側頭筋

出典: meddic

temporalis muscle (N,KH,KA), temporalis (K,KL), temporal muscle (M,KL)
musculus temporalis
咀嚼筋、咀嚼筋群


起始

停止

神経

機能

  • 下顎を挙上。顎を閉じる。後方の線維はあごを引く。

カテゴリ

咀嚼筋>:咀嚼筋


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/19 11:02:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 頭皮切除による島状側頭筋移行術と眉毛挙上術の同時施行
  • 林 明照,丸山 優,酒井 敦子,室 孝明,保坂 宗孝,岡田 恵美
  • Facial nerve research 30, 120-122, 2011-12-20
  • NAID 10027667979
  • 島状側頭筋移行術における合併症回避への術式工夫
  • 林 明照,丸山 優,酒井 敦子,室 孝明,保坂 宗孝,岡田 恵美
  • Facial nerve research 30, 117-119, 2011-12-20
  • NAID 10027667973
  • 側頭筋の浸潤性筋肉内脂肪腫 (infiltrating intramuscular lipoma) の全摘出例
  • 上野 紫穂,櫻井 淳
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 31(6), 393-397, 2011-06-20
  • NAID 10029371087

関連リンク

【側頭筋の起始・停止】 (起始) 側頭骨の側頭面全体に付着。側頭筋膜の内面に付着。 (停止) 下顎骨の下顎枝に付着。 【側頭筋の主な働き】 下顎を挙上する。下顎を後方に引く。 【側頭筋の神経支配】 三叉神経第三枝(下顎 ...
2012年06月11日側頭筋 1 咬筋の位置確認(1)と同様に、口の力を抜き、上下の歯を離したまま唇を閉じてください。 2 目の横のこめかみ辺りを指4本で覆うように触ってください。 3 次に指を置いたまま、グッと噛みしめてみて ...
側頭筋の働き 2014/2/4 前回の咬筋の働きに続き、咀嚼筋の解説です。今回は側頭骨と下顎骨に付着する側頭筋の解説です。 側頭筋の構造 側頭筋は側頭骨から起こり、下顎骨の筋突起に停止します。支配神経は下顎神経です。

関連画像

耳の上に扇状に広がる側頭筋 側頭筋は幅広で帆立貝の形  側頭筋(クリックで拡大qs8 318 の 模型 に 側頭筋 咬 筋 側頭筋を 噛む 時 咬 筋 と 側頭筋 側頭筋 - Temporal muscle側頭筋(そくとうきん)


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 14」「鰓弓」「咀嚼筋」「中側頭動脈」「側頭窩
拡張検索側頭筋膜」「側頭筋移行術」「側頭筋腱」「側頭筋膜弁
関連記事側頭

100Cases 14」

  [★]

☆case14 複視
glossary
diplopia n. 複視
筋力低下筋無力筋脱力 muscle weakness, muscular weakness
sunken
vt. sinkのpp.
adj.
沈没した、沈んだ、水中の
沈下した、一段低いところにある
落ち込んだ、くぼんだ
3,4-ジアミノピリジン 3,4-diaminopyridine 3,4-DAP K+チャネル阻害薬;ランバートイートン筋無力治療
症例
43-year-old woman
cheif complaint: diplopia
present history: diplopia and holding her head up ; more marked in the evenings, for the last 3 months. difficulty of chewing. voice has become quieter. weight loss (3kg / 6months). non-smoker. drinks about 15 units/week. no regular medication.
past history: no significant previous medical illnesses.
family history: lives with her husband and three children.
診察 examination
looks well.
organ systems: normal; cardiovascular, respiratory, and abdominal systems.
muscle power; grossly normal. decrease after testing a movement repetitively.
motor function: normal; tone, coordination, reflexes and sensation.
bilateral ptosis. exacerbated by prolonged upward gaze
eye: normal; pupillary reflexes, eye movements, and funduscopy
■答え
diagnosis: myathenia gravis
differential diagnoses:
CASES
上位and/or下位運動ニューロン motor neurone disease 運動ニューロン疾患線維束性攣縮進行例では筋力低下
muscular dystrophy 筋ジストロフィー:ある種の筋肉選択的筋力低下する。家族歴がある。
dystrophia myotonica 強直性筋ジストロフィー咬筋側頭筋胸鎖乳突筋筋萎縮四肢遠位端の筋萎縮顔貌特徴的(前頭部脱毛、無表情、窪んだ頬)。家族歴ある。筋電図診断有用(急降下爆撃音)。
polymyositis 多発筋炎普通皮疹関節痛出現CK上昇筋生検診断有用
myopathy ミオパチー:甲状腺中毒性ミオパチー甲状腺機能低下症によるミオパチークッシング症候群によるミオパチーアルコール性のミオパチー
神経筋接合部non-metastatic associations of malignancy (paraneoplastic syndrome(傍腫瘍性症候群 = 腫瘍随伴症候群)のこと):胸腺腫症例の10%に重症筋無力症がみられる。ランバートイートン筋無力症候群小細胞癌関連がある。
HIM.2674
Treatment with penicillamine (used for scleroderma or rheumatoid arthritis) may result in true autoimmune MG, but the weakness is usually mild, and recovery occurs within weeks or months after discontinuing its use.
 重症筋無力症の誘発ペニシラミン(強皮症関節リウマチ治療に用いられる)。
  mildだし、薬剤中断改善する。
Aminoglycoside antibiotics or procainamide can cause exacerbation of weakness in myasthenic patients; very large doses can cause neuromuscular weakness in normal individuals.
 重症筋無力症の悪化:アミドグリコシド系抗菌薬、プロカインアミド
  MG患者筋脱力悪化する。
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版


鰓弓」

  [★]

branchial arch
咽頭弓 pharyngeal arch
鰓嚢咽頭嚢


first aid step1 2006 p.122
  • 鰓弓由来の構造とその神経支配.xls
# 鰓弓 神経 骨格 動脈*
1 顎弓(上顎隆起下顎隆起) CN V
三叉神経: 上顎枝、下顎枝(第一鰓弓の筋を支配)
咀嚼筋(側頭筋咬筋内側翼突筋外側翼突筋)、顎舌骨筋顎二腹筋前腹、口蓋帆張筋鼓膜張筋 上顎突起(顎前骨上顎骨頬骨側頭骨の一部)、メッケル軟骨(下顎骨キヌタ骨ツチ骨、前ツチ骨靱帯、蝶下顎靱帯) 消失し一部残存(顎動脈)
2 舌骨弓 CN VII
顔面神経
顔面表情筋(頬筋耳介筋前頭筋広頚筋口輪筋および眼輪筋)、顎二腹筋後腹、茎突舌骨筋アブミ骨筋 アブミ骨茎状突起、茎突舌骨靱帯、舌骨小角と舌骨体の上部 消失し一部残存(舌骨動脈、アブミ骨動脈)
3   CN IX
舌咽神経
茎突咽頭筋 舌骨大角と舌骨体の下部 総頚動脈、内頚動脈の基部。外頚動脈が出芽
4   CN X
迷走神経
輪状甲状筋口蓋帆挙筋 喉頭軟骨(甲状軟骨輪状軟骨披裂軟骨小角軟骨、および楔状軟骨 大動脈弓の一部
5 上喉頭神経(第四鰓弓支配神経) 咽頭収縮筋 消失
6 反回神経(下喉頭神経)(第六鰓弓支配神経) 喉頭内の筋 動脈管と肺動脈の基部





咀嚼筋」

  [★]

masticatory muscle, the muscle of mastication
咬合筋 muscle of occlusion, occluding muscles
咀嚼、咀嚼筋群



咀嚼筋

神経



中側頭動脈」

  [★]

middle temporal artery (KH)


側頭窩」

  [★]

temporal fossa
fossa temporalis
  • 側頭筋の付着部位


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


側頭筋膜」

  [★]

temporal fascia
fascia temporalis
側頭筋


側頭筋移行術」

  [★]

temporalis muscle transfer
側頭筋


側頭筋腱」

  [★]

fascia temporalis, temporal fascia


側頭筋膜弁」

  [★]

temporal fascial flap


側頭」

  [★]

temporal
時間的側頭部耳側




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡