全失語

出典: meddic

global aphasia, total aphasia
全失語症
失語症

  • 片麻痺(右)、片側感覚障害(右)を伴うことが多い。同名性半盲(右)をも合併するが、良く検査できないことが多い(BET p.256)。

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 失語症患者に対する作業療法の工夫--身体機能の改善による非言語的コミュニケーションの変化
  • 鈴木 里実,小岩 伸之,川合 靖子 [他]
  • 北海道作業療法 28(1), 28-32, 2011-06
  • NAID 40018925918
  • 脳梗塞を契機に発見され、脾摘により血小板増加を得た血小板減少性紫斑病
  • 鹿野 智子,吉田 美穂,近藤 真,坂井 俊哉,山本 聡,向井 正也
  • 2011-03-31
  • … 翌日症状の改善なく、さらに全失語が出現し、N病院に救急搬送された。 …
  • NAID 120003145495

関連リンク

全失語とは : 高次脳機能障害で、左の脳が傷つくことによって起こる失語症のひとつ。左脳の全体におよぶような大きな損傷が起こった時に発症します。「聞く・話す・読む・書く」のす...
世界大百科事典 第2版 全失語の用語解説 - 左側頭―頭頂葉の損傷で生ずる。[全失語その他] すべての言語能力が重度に障害された状態が全失語である。話すことも,言葉を聴いて理解することもほとんどまったくといってよいほど ...
≪≪≪文献ガイド目次へ 伝導失語 ≫≫≫ 『文献ガイド』 【監修】横浜コミュニケーション障害研究会 《重度失語・全失語》 5462, Abs. 持集Ⅰ< ST として何ができるか,何をすべきか> 重度失語症患者の長期訓練経過:意味 ...

関連画像

全失語の損傷部位全失語の例注:右利きの97%、左利きの 失名詞失語(健忘失語)混合性失語:言語表出も聴理解 また、 失語とは話すことだけ


★リンクテーブル★
先読み失語症
国試過去問109B059」「105A060」「107E027」「090A100
リンク元進行性失語」「アロギー」「意味性失語」「後天性失語
拡張検索不全失語症

失語症」

  [★]

aphasia
失語
感覚性失語症(ウェルニッケ失語症)、運動性失語症(ブローカ失語症)
dysphasia



流暢性と失語 (BET.250)

  非流暢性失語 流暢性失語
発語の量 少ない 正常または多い
発語に対する努力 努力を要する 正常
韻律 傷害されている 正常
句の長さ 短い 長い
統語障害 単語の羅列が多い(失文法) 言葉としてはつながっているがよく分からない(錯文法)
錯語 まれ 多い
言語促迫 減少 増加
障害部位 ブローカ野 ウェルニッケ野



109B059」

  [★]

  • 次の文を読み、59~61の問いに答えよ。
  • 78歳の女性。右利き。会話が困難になったため搬入された。
  • 現病歴:今朝、食事中に会話のつじつまが合わないことに家族が気付き、改善がみられないため救急車を要請した。昨夜の就寝までは異常はなかったという。
  • 既往歴:50歳時の健康診断で耐糖能異常を指摘されたがそのままにしていた。
  • 生活歴:息子夫婦と3人暮らし。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:両親ともに高血圧。父親が脳出血で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 148cm、体重 43kg。体温 36.1℃。脈拍 104/分、不整。血圧 152/74mmHg。呼吸数 16/分。過剰心音と心雑音とを認めない。呼吸音に異常を認めない。発語は流暢であるが、錯語がみられ、言語理解が悪く、物品呼称も障害されている。復唱は可能である。読字は困難で、書字は可能であるが文意がとれない。構音障害を含め脳神経に異常を認めない。四肢の運動系と感覚系に異常を認めない。腱反射は正常で、Babinski徴候は陰性。
  • 検査所見:尿所見に異常を認めない。血液所見:赤血球 412万、Hb 12.1g/dL、Ht 40%、白血球 6,300、血小板 20万、PT-INR(prothrombin time-international normalized ratio) 1.09(基準 0.9~1.1)、APTT 24.3秒(基準対照 32.2)、血漿フィブリノゲン 306mg/dL(基準 200~400)、Dダイマー 2.2ng/mL(基準 1.0以下)。血液生化学所見:総蛋白 6.1g/dL、アルブミン 3.5g/dL、AST 26IU/L、ALT 18IU/L、LD 232IU/L(基準 176~353)、血糖 138mg/dL、HbA1c 6.6%(基準 4.6~6.2)、トリグリセリド 154mg/dL、HDLコレステロール 38mg/dL、LDLコレステロール 143mg/dL。12誘導心電図で心房細動を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比52%。心エコー検査で左室壁運動は良好で、弁膜症を認めない。頸動脈エコー検査で左右とも有意な狭窄を認めない。頭部MRIの拡散強調像(別冊No. 9A、B)を別に示す。同時に行った頭部MRAに異常を認めない。
  • この患者の失語はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109B058]←[国試_109]→[109B060

105A060」

  [★]

  • 70歳の男性。急に右上下肢が勤かなくなったため、発症から1時間後に搬入された。意識レベルはJCS I-2。全失語と右片麻痺とがみられる。脈拍88/分、不整。血圧152/94mmHg。既往歴に高血圧と心房細動とがある。頭部MRIの拡散強調像(別冊No.23A)と頭部MRA(別冊No.23B)とを別に示す。
  • 診断はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 105A059]←[国試_105]→[105B001

107E027」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 107E026]←[国試_107]→[107E028

090A100」

  [★]

  • 脳血管障害による片麻痺患者のリハビリテーションで最も大きな阻害因子となるのはどれか?
  • a. 全失語
  • b. 構成失行
  • c. 半側無視
  • d. 片手症候群
  • e. 尖足変形

進行性失語」

  [★]

progressive aphasia
意味性失語言語障害失語症全失語進行性失語症アロギー後天性失語


アロギー」

  [★]

alogia
意味性失語言語障害失語症全失語進行性失語アロジア後天性失語
-alogia


意味性失語」

  [★]

semantic aphasia
言語障害失語症文意失語全失語進行性失語アロギー後天性失語


後天性失語」

  [★]

acquired aphasia
意味性失語言語障害失語症全失語進行性失語アロギー


不全失語症」

  [★]

dysphasia
言語障害失語症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail9
2OVINE LEG B IN mail5
3BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail4
4MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
5Norpseudoephedrine mail4
6グリコフォームとは4
7Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
8CATTLE SKIN DEHIDER mail4
9ソーセージ様手指とは4
10SI 血清鉄 3
11+371 copper sulphate .lv mail3
12+多発性単純性腎嚢胞+皮質3
13パリスターキリアン3
14急性出血性白質脳炎3
15疑核3
16トレッドミル運動負荷試験+禁忌3
17Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3
18CATTLE BLEEDING PAN mail3
19CATTLE BLEEDING HOOK mail3
20子宮底高3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1トレッドミル運動負荷試験+禁忌3
2apache2スコア+評価表2
3ICG+代謝2
4todd麻痺2
5ハンター舌炎+画像2
6末梢静脈圧 mmHg2
7NYHA2
8パラメトリックマップ2
9子宮内感染症2
10BPRS2
11gottron疹2
12Llyn Aquaculture Ltd mail2
13Banquet Foods mail2
14ガフキー号数2
15びらん性胃炎2
16男性の場合GnRHの役割2
17大顆粒リンパ球2
18アブミ骨反射検査1
19心臓 Brock1
20カントゥ症候群1