交通外傷

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 交通外傷による顔面骨骨折の長期統計的観察-道路交通法規制強化がもたらす影響について
  • 大和 義幸
  • 東京女子医科大学雑誌 81(6), 403-407, 2011-12-25
  • 2002年6月1日に道路交通法が改正され、交通事故おける重症外傷患者が減少したといわれているが、顔面骨骨折の動向についての報告は乏しい。そこで、法改正前後における顔面骨骨折、特に咬合機能に関与する上顎骨と下顎骨々折について統計学的調査を行なった。,対象は当科及び関連施設で扱った1999から10年間の計444例で、法改正前期(I期)・法改正後早期(II期)・法改正後後期(III期)に分けて発生頻度の …
  • NAID 110008754018
  • 外傷性横隔膜破裂と遅発性小腸狭窄を合併した一例
  • 川原 大輔 [他]
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 86(3), 151-156, 2011-12-25
  • 症例は59歳男性。歩行中、乗用車にはねられ全身を強打し救急搬送。X線写真、CT検査にて、左横隔膜損傷、左血気胸、クモ膜下出血、多発骨折と診断された。クモ膜下出血は軽度で保存的治療可能と判断し、多発骨折に関してはデブリドマン及び創外固定等の応急処置が行われた。横隔膜損傷部の修復を目的として全身麻酔下に開腹した。術中所見は、左横隔膜に大きな裂孔が形成され胃穹窿部から体部までが陥入しており、横隔膜裂傷部 …
  • NAID 110008721227

関連リンク

【交通外傷<こうつうがいしょう>】病気について調べるならメディカルiタウンの病気事典 (家庭の医学)。
交通外傷. けがの起こり方; 外傷. 受付. 交通事故による死傷者は、毎年増加の一途を たどっています。死亡統計をみても、脳卒中、がん、心臓病に次いで第4位、しかも、働き 盛りの壮年や若年者が大きな比率を占めることは重大な社会問題です。 頭、胸、腹を ...

関連画像

交通外傷:治療後3週交通外傷後にインプラントを 交通 外傷 治療 前 交通 外傷 交通外傷:治療後


★リンクテーブル★
国試過去問107G067」「106E051」「107G068」「107G066」「104B004」「082C002
関連記事外傷」「交通」「

107G067」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 17歳の男子。交通外傷のため搬入された。
  • 現病歴:乗っていた乗用車が対向車と衝突し、受傷したため搬入された。助手席に座りシートベルトをしていたという。
  • 現症:頭部挫創から軽度の出血を認める。閉眼しており、痛み刺激を加えても開眼しない。顔面蒼白で冷汗を認める。口唇に裂創があり、出血した血液が口腔内に流れ込んでいる。呼吸は促迫しており、頻脈を認める。両上肢を触ると冷たく、湿っている。右下腿は明らかに変形している。病院到着直後に輸液と酸素投与とが実施されている。
  • 現症:体温35.4℃。モニター上の心拍数160/分。右上肢血圧60/40mmHg。呼吸数40/分。SpO2 90%(リザーバー付マスク10l/分酸素投与下)。左前胸部は変形し、打撲痕を認め膨隆している。同部位に握雪感を認める。
  • 身体所見としてみられないのはどれか。
  • a 気管の左方偏位
  • b 左胸部の呼吸音低下
  • c 打診での左胸部鼓音
  • d 右と同程度の左上肢血圧
  • e capillary-refilling time延長


[正答]


※国試ナビ4※ 107G066]←[国試_107]→[107G068

106E051」

  [★]

67歳の男性。交通外傷で搬入された。車の運転中、電柱に衝突した。意識は清明。胸痛と呼吸困難とを訴えている。脈拍96/分、整。血圧146/76mmHg。呼吸数20/分。 SpO2 93%(リザーバー付マスク 10L/分酸素投与下)。頸静脈怒張を認めない。胸郭の奇異性運動を認める。胸骨部に圧痛と皮下出血とを認める。血液所見:赤血球384万、 Hb11.2g/dL、 Ht39%、白血球9,800、血小板23万。 CK57IU/L(基準30-140)。 CRP0.3mg/dL。動脈血ガス分析(自発呼吸、リザーバー付マスク 10L/分酸素投与下) : pH7.21、 PaCO2 60Torr、 PaO2 80Torr、 HCO3- 23mEq/L。胸部エックス線写真と胸部単純CTとで気胸を認めない。胸部単純CT(別冊No. 8A)と胸郭3D-CT(別冊No. 8B)とを別に示す。

  • まず行うべき処置はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 106E050]←[国試_106]→[106E052

107G068」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 17歳の男子。交通外傷のため搬入された。
  • 現病歴:乗っていた乗用車が対向車と衝突し、受傷したため搬入された。助手席に座りシートベルトをしていたという。
  • 現症:頭部挫創から軽度の出血を認める。閉眼しており、痛み刺激を加えても開眼しない。顔面蒼白で冷汗を認める。口唇に裂創があり、出血した血液が口腔内に流れ込んでいる。呼吸は促迫しており、頻脈を認める。両上肢を触ると冷たく、湿っている。右下腿は明らかに変形している。病院到着直後に輸液と酸素投与とが実施されている。
  • 血清電解質は、Na+ 135mEq/l、Cl- 101mEq/l、HCO3- 18mEq/lであった。
  • アニオンギャップはどれか。
  • a 12mEq/l
  • b 16mEq/l
  • c 25mEq/l
  • d 34mEq/l
  • e 52mEq/l


[正答]


※国試ナビ4※ 107G067]←[国試_107]→[107G069

107G066」

  [★]

  • 次の文を読み、66~68の問いに答えよ。
  • 17歳の男子。交通外傷のため搬入された。
  • 現病歴:乗っていた乗用車が対向車と衝突し、受傷したため搬入された。助手席に座りシートベルトをしていたという。
  • 現症:頭部挫創から軽度の出血を認める。閉眼しており、痛み刺激を加えても開眼しない。顔面蒼白で冷汗を認める。口唇に裂創があり、出血した血液が口腔内に流れ込んでいる。呼吸は促迫しており、頻脈を認める。両上肢を触ると冷たく、湿っている。右下腿は明らかに変形している。病院到着直後に輸液と酸素投与とが実施されている。
  • 優先的に行うべきなのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G065]←[国試_107]→[107G067

104B004」

  [★]

  • 疾患の発症要因としての遺伝性因子と環境因子の関係の図(別冊No.1)を別に示す。
  • ※印に該当するのはどれか。3つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 104B003]←[国試_104]→[104B005

082C002」

  [★]

  • 交通外傷患者で正しい組み合わせ。3つ。

外傷」

  [★]

injurytraumatraumatic injurytraumatic
外傷性傷害傷害性心的外傷損傷トラウマ受傷外傷性障害



交通」

  [★]

traffic
輸送取引通行トラフィック


傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡