共圧陣痛

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

世界大百科事典 第2版 共圧陣痛の用語解説 - ... ... 共圧陣痛 Tweet 世界大百科事典内の共圧陣痛の言及 【陣痛】より …しかし妊娠中にも不規則で弱い子宮収縮が起こるので,これを分娩時の分娩陣痛に対して妊娠陣痛pregnant pains ...
(共圧陣痛 ) 陣痛(第2期)⇒持続時間は40~50秒、周期は2分~3分で末期には持続時間が1分30秒、周期は1分おきと規則正しくなる。 ②児頭は骨盤腔に頭をねじこむように、下降してくる。このとき、児頭の後頭(小泉門)は母体の ...
起こって意識的に抑えられなくなる.これを共圧陣痛と呼ぶ. 2.産道 産道には,骨盤とその関節からなる骨産道と,子宮,子宮頸管,腟の軟部組織からなる 軟産道がある. 1)骨産道 骨盤は,後壁は仙骨と尾骨,側壁は腸骨と坐骨 ...

関連画像

 が短く、間欠期が長い異常陣痛19 ホルスタイン初妊牛の難産  腹圧も加わる 。( 共圧陣痛 娩出期陣痛圧(共圧陣痛15 分娩第2期(娩出期): 第2破水 による陣痛の促進(部弱陣痛


★リンクテーブル★
関連記事陣痛」「

陣痛」

  [★]

labor pains
dolores partus
分娩時期


周期

G10M.188
  • 子宮の開大度によって異なる
  • 子宮口開大度4-6cmで陣痛周期は3分、子宮口全開大で2分程度。

分娩開始

  • 陣痛の頻度が1時間に6回以上(間隔が10分以内)で、規則的な場合

分類

正常な陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm 40mmHg 3分 70秒
7-8cm 45mmHg 2分30秒 70秒
9-10cm 50mmHg 2分 60秒

微弱陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm ≦10mmHg ≧6分30秒 ≦40秒
7-8cm ≦10mmHg ≧6分 ≦40秒
9-10cm ≦40mmHg ≧4分(初産婦)
≧3分30秒(経産婦)
≦30秒

過強陣痛

子宮口開大度 子宮内圧 陣痛周期 持続時間
4-6cm ≧70mmHg ≦1分30秒 ≧2分
7-8cm ≧80mmHg ≦1分 ≧2分
9-10cm ≧55mmHg ≦1分 ≧1分30秒

参考

  • 1. 〔産科医としての基礎知識〕子宮収縮の評価(臨床) - 日産婦誌51巻5号
[display]http://www.jsog.or.jp/PDF/51/9905-119.pdf



痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡