優位半球

出典: meddic

dominant hemisphere
劣位半球


概念

  • 利き手と反対側の大脳半球を指す。
  • 右利き:優位半球は左半球
  • 左利き:優位半球は右半球


疾患との関係

  • 例えば、100F049で、右利きでかつ優位半球が左とすれば、左半球の脳梗塞により失語を呈するのも不思議ではない。

臨床関連



和文文献

  • びまん性脳損傷による高次脳機能障害の画像解析(<特集>頭部外傷update)
  • 成相 直,稲次 基希,日浦 幹夫,石井 賢二,細田 千尋,大野 喜久郎
  • 脳神経外科ジャーナル 20(12), 880-886, 2011-12-20
  • … 者では,帯状回にブドウ糖代謝とベンゾジアゼピン受容体結合能低下を伴った一次障害部位が存在すると考えられた.大脳皮質の代謝低下部位,受容体結合能低下は個々の患者ごとのバリエーションが大きく,優位半球の代謝低下の程度と,高次脳機能障害の重症度に関連があると考えられた.脳振盪後に発生した高次脳機能障害患者で大脳皮質の機能異常をPETで捉えることができ,さらにそれに対応する部位でMRIの拡散強調画 …
  • NAID 110008799372
  • 側脳室病変に必要な微小外科解剖と手術アプローチ(<特集>脳室・脳幹病変の外科治療)
  • 岡 秀宏,河島 雅到,清水 曉,宇津木 聡,大澤 成之,佐藤 公俊,藤井 清孝,Rhoton Albert L. Jr.
  • 脳神経外科ジャーナル 20(6), 418-423, 2011-06-20
  • … 頭皮質到達法と前方経脳梁到達法である.三角部へのアプローチは主に4種類あり,lower posterior parietal lobe approach,high superior parietal lobe approach,occipital transcortical approach,そしてtranssylvian approachである.これらの中で優位半球の高次脳機能障害を防ぐために最も推奨されるアプローチは,high superior parietal lobe approachである.下角へのアプローチには経脳溝到達法や経脳回到達法がある.以上,側脳室病変に必要な微小外科解剖と各部へ …
  • NAID 110008662228

関連リンク

優位半球の意味. 脳外科病棟実習で左側脳室内腫瘍の患者を担当させていただいた。 患者は1歳9ヶ月の女児で左利きの疑いが強かった。そこで腫瘍摘出手術による優位 半球障害の合併症の可能性が考えられた。なぜ優位半球というものが存在するのか、 ...
左半球に言語中枢がある場合においては、その損傷は言語ほか多くの精神機能の損傷 を引き起こすことが多い。精神の主要な機能は左半球にあることが多いとされ、その 場合においては左半球を優位半球、逆を劣位半球と呼ぶことがある。また右半球に言語 ...

関連画像

CT説明図スクリーンショット 2013-11-20 13 ある脳外科医のダークなぼやき図1.脳の働きと分布また時々、こういう話を


★リンクテーブル★
リンク元被殻出血」「ゲルストマン症候群」「劣位半球」「利き手
関連記事優位」「

被殻出血」

  [★]

putaminal hemorrhage
被殻血腫 putaminal hematoma、外側型脳内血腫 lateral type of intracerebral hematoma
被殻高血圧性脳出血脳出血


概念

  • 大脳深部のレンズ核線条体動脈外側枝で起こる脳出血
  • 脳出血のうちもっとも頻度が高い(被殻出血40%>視床出血30%>橋出血10%>小脳出血10% (YN.J-87))

症候

  • 血腫、脳浮腫による頭蓋内圧亢進? → 意識障害、頭痛
  • 血腫 → 内包、皮質を圧迫・障害。脳室穿破
  • 内包障害:片麻痺 ← 最初は痙性のこともあるが、内包後脚が破壊されると弛緩性になる
  • 皮質障害:
  • 脳室穿破:意識障害増強、

治療

脳出血に共通

  • 内科的治療:(急性期)気道確保(意識障害→舌根沈下??)・酸素投与(脳浮腫対策)、降圧薬、グリセロール(脳浮腫対策)
  • 外科的治療:血腫除去が適応

被殻出血の治療

  • 長径3cm以内では保存的治療
  • 長径3cm以上で、脳室内出血がないか軽度な場合に血腫除去を行う。

参考

  • 1. 脳卒中治療ガイドライン2009
[display]http://www.jsts.gr.jp/jss08.html

国試



ゲルストマン症候群」

  [★]

Gerstmann's syndrome, Gerstmann syndrome
Gerstmann症候群頭頂葉症候群 parietal lobe syndrome
角回症候群優位半球


概念

  • 優位半球、頭頂葉・後頭葉病変(角回領域)による症状

ゲルストマン症候群の4症状

右左 きで 失算



劣位半球」

  [★]

minor hemisphere
優位半球
  • ほとんどの場合、利き手と同じ側の大脳半球。

臨床関連


利き手」

  [★]

handedness
優位半球


利き手と言語中枢 (BET.248)

  • 右利き:95%以上が左大脳半球
  • 左利き:70-80%が左大脳半球


優位」

  [★]

dominancedominantsuperiordominantlysuperiorlypredominately
顕性上位ドミナント優勢優性優占優れた上方支配的

球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡