交差適合試験

出典: meddic

crossmatching test
血液交差適合試験 blood cross-matching procedureクロスマッチ試験 cross-matching testクロスマッチ cross-matching
交差試験blood typing

概念

  • 不適合輸血を防ぐための検査。
  • 輸血前に行われ、ABO型血液型、Rho(D)抗原の検査とは別の時点で採血した献体を用いる。
  • 主試験は必ず実施
  供血者 受血者 目的
主試験 major cross-match 血球 血清 輸血する血球の型を調べる
副試験 minor cross-match 血清 血球 輸血する血清中の抗体を調べる。

交差適合試験の省略

  • 供血者の血液型検査を行い、間接抗グロブリン抗体を含む不規則抗体スクリーニング検査が陰性であり、かつ患者の血液型検査が適正に行われていれば、ABO同型血使用時の副試験は省略しても良い。
  • 輸血用血液の不規則抗体スクリーニングは血液センターで実施され陰性のものが供給されていること、またPCFFP中に赤血球はほとんど含まれていないことから、 患者の血液型と同型の製剤を使用することを原則として交差適合試験の省略が可能とされている。 ← もちろん全血や赤血球を輸血する場合でも前述の条件を満たす限り、副試験は省略可能です。


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/13 08:15:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 本邦における新生児血小板減少症の集計調査
  • 飯野 美穂,井上 進,二上 由紀,小林 洋紀,加藤 尚美,森田 庄治,石島 あや子,柴田 洋一,溝口 秀昭,南 陸彦
  • 日本輸血細胞治療学会誌 = Japanese journal of transfusion and cell therapy 56(4), 508-514, 2010-08-20
  • NAID 10027584549
  • 交差適合試験(白血球適合試験,血小板適合試験を含む) (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・3)その数値をどう読むか) -- (免疫学的検査 血液型および輸血検査)
  • 岡山大学における医学科学生および医師を対象とした輸血検査実習
  • 池田 和真,杉山 暖子,池田 亮 [他],浅野 尚美,小郷 博昭,三好 智子,片岡 仁美,水島 孝明,中村 好男,草野 展周,岡田 宏基,越智 浩二,小出 典男
  • 医学教育 = Medical education 41(1), 51-53, 2010-02-25
  • NAID 10026092235
  • 診療の実際 緊急大量出血時の輸血--輸血の実際,マッチングなど (特集 貧血を診る)
  • 渡邊 直英,半田 誠
  • 綜合臨床 58(8), 1797-1801, 2009-08-00
  • NAID 40016776841

関連リンク

交差適合試験(こうさてきごうしけん)は輸血に伴う副作用を防止するために行われる 検査である。クロスマッチテスト (cross-match test) ともいう。受血者(患者)の血液と 供血者(ドナー)の血液を混合して反応の有無をみるもので、ABO式血液型の不適合や 、 ...
交差適合試験は輸血前検査として,溶血性輸血副作用防止の最後の砦となる重要な 検査である。交差適合試験には主試験と副試験とがあり,主試験は患者血清と供血者 血球の反応,副試験は患者血球と供血者血漿との溶血や凝集反応を試験管内でみる。

関連画像

交差適合試験の画像 p1_34交差適合試験の画像 p1_23交差適合試験の画像 p1_24交差適合試験の画像 p1_5交差適合試験の画像 p1_32 交差適合試験の手順と注意点交差適合試験(セグメント)


★リンクテーブル★
国試過去問102F031」「101B102」「083A070
リンク元副試験」「交差試験」「生理食塩液法」「クロスマッチ
拡張検索血液型判定・交差適合試験
関連記事試験」「適合」「交差

102F031」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 27歳の経産婦。分娩後の出血と意識レベルの低下とのため搬入された。
  • 現病歴:妊娠38週時に陣痛が発来し、分娩のため近医に入院した。陣痛が増強し、入院18時間後、吸引分娩によって3,040gの男児を娩出した。胎盤娩出直後から凝血塊を混じる出血とともに呼吸困難と気分不良とを訴え、次第に意識レベルが低下した。
  • 妊娠・分娩歴:1経妊、1経産。25歳時、妊娠39週で回旋異常のため、帝王切開によって3,200gの男児を分娩した。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 現症:呼びかけに反応するが意識は混濁している。体温37.3℃。呼吸数38/分、浅。脈拍132/分、整。血圧70/52mmHg。顔面は蒼白。心音と呼吸音とに異常を認めない。子宮底は臍上1cm、軟、自発痛と圧痛とはない。膣鏡診で腹壁と子宮膣部とに異常はなく、外子宮口から流動性に富む血液の流出が続いている。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(±)、糖(-)。濃縮尿。
  • 緊急性が低い検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102F030]←[国試_102]→[102G001

101B102」

  [★]

  • 輸血について正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 文書によるインフォームドコンセントが必要である。
  • b. Rh陰性の患者にはRh陰性血を用いる。
  • c. ABO血液型が同型血の場合でも副試験は省略できない。
  • d. 赤血球輸血ではHb12g/dl以上を保つようにする。
  • e. 新鮮凍結血漿の使用は循環血漿量の補充が目的である。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B101]←[国試_101]→[101B103

083A070」

  [★]

  • 輸血について正しいのはどれか
  • (1) ABO血液型判定用のいずれの抗血清とも凝集反応陰性の血液はO型である。
  • (2) 主交差適合試験には、供血者血清と患者血球とを用いる。
  • (3) 保存血にはHTLV-I抗体陽性のものがある。
  • (4) 保存血にはHIV抗体陽性のものはない。
  • (5) Treponema pallidumは4℃, 72時間の血液保存で死滅する。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

副試験」

  [★]

輸血おける副試験

minor test
交差適合試験
  • 供血者の血清 × 受血者の血球
供血者の血清中に含まれる抗体(不規則抗体)による溶血が起こるかどうかをスクリーニングする。
省略できる場合とは、上記の溶血が起こらないことが分かっている場合 see. 交差適合試験#交差適合試験の省略

交差試験」

  [★]

cross matching, crossover test, crossover trial, cross-over trial, crossmatching test
交差適合試験交叉適合試験交叉試験
クロスオーバー研究クロスオーバーデザイン交差研究交差法


生理食塩液法」

  [★]

physiological saline method
  • 不規則抗体検査や交差適合試験で実行されるIgMの検出方法の一つ



クロスマッチ」

  [★] 交差適合試験 血液交差適合試験 crossmatch cross-matching


血液型判定・交差適合試験」

  [★]

血液型判定交差適合試験


試験」

  [★]

examinationtesttestingassessmenttrialexamexamine
アセスメント計測検査検定試み査定試行調べる診断治験調査テスト判定評価検討影響評価実験デザイン研究デザインデータ品質対応群スコアリング法

循環器

  • ヴァルサルヴァ試験 Valsalva試験:行きこらえをさせる方法。胸腔内圧が上昇して静脈還流量が減少する。また、左心室の大きさが減少する。HOCMでは駆出路が閉塞しやすくなり、胸骨左縁下部の雑音が増強する。

消化吸収試験

  • 脂肪
  • 蛋白
  • ビタミンB12

肝臓異物排泄能

カルシウム

ビタミン

  • ビタミンB12欠乏

血液

  • ショ糖溶血試験:(方法)等張ショ糖液に血液を加える。(検査)溶血の存在。低イオン強度では補体の赤血球に対する結合性が増し、発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては溶血をきたす。スクリーニング検査として用いられ、確定診断のためにはハム試験を行う。
  • ハム試験 Ham試験:(方法)洗浄赤血球に塩酸を加え、弱酸性(pH6.5-7.0)条件にする。(検査)溶血の存在。発作性夜間血色素尿症 PNHにおいては弱酸性条件で補体に対する感受性が亢進するため


産婦人科

内分泌

  • 過塩素酸塩放出試験:(投与)123I過塩素酸塩、(検査)甲状腺シンチによる甲状腺の123I摂取率:橋本病先天性甲状腺機能低下症。甲状腺のヨードの有機化障害の有無を検査する甲状腺核医学検査法。過塩素酸塩は甲状腺から有機化されていないヨードを追い出すので(サイログロブリンに取り込まれていないヨード)、本試験は有機化障害をきたす疾患の検査となる。

視床下部-下垂体-糖質コルチコイド

高血圧

  • 立位フロセミド負荷試験:(投与)フロセミド、(検査)血漿レニン濃度:フロセミドでhypovolemicとし歩行負荷で交感神経を興奮させレニンの分泌を促す。原発性アルドステロン症の場合、レニン高値のまま無反応。

膵臓

膵外分泌機能

  • BT-PABA試験, PABA排泄試験, PFD試験
  • セクレチン試験:(投与)セクレチン、(検査)十二指腸液:分泌量、総アミラーゼ量、最高重炭酸塩濃度を測定。最高重炭酸塩濃度を含む2項目以上の低下で慢性膵炎が確定診断される。
  • 消化吸収試験
  • 便中エラスターゼ1定量、便中キモトリプシン定量

腎臓

ガストリノーマ

感染症



適合」

  [★]

matching, fitting
適応 adjustment


交差」

  [★]

crossing over
乗換え交叉




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡