尺側手根伸筋 上腕骨頭 上腕骨(外側上顆) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
尺骨頭 尺骨(斜線と後縁) 第5中手骨(底背面) 手関節背屈尺屈
N-1 方形回内筋   尺骨(遠位1/4の前面) 橈骨(遠位1/4の前面) 正中神経 前腕回内
N-3 円回内筋 浅頭・上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
深頭・尺骨頭 尺骨(鈎状突起) 橈骨(中央の外側面) 前腕回内
O-1 橈側手根屈筋   上腕骨(内側上顆) 第2中手骨、第3中手骨(底前面) 手関節の掌屈、橈屈
O-3 長掌筋   上腕骨(内側上顆) 手首の屈筋支帯手掌腱膜 手関節の掌屈、手掌腱膜の緊張
O-6 長母指屈筋   橈骨(中部の前面) 母指末節骨(掌側面) 母指の屈曲(主にIP関節)
O-4 尺側手根屈筋 上腕骨頭 上腕骨(内側上顆) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 尺骨神経 手関節の掌屈、尺屈
尺骨頭 尺骨(肘頭、後面上部) 豆状骨豆中手靭帯第5中手骨 手関節の掌屈、尺屈


三角筋」

  [★]

deltoid muscle (M,N), deltoid (K)
musculus deltoideus
上肢の筋、背部筋群
  • 上腕の外転 30-180°
  • 最初の0-30°の外転は棘上筋が関与
  • 90-180°の外転の際、前鋸筋による肩甲骨の安定化が必要
部位 起始 停止 支配神経 機能 分布血管
鎖骨部・前部 鎖骨(外側1/3) 上腕骨(三角粗面) 腋窩神経 肩関節の屈曲、内旋、水平屈曲 胸肩峰動脈三角筋
肩峰部・中部 肩甲骨(肩峰) 肩関節外転  
肩甲棘部・後部 肩甲骨(肩甲棘下縁) 肩関節外転、伸展、水平伸展  

カテゴリ

臨床関連



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.



長胸神経」

  [★]

long thoracic nerve
nervus thoracicus longus
腕神経叢
  • 図:N.413(腕神経叢) KA.413
  • it runs very superficially onthe superolateral thoracic wall

起始

走行

  • C7,T1神経の後方を下行し前鋸筋の表面に分布しつつ前外側に下行。
  • 外側胸動脈と伴行しつつ下行 (N.412)

支配

  • 前鋸筋

臨床関連

胸背動脈」

  [★]

thoracodorsal artery
  • 図:N.409,410

起始

走行

  • 広背筋前鋸筋の間を下行 (KL.113)

分布


外側胸動脈」

  [★]

lateral thoracic artery (Z)


起始

走行

  • 胸郭の外側壁を下行

分布

  • 前鋸筋

  • 女性の場合外側乳腺枝をだす


前鋸筋粗面」

  [★]

tuberosity for serratus anterior
tuberositas musculi serrati anterioris
前鋸筋


前鋸筋麻痺」

  [★]

paralysis of serratus anterior muscle

前鋸筋皮弁」

  [★]

seratus anterior flap




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡