全大腸炎

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 直腸カルチノイドと右側型潰瘍性大腸炎を合併した1例
  • 南雲 大暢,小川 史洋,安達 哲史,江川 優子,市原 広太郎,齋藤 訓永,多田 正弘,風間 博正
  • Progress of Digestive Endoscopy 84(1), 60-63, 2014
  • … 長期罹患例で全大腸炎型のUCに癌やdysplagiaの発生が多いことは知られているが,カルチノイドの報告は少ない。 …
  • NAID 130004985524
  • 関節リウマチのメトトレキセートによる治療中に発症した高齢者潰瘍性大腸炎の1例
  • 田中 玲子,宮崎 道彦
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 67(6), 396-401, 2014
  • … 一旦中止.その後MTXを再開したが,血便が出現し精査で潰瘍性大腸炎(UC)直腸炎型と診断した.ベタメタゾン坐薬とメサラジン経口治療を開始したが自己中断し,約3ヵ月後症状増悪し入院となった.UCは全大腸炎型に移行していた.しかしメサラジン,プレドニゾロン(PSL)内服では改善しないため転院となった.白血球除去療法を施行するが奏効せず,インフリキシマブ(IFX)を投薬し寛解導入に成功した.本症例 …
  • NAID 130004513795
  • 潰瘍性大腸炎に合併した肛門病変 第1報─自験例の検討─
  • 小山 文一,藤井 久男,稲次 直樹,吉川 周作,中川 正,中村 信治,植田 剛,錦織 直人,山岡 健太郎,井上 隆,川崎 敬次郎,尾原 伸作,中本 貴透,内本 和晃,中島 祥介
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 67(2), 59-67, 2014
  • … する肛門病変の臨床的特徴を明らかにするために,自験例の検討を行った.合併頻度は2.7%であった.一般の肛門疾患と比較して,痔核・裂肛が少なく(25.5%),痔瘻・膿瘍が多かった(76.2%).61.9%は全大腸炎型に合併したが,左側大腸炎型や直腸炎型にも合併した.活動期,寛解期,術後のいずれの時期にもみられた.クローン病におけるHughes分類の概念を潰瘍性大腸炎の肛門病変に適用し,その発生機序からpri …
  • NAID 130003394570

関連リンク

病態分類として、病変の拡がりによる病型分類(全大腸炎・左側大腸炎・直腸炎・右側 あるいは区域性大腸炎)、臨床的重症度による分類(重症・中等症・軽症)、病期の分類( 活動期・寛解期)と臨床経過による分類(再燃寛解型・慢性持続型・急性激症型・初回 発作 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事大腸」「腸炎」「」「大腸炎

大腸」

  [★]

large intestine (Z)
intestinum crassum


小腸と比べたときの大腸の特徴 (M.149)

  1. 結腸ヒモという縦走筋繊維からなる3本の太い帯を有する
  2. 結腸膨起という結腸ヒモの間の膨らみを有する
  3. 腹膜垂という脂肪の塊を含む
  4. 内径は小腸よりも大きい

大腸を構成する部位

  1. 盲腸
  2. 結腸(上行結腸横行結腸下行結腸S状結腸)
  3. 直腸
  4. (虫垂)

生理

 1)膨起性往復運動 haustralshuttling movement
 2)(単一)膨起性移送運動 segmentalhaustralpropulsion
 3)多膨起性移送運動 multihaustralpropulsion
  1) 2)により内容物のゆっくりした移動(5cm/hr)
   → 48hrで上行結腸よりS状結腸へ
 4)総蠕動mass movement(mass peristalsis,maSS PrePulsion)
    1-3回/日、強い蠕動→結腸内容物が直腸へ移動(→排便誘発)
 5)収縮回数:直腸 > S状結腸 のため内容物はS状結腸へ移動
   (通常は、直腸に内容物(-))
 6)胃大腸反射 gastro-colonic reflex
  小腸大腸反射 ileo-colonic reflex:胃、小腸に内容物-→結腸に総蠕動(+)

*排便
1)解剖
①内肛門括約筋internalanal
②外肛門括約筋externalanal
sphincter---平滑筋
sphincter山-一横紋筋

2)排便のメカニズム
i)総蠕動一糞便直腸へ
ii)直腸内圧〉20Ⅷ舶g ⇒ 直腸壁伸展⇒ 仙髄排便中枢(S2-4)
  ⇒  ①高位中枢(便奇形成)
      ②排便反射defecation reflex
           内肛門筋弛緩
           外肛門筋収縮(一過性)
          直腸蠕動運動(⇒内圧をさらに高める)
iii) 内圧45-55mmHg以上
    内容物200ml以上
    便意による排便動作 外肛門筋弛緩
               腹筋、横隔膜収縮


腸炎」

  [★]

enteritis
小腸結腸炎 enterocolitis腸カタル intestinal catarrh
gastroenteritis



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


大腸炎」

  [★]

colitis
結腸炎直腸結腸炎出血性大腸炎





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡