免疫グロブリンクラス

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • タンパク質アルギニンメチル化は免疫グロブリンクラススイッチに必要である
  • 秦 喜久美,矢那瀬 紀子,水口 純一郎
  • 東京医科大学雑誌 71(2), 192, 2013-04-30
  • NAID 120005341611
  • スナネズミの4つの免疫グロブリンクラスにおけるH鎖定常領域の配列決定
  • UKAJI Takao,SUMIYAMA Daisuke,KAI Osamu
  • Experimental animals 61(2), 99-107, 2012-04-01
  • We determined partial cDNA sequences of four immunoglobulin (Ig) classes—IgM, IgG1, IgE, and IgA—of Mongolian gerbil (Meriones unguiculatus). Each deduced Ig heavy-chain constant (IGHC) region—Cμ, Cγ1 …
  • NAID 10030555752

関連リンク

すべての免疫グロブリン(Ig)は2本の同一H鎖(Heavy chain)と2本の同一L鎖(Light chain)の計4本のポリペプチド鎖を基本構造としています (図1)。 H鎖とL鎖はY字型に配置しており、ジスルフィド結合(S-S結合)で結合しています。
免疫グロブリンIgGの基本構造 † 化学構造 ①すべてのIgは互いに共通した基本構造をもつ ②性状の共通なクラスおよびサブクラスに分けることができる(不連続な変異) ③Ig分子の間には著しい不均一性がみられる。 (図3-6) 基本構造はY字 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索免疫グロブリンクラススイッチ
関連記事免疫」「リンク」「グロブリン」「リン」「クラス

免疫グロブリンクラススイッチ」

  [★]

immunoglobulin class switching
クラススイッチアイソタイプスイッチ


免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与



リンク」

  [★]

検索エンジン

  • Google
http://www.google.com

辞書

  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品医療情報提供ホームページ
http://www.info.pmda.go.jp/psearch/

英英

  • THE FREE DICTIONARY
http://www.thefreedictionary.com/
医学用語辞典もあるよ。発音記号付き。重い
  • Dictionary.com
http://dictionary.reference.com
発音記号付き。重い

なんでもかんでも

  • bab.la
http://ja.bab.la
重いし使いづらい

百科辞典

  • ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/

医学用語辞典

  • ライフサイエンス辞書
http://lsd.pharm.kyoto-u.ac.jp/ja/service/weblsd/index.html
  • 英辞朗
http://www.alc.co.jp/

医学一般(教科書的な位置づけ)

  • Mymed
http://www.mymed.jp/search.php

個人

  • 医学ノート Ver.2
[1]
  • 電子医学ノート
[2]

データベース

  • ライフサイエンス分野のデータベースについての情報が収集、整理、分類されている
[3]

医薬品

  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品医療機器情報提供ホームページ
http://www.info.pmda.go.jp/
医薬品の添付文書がPDFで手にはいるよ。ところで、こんな独法初耳・・・
  • 日本医薬品一般名称データベース
http://jpdb.nihs.go.jp/jan/Default.aspx
一般名がしりたーいってときに使う

ケミカル

  • 化合物検索(英語)
[4]

動画

  • YOUTUBE
http://www.youtube.com
異常運動を呈する疾患は動画を見た方が理解が進むことがある

その他


グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





クラス」

  [★]

class
種類部門分類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡