先天性角化異常症

出典: meddic

dyskeratosis congenita
X連鎖型先天性角化不全症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 24.先天性角化異常症(Cole-Engman症候群)に合併した肝原発類上皮性血管内皮腫の一例(第28回群馬消化器病研究会<F>)
  • 飯塚 圭介,堀口 昇男,笠原 礼光,小柏 剛,古賀 康彦,渋沢 信之,市川 武,佐藤 賢,柿崎 暁,森 昌朋
  • The Kitakanto Medical Journal. 60(3), 285-285, 2010-08-01
  • NAID 120002383521
  • snoRNAの生合成と機能に関する新知見 (RNAと生命) -- (non-coding RNA)
  • 佐々木 保典,廣瀬 哲郎
  • 蛋白質核酸酵素 51(16), 2436-2442, 2006-12
  • NAID 40015203256

関連リンク

HOME >> 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) >> 先天性角化不全症(平成21年度) 先天性角化不全症(平成21年度) せんてんせいかくかふぜんしょう 研究班名簿 一覧へ戻る 1. 概要 染色体のテロメアを構成する分子の異常で皮膚 ...
definition 先天性角化不全症は、多形皮膚・粘膜萎縮、萎縮爪、白斑症および骨髄不全を伴うまれな先天性疾患である。特に頚部、肘・膝内側、肩および大腿内側に網状の色素沈着、萎縮、毛細血管拡張および紅斑を認める。
角化異常症。角化異常症とはどんな病気か 体全体または一部の角層が分厚く、硬く、粗ぞう(そぞう)(あらく、ざらざらした手ざわり)になり、落屑(らくせつ)を生じます。ひどい場合は皮膚の亀裂や、関節拘縮(こうしゅく)を goo ...

関連画像

 爪診断: 遺伝性先天性爪肥厚症 爪診断: 遺伝性先天性爪肥厚症localisation: manosdiagnóstico http://shotin.xsrv.jp/images/pt41.jpg先天性魚鱗癬様紅皮症の原因は


★リンクテーブル★
リンク元再生不良性貧血」「神経皮膚症候群」「X連鎖型先天性角化不全症」「魚鱗癬様紅皮症
関連記事異常」「角化」「」「先天性」「先天

再生不良性貧血」

  [★]

aplastic anemia, AA
形成不全性貧血
貧血難病、(造血器腫瘍ではない)

概念

  • 造血幹細胞の遺伝子変異により、全血球の正常な分化が妨げられ汎血球減少をきたす。
  • 末梢血の汎血球減少骨髄低形成が特徴
  • 特定疾患治療研究事業対象疾患

病因分類

  • 後天性
  • 電離放射線の照射
  • 薬物
  • 先天性

病態

  • 造血幹細胞の遺伝子変異 → 骨髄幹細胞の減少、血球の分化異常 → 骨髄低形成・汎血球減少

症候

汎血球減少に伴う症状。 肝脾腫はない  ←  造血幹細胞の分化異常により髄外で造血を代替できないから?
  • 貧血
  • 発熱
  • 出血傾向

検査


診断

重症度分類

参考1
再生不良性貧血の重症度基準(平成16年度修正)
stage 1 軽 症 下記以外
stage 2 中等症 以下の2項目以上を満たす
網赤血球  60,000/μl未満
好中球    1,000/μl未満
血小板   50,000/μl未満
stage 3 やや重症 以下の2項目以上を満たし、定期的な赤血球輸血を必要とする
網赤血球  60,000/μl未満
好中球    1,000/μl未満
血小板   50,000/μl未満
stage 4 重 症 以下の2項目以上を満たす
網赤血球  20,000/μl未満
好中球     500/μl未満
血小板   20,000/μl未満
stage 5 最重症 好中球 200/μl未満に加えて、以下の1項目以上を満たす
網赤血球  20,000/μl未満
血小板   20,000/μl未満
注1 定期的な赤血球輸血とは毎月2単位以上の輸血が必要なときを指す。
注2 この基準は平成10(1998)年度に設定された5段階基準を修正したものである。

治療

参考1,2
  • 治療の方針:原因の除去(二次性再生不良性貧血の場合)、支持療法、根治療法にわけ、また重症度に分けて考える。

支持療法

  • 成分輸血(濃厚赤血球、濃厚血小板)、男性ホルモン(アンドロゲン療法)、タンパク同化ホルモン
  • 重症型・中等症のうち輸血を必要とする症例、あるいは高度の血小板減少を認める例が治療の対象である。

根治療法

  • 造血幹細胞移植:重症例でHLAが一致する血縁ドナーがいる若年患者には適応
  • 免疫抑制療法

重症度別

  • 軽症:(支持療法)男性ホルモン(アンドロゲン療法)、タンパク同化ホルモン ← 積極的な治療は不要ではない?
  • 中等症:治療が推奨されるか不明。進行性の血球減少、重度の好中球減少±輸血依存状態には幹細胞移植や免疫抑制療法を考慮(uptodate.2)
  • 重症:(根治療法)造血幹細胞移植、免疫抑制療法(ステロイドホルモン大量療法、抗リンパ球グロブリン製剤(ALG)、抗胸腺細胞グロブリン製剤(ATG)、シクロスポリン(CYA)

年齢別

  • 40歳未満:造血幹細胞移植が第一選択。治療後の生存率が高いため。高齢になるほどGHVDの副作用が高い。若年者への免疫抑制療法は造血系腫瘍(白血病、MDS,PNHなど)の可能性が高まる


予後

  • 軽症と中等症の場合は男性ホルモンやタンパク同化ホルモンにより約60%が6ヵ月で寛解になる。(医学辞書)
  • (幼少児発症する)Fanconi症候群による再生不良性貧血は副腎皮質ホルモンと男性ホルモンの併用療法に良く反応し、(成人に発症する再生不良性貧血より)予後は良好。
  • 治療により、80%以上の長期生存が期待できる。

参考

  • 1. 再生不良性貧血 - 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/042_i.htm

uptodate

  • 1. [charged] 再生不良性貧血:病因、臨床症状および診断 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 再生不良性貧血:予後および治療 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 再生不良性貧血における造血細胞移植 - uptodate [3]
  • 4. [charged] 小児および若年成人における後天性再生不良性貧血 - uptodate [4]
  • 5. [charged] 小児における遺伝性再生不良性貧血 - uptodate [5]
  • 6. [charged] 小児における特発性の重症再生不良性貧血およびファンコニ貧血に対する造血細胞移植 - uptodate [6]


国試




神経皮膚症候群」

  [★]

neurocutaneous syndromeneurocutaneous disorder
母斑症 phakomatosis
  • 外胚葉異常により皮膚母斑や神経腫瘍を生じる先天性疾患



X連鎖型先天性角化不全症」

  [★]

X-linked dyskeratosis congenita
先天性角化異常症X連鎖先天性角化不全症


魚鱗癬様紅皮症」

  [★]

ichthyosiform erythroderma
紅皮症先天性角化異常症



異常」

  [★]

  • n.


角化」

  [★]

cornificationkeratinizationcornifykeratinizehornification
角質変性
角質化角層表皮


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態


先天性」

  [★]

congenitalcongenitacongenitally
先天先天的


先天」

  [★]

congenital
先天性先天的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡