依存

出典: meddic

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/07/03 11:29:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

関連リンク

依存の意味は?goo辞書は無料で使える日本最大級の辞書サービスです。国語辞典、英和辞典、和英辞典、類語辞典、中国語辞典、百科事典などを提供しています。 ... い‐そん【依存】 [名](スル)《「いぞん」とも》他に頼って存在 ...
大辞林 第三版 依存の用語解説 - ( 名 ) スル 〔「いぞん」とも〕 ... ... (C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問105I035
リンク元dependence」「精神依存」「身体依存」「麻薬中毒」「耐性
拡張検索電位依存性カルシウムチャネル」「サイクリックGMP依存性タンパク質リン酸化酵素」「GTP依存性ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ」「IRES依存的翻訳」「電位依存性Na+チャネル

105I035」

  [★]

  • たばこ煙の成分とその影響の組合せで正しいのはどれか。 2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105I034]←[国試_105]→[105I036

dependence」

  [★]

  • n.
  • たよること、依存、依存状態。信頼、依存関係。依存症
  • あよりとなるもの、頼みの綱
dependdependent


WordNet   license wordnet

「the state of relying on or being controlled by someone or something else」
dependance, dependency

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(…に)頼ること,(…への)依存,依頼《+『on(upon)』+『名』》 / (…への)信頼,信用《+『on』+『名』》」


精神依存」

  [★]

psychological dependence, psychic dependence, mental dependence
薬物依存身体依存依存


  • 精神系 090428II
  • 精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求(PSY.395)
  • ある物質あるいはある種の物質使用が、その人にとって以前にはより大きな価値を持っていた他の行動より、はるかに優先するようになる一群の行動、行動的認知的現象(PSY.395)


身体依存」

  [★]

physical dependence
精神依存精神作用物質濫用薬物薬物濫用離脱症状依存


  • 精神系 090428II
  • 精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態(PSY.395)
  • 身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる。


麻薬中毒」

  [★]

addiction
narcotic addiction, narcomania
麻薬麻薬嗜癖依存麻薬取締法麻薬及び向精神薬取締法覚せい剤取締法
ICD-10
F11.2
アヘン類使用による精神及び行動の障害,依存症候群


耐性」

  [★]

tolerance
薬物耐性逆耐性依存


  • 精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態(PSY.395)


電位依存性カルシウムチャネル」

  [★]

voltage-dependent calcium channel, VDCC
電位関門型カルシウムチャネル voltage-gated calcium channel VGCC、電位作動型カルシウムチャネル voltage-operated calcium channel VOCC, 電位依存性Ca2+チャネル
イオンチャネル電位依存性イオンチャネル
[show details]



  • α1サブユニット単独でチャネルを形成できる (SP.93)
  • β, γ, α2/δの3種類の副サブユニットはチャネルの機能を修飾する

電位依存性カルシウムチャネルの分類 (SP.93)

α1サブユニット遺伝子 発現組織 阻害薬 閾電位 コンダクタンス
L型 Cav 1.1 骨格筋 ジヒドロピリジンベラパミルジルチアゼム
Cav 1.2 心臓、神経系、内分泌系
Cav 1.3 神経系、内分泌系、内有毛細胞
Cav 1.4 視細胞
P/Q型 Cav 2.1 神経系  
N型 Cav 2.2  
R型 Cav 2.3  
T型 Cav 3.1 神経系、心臓、平滑筋、腎臓、内分泌系  
Cav 3.2  
Cav 3.3  



サイクリックGMP依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

cGMP-dependent protein kinaseprotein kinase GG-kinase
プロテインキナーゼGcGMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックGMP依存性タンパク質キナーゼGキナーゼ


GTP依存性ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ」

  [★]

GTP-dependent phosphoenolpyruvate carboxykinase
ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ


IRES依存的翻訳」

  [★]

内部リボソーム進入シグナル


電位依存性Na+チャネル」

  [★] 電位依存性ナトリウムチャネル





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡