会陰裂傷

出典: meddic

perineal laceration, laceration of the perineum, perineal tear
ruptura perinei


分類

G10M.265
  会陰皮膚・膣粘膜 筋層 肛門括約筋 肛門粘膜・直腸粘膜  
第1度       会陰部の皮膚、膣壁粘膜表面
第2度     皮膚+筋肉
第3度   肛門括約筋
第4度 肛門+直腸粘膜

治療

  • 第1度:自然治癒、縫合
  • 第2度~:縫合
  • 直腸膣瘻、直腸会陰瘻の続発:炎症が治まるのを待ち瘢痕治癒後4-6ヶ月後、再手術(NGY.462 G10M.265)

後遺症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 「助産所助産師による会陰裂傷縫合に関する実態調査」報告 (臨床助産研究紹介(第4回))
  • 毛利 多恵子,藤井 ひろみ,嶋澤 恭子 [他]
  • 助産師 = The Journal of Japanese Midwives' Association : 日本助産師会機関誌 66(4), 36-40, 2012-11-01
  • NAID 40019492069
  • 「縫合技術認定助産師資格」院内研修と認定 (特集 助産師と会陰裂傷縫合)
  • 遠藤 可奈子,高野 和美
  • 助産雑誌 66(7), 575-579, 2012-07-00
  • NAID 40019374653
  • 会陰裂傷縫合 : 助産教育で何をどこまで教えるべきか? (特集 助産師と会陰裂傷縫合)

関連リンク

でもうまく回旋できなかった時は、産道のゆとりもなくなってしまうため、会陰切開をし て産道を広げてあげます。逆子の分娩では1番大きな頭が最後に出てくる形となり、時間 をかけると赤ちゃんの危険性が高まりますので短時間で生まれてこられるよう会陰 ...

関連画像

傷の状態会陰裂傷4度会陰 切開 は 分娩 時 に 膣 解説 会陰裂傷 は 経 膣 分娩 の Mediolateralepisiotomy肛門 方向 から 45 度 の 方向 が pl トレーナー 会陰裂傷 修復 術


★リンクテーブル★
国試過去問097B007」「079A036
リンク元巨大児」「異常出血
関連記事会陰」「」「陰裂」「裂傷

097B007」

  [★]

  • 会陰裂傷について正しいのはどれか。
  • (1) 第2度裂傷は自然治癒を待つ。
  • (2) 第3度裂傷は直腸粘膜までの損傷である。
  • (3) 第4度裂傷の縫合不全は便失禁の原因となる。
  • (4) 会陰切開術創は会陰裂傷より治療しやすい。
  • (5) 直腸膣瘻形成時には直ちに再手術を行う。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097B006]←[国試_097]→[097B008

079A036」

  [★]

  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]

巨大児」

  [★]

macrosomia, giant baby giant infant、excessively large fetus
巨人症heavy for dates infant HFD

定義

原因

G10M.232
  • 耐糖能異常合併妊娠
  • 妊娠糖尿病
  • 糖尿病合併妊娠
  • 過期妊娠
  • そのた
  • 肥満
  • 巨大児分娩既往妊婦
  • 両親の体格が大きい
  • 頻産婦

合併症

G10M.232 NGY.411

母体

新生児



異常出血」

  [★]

定義

  • 分娩開始から分娩終了の2時間後までに500ml以上の出血を認めたもの

分娩前の出血

分娩時の出血

分娩後2時間の出血


会陰」

  [★]

perineum (M)
会陰部


広義の会陰の定義 (会陰部も参照)

  • 前方の陰丘、外側の大腿内側面、後方の殿溝殿間裂の上縁に挟まれた菱形の領域 (M)

狭義の会陰の定義

  • 男性の場合尿道と会陰の間、女性の場合膣と肛門の間を指す (KH.237)



傷」

  [★]

wound
創傷傷つける



陰裂」

  [★]

pudendal cleavage, pudendal slit


裂傷」

  [★]

laceration
裂創




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡