仮性嚢胞

出典: meddic

pseudocyst
偽嚢胞偽性嚢胞膵嚢胞

膵臓

  • 仮性嚢胞は急性膵炎後のものが最も多く、膵炎後2-3週後に生じる物が多い。(QB.B-358)
  • 急性仮性嚢胞は合併症(出血、感染、破裂)を起こさなければ自然消退することが多く、6週までは様子を見る。(SSUR.631) ⇔ 仮性嚢胞は炎症が治まると自然消退する物があるが、頻度は低い(10-20%)(QB.B-358)
  • ドレナージが必要なときは経皮的にドレナージを行うか、径胃的か経十二指腸的に内瘻チューブを挿入する。(SSUR.631)

和文文献

  • 26.膵仮性嚢胞に対し超音波内視鏡下経胃膵嚢胞ドレナージ術を施行した1例(一般演題,第46回日本小児外科学会近畿地方会)
  • 大片 祐一,久松 千恵子,増田 充弘,久津見 弘,西島 栄治
  • 日本小児外科学会雑誌 47(1), 133, 2011-02-20
  • NAID 110008506490
  • 臨床報告 嚢胞内出血にて発症した脾内進展膵仮性嚢胞の1例
  • 田中 匡実,岸本 浩史,木村 都旭 [他]
  • 臨床外科 66(4), 529-532, 2011-04
  • NAID 40018772219

関連リンク

膵仮性嚢胞は、胃の後部に位置する膵臓に形成された、組織と液体が貯留したもののことです。 通常は、膵炎(膵臓の炎症)や腹部への強打などに続いてあらわれます。 仮性は「偽」を意味します。 仮性嚢胞は嚢胞に似た形をして ...
一方、膵炎や膵外傷後に生じた嚢胞を仮性嚢胞といい、液体の周囲を線維性組織がおおっています。液体の成分は壊死組織、膵液、炎症性滲出液などです。 小さな仮性嚢胞は自然消失するものもありますが、膵管と交通している 症状 ...
膵仮性嚢胞とは 急性膵炎後に組織や体液、血液等が堆積して嚢胞(ふくろ)ができます。膵仮性嚢胞は膵炎発症後、1週間~1ヶ月のあいだに起こります。膵炎に対する内科的治療で多くは治癒しますが、時に嚢胞が大きくなり、治療が ...

関連画像

panc_cyst_1.jpg治療」急性膵炎(仮性嚢胞)


★リンクテーブル★
国試過去問099E036」「097B026」「092B045
リンク元膵嚢胞」「偽性嚢胞」「偽嚢胞」「pseudocyst
拡張検索膵炎後仮性嚢胞」「膵仮性嚢胞
関連記事嚢胞」「仮性

099E036」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 099E035]←[国試_099]→[099E037

097B026」

  [★]

  • 疾患と所見の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097B025]←[国試_097]→[097B027

092B045」

  [★]

  • ただしいのは
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

膵嚢胞」

  [★]

pancreatic cyst
膵嚢胞症?、(国試)嚢胞性膵疾患


疫学

  • 膵嚢胞の80%が仮性嚢胞、20%が真性嚢胞
  • 仮性嚢胞は急性膵炎後のものが最も多く、膵炎後2-3週後に生じる物が多い。

分類

  • 仮性嚢胞:内腔面が上皮細胞でおおわれない
  • 真性嚢胞:内腔面が上皮細胞で覆われる
  • 先天性
  • 貯留性
  • 腫瘤性 → 造影CTで隔壁が濃染する
  • 漿液性嚢胞腫瘍
  • 漿液性嚢胞腺腫
  • 漿液性嚢胞腺癌)
  • 粘液性嚢胞腫瘍
  • 粘液性嚢胞腺腫
  • 粘液性嚢胞腺癌
SSUR.628
  真性嚢胞 仮性嚢胞
先天性嚢胞 貯留性嚢胞 腫瘍性嚢胞   急性仮性嚢胞 慢性仮性嚢胞
    粘液性嚢胞腫瘍 漿液性嚢胞腫瘍 膵管内乳頭粘液性腫瘍      
congenital cyst retention cyst mucinous cystic neoplasm serous cystic neoplasm intraductal papillary mucinous neoplasm   acute pseudocyst chronic pseudocyst
    MCN SCN IPMN      
        主膵管型 分枝型    
病因 例えば、遺伝性(嚢胞線維症) 膵管閉塞(腫瘍、膵石、炎症など)         急性膵炎、外傷など 慢性膵炎、慢性の貯留嚢胞
特徴   長期の経過で上皮が剥脱して仮性嚢胞との区別が困難になる   星芒状中心瘢痕、石灰化多い 粘液を産生。乳頭状増殖。      
疫学     閉経前後の女性          
部位     膵尾部に好発          
嚢胞の大きさ       小嚢胞        
被膜     共通 共通        
腫瘍化     壁在結節出現や隔壁肥厚 70%が悪性 70%以上が良性    
内容物     粘液 漿液 粘液      
治療     悪性の可能性があり切除   悪性の可能性があり切除 経過観察も可能 自然消失が多い。 自然消失はない
          条件により切除 6週経過を見る。  

検査

画像検査

  • 膵嚢胞腺腫 → see RNT.223
[show details]

治療

  • 真性嚢胞:
  • 嚢胞摘出術
  • 仮性嚢胞
  • 消化管との内瘻形成術


偽性嚢胞」

  [★]

pseudocyst
偽嚢胞仮性嚢胞
真性嚢胞嚢胞性



偽嚢胞」

  [★]

pseudocyst
仮性嚢胞偽性嚢胞


pseudocyst」

  [★] 仮性嚢胞偽性嚢胞偽嚢胞


膵炎後仮性嚢胞」

  [★]

postpancreatitic pseudocyst
膵仮性嚢胞急性膵炎


膵仮性嚢胞」

  [★]

pancreatic pseudocyst
膵嚢胞仮性膵嚢胞膵偽性嚢胞膵炎後仮性嚢胞



嚢胞」

  [★]

cyst

概念

  • 内腔に液体や泥状物を含む袋状の構造物をいう。
  • 上皮細胞に囲まれた体内にできた異常な腔で、水や泥状の物を含む

種類

総胆管嚢胞胆管嚢胞内膜症性嚢胞出血嚢胞前立腺小室嚢胞単純腎嚢胞卵巣内膜症性嚢胞卵巣嚢胞性腺腫卵巣嚢胞腺腫卵巣機能性嚢胞外傷後嚢胞多嚢胞症多発嚢胞性腎多発性嚢胞射精管嚢胞汎発性嚢胞状線維性骨炎深在嚢胞性大腸炎肝嚢胞腺癌腸管気腫性嚢胞症膵嚢胞性病変虫垂粘液嚢胞腹膜軟骨下嚢胞先天性肺嚢胞症単独嚢胞腎Nabothian嚢胞ミュラー管嚢胞膵嚢胞性腺癌先天性総胆管嚢胞寄生虫性嚢胞巨大嚢胞嚢胞体血液嚢胞嚢胞性膵疾患多発性肝嚢胞漿液性嚢胞腫瘍多嚢胞化萎縮腎後天性嚢胞性腎疾患成人型多発性嚢胞腎胸膜下肺胞性肺嚢胞、腎嚢胞性疾患の鑑別、線維嚢胞性変化乳頭状嚢胞腺腫孤立性腎嚢胞肺嚢胞鰓原性嚢胞膵嚢胞症ナボット嚢胞甲状舌管嚢胞単純性腎嚢胞

産婦人科



仮性」

  [★]

falsepseudospurious
偽性ニセ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡