交絡因子

出典: meddic

confounding factorconfounder
交絡変数 confounding variable交絡要因



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/11 23:45:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 教育講演 検査医学におけるエビデンスとは? (第6回日本臨床検査学教育学会学術大会)
  • 岡田 正彦
  • 臨床検査学教育 : 日本臨床検査学教育学会機関誌 4(1), 4-7, 2012
  • NAID 40019321636
  • 高齢患者のせん妄への看護介入に関する文献検討
  • 菅原 峰子
  • 老年看護学 : 日本老年看護学会誌 16(1), 94-103, 2011-11-30
  • … 方法の提示」「看護スタッフへの教育」「他専門職種との協働」の併用と,せん妄ケアに「認知機能の強化」を含むことが効果的であった.高齢患者のせん妄に対する看護介入方法開発の課題は,実証方法では組織的な研究体制の構築とランダム化によらない交絡因子の制御,看護介入では介入方法に入院となった主要疾患の特性と治療プロセスを反映させること,せん妄の回復過程を促進する内容の強化であると考えられた. …
  • NAID 110009425289

関連リンク

そのような外部変数を交絡変数(confounding variable)、交絡因子(confounding factor、confounder)、潜伏変数(lurking variable) ... 従って、女性であることと癌に なることの因果関係を研究する際には、考えられる交絡因子として喫煙を考慮すべきで ある。
なぜ交絡因子が問題になるのか ... また、研究をデザインする段階で考慮に入れなかっ た、未知の因子が交絡を引き起こしている場合もありうる。 ... 対象者の限定とは対象の 取り込み基準Inclusion criteriaで交絡因子を持った例を除くようにする方法である。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問103F013」「106C012」「108G005
リンク元confounding factor」「confounder」「交絡変数」「交絡要因」「背景因子
関連記事」「因子

103F013」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103F012]←[国試_103]→[103F014

106C012」

  [★]

  • a 結果が出るまでの観察期間が長期にわたる。
  • b 症例群と対照群とに無作為に割り付ける。
  • c 症例群と対照群との情報を収集する。
  • d 交絡因子の影響を受けない。
  • e 寄与危険度を計算できる。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C011]←[国試_106]→[106C013

108G005」

  [★]

  • a オッズ比が計算できる。
  • b 観察研究に分類される。
  • c 交絡因子を補正できる。
  • d 想起バイアスの影響を受けやすい。
  • e 罹患率を推計できる。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G004]←[国試_108]→[108G006

confounding factor」

  [★]

交絡因子交絡要因

confounderconfounding variable

confounder」

  [★]

  • n.
  • 交絡因子
confounding factor


交絡変数」

  [★]

confounding variable
交絡因子


交絡要因」

  [★]

confounding factor
交絡因子


背景因子」

  [★]

extraneous factor
交絡因子


子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用


因子」

  [★]

factor
要因要素ファクター




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡