人格解離

出典: meddic

dissociation of personality
人格分離


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • DVにより多重人格(解離性同一障害)となった女性の「回復」について
  • 解離ヒステリーの一症例に関する考察 : 人格解離の力動性について
  • シンポジウム 解離とその周辺(2)子どもの心に何が起きているのか (特集 普遍化する多重人格--解離の精神病理(2)) -- (岐阜臨床心理研究会による公開講座より)

関連リンク

「ネガティブな心的内容」を離人症状や体外離脱でやり過ごしたり、その記憶を切り離す ことは本能的な防衛反応とも云え、一時的なもので済めば障害とはいえない。 しかし それが恒常化すれば、抑圧し切り離した記憶もまた自分の ...
構造的解離理論は、DSM-IV-TR のいう解離性障害より広い範囲、外傷性精神障害 全体を解離を軸に捉えなおそうというものであり、単純型PTSDや境界性パーソナリティ 障害までも範囲に含めている。 構造的解離 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元心因性健忘
関連記事解離」「人格

心因性健忘」

  [★]

psychogenic amnesia
健忘人格解離


解離」

  [★]

dissociationdissectiondetachmentunbindingmacerationdissociate
解体解剖精査切開脱離剥離分離解離性障害郭清浸軟結合解除ダイセクション解離反応遁走

精神医学

PSY.53
  • 自我の同一性の障害により出現。
  • 不安にさらされて圧倒されると心理的防衛機制が働き、適応不能に陥られないようにする。
  • 心因性の健忘遁走ガンザー症候群、小児症、多重人格などで見られる。
KPS.222
  • 情動的苦悩を避けるために、自分の人格・独自性を、一時的かつ徹底的に一部変更すること。
  • 遁走、ヒステリー転換反応はよく見られる解離の現象。
  • 対抗恐怖的振る舞い、解離性同一性障害、薬物使用による高揚感、宗教的歓喜などでも見られる

参考

  • 1. 解離症状の実例
[display]http://www2.wind.ne.jp/Akagi-kohgen-HP/dissociation_example.htm
  • 2. wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%A3%E9%9B%A2_%28%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6%29



人格」

  [★]

personality
パーソナリティ
性格





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡