交代性眼振

出典: meddic

alternating nystagmus


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • めまいとの鑑別
  • 城倉 健
  • 日本内科学会雑誌 98(6), 1255-1262, 2009-06-10
  • … がない,あるいは良くわからない場合には,続いて頻度の圧倒的に多い末梢前庭障害の診断を,先に試みる.頭位・頭位変換眼振検査を行い,懸垂頭位での回旋性眼振,または右下および左下頭位で方向交代性眼振がみられれば良性発作性頭位めまい症,頭位によらない一方向性水平性眼振がみられれば前庭神経炎(末梢前庭障害)と診断できる.これでも診断がつかないときには,最後に小脳下部の脳卒中の検索と …
  • NAID 10024934976
  • 非注視下で周期性方向交代性眼振を認めた内耳道に限局した聴神経腫瘍例
  • 谷本 俊次,松田 英賢,中屋 めぐみ,田中 ゆかり
  • Equilibrium research 65(3), 203-210, 2006-06-01
  • Periodic alternating nystagmus (PAN) may be related to vestibulocerebellar system disease, occur with a loss of vision, and be congenital in origin. Acquired PAN has been reported in association with …
  • NAID 10021289408
  • 治療に苦慮している先天性周期性交代性眼振の1例 (第60回日本弱視斜視学会(4))
  • 中田 かづき,山田 徹人,四之宮 佑馬 [他]
  • 眼科臨床医報 99(5), 398-401, 2005-00-00
  • NAID 40006765896

関連リンク

頭位眼振とは頭を特定の位置にした時、その頭位にしている間現れる眼振です。 たとえば、背臥位(仰向き)で首を右に向けた場合、左向きの眼振が、左を向いた時には 右向きの眼振が出現する場合。眼振は常に天井に向かう様にでるので方向交代性 上向き眼振 ...

関連画像

めまい治療に携わる皆さまへ 3)方向交代性下向性頭位眼振 急性めまいの診断プロセス 垂直半規管機能検査の開発と  眼振検査では分かりにくい眼振頭位・頭位変換眼振検査


★リンクテーブル★
拡張検索周期性交代性眼振」「方向交代性眼振
関連記事眼振」「交代性

周期性交代性眼振」

  [★]

periodic alternating nystagmus


方向交代性眼振」

  [★] 方向交代性頭位眼振


眼振」

  [★]

nystagmus
眼球振盪眼球振盪症
共同眼振律動眼振病的眼振反跳眼振陥没眼振輻輳眼振、注視眼振

概念

  • 眼球の不随意的往復運動
  • 眼振には眼球が緩徐に動く緩徐相と急速に動く急速相からなる。
  • 急速相の方向が眼振の方向である。

分類




交代性」

  [★]

交互交替




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡