主要

出典: meddic

primarymajormainprincipalmasterchiefcardinalforemostprimarilymainlyprincipally
一次一次的一級基本的原発性初生熟達専攻第一第一次第一級プライマリプライマリー本来校長基数チーフ主人達人原発マスターメジャー

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 仙台湾域の老齢防潮クロマツ林に侵入する広葉樹の研究2.林冠ギャップと主要構成種の8年間の動態
  • 長島 康雄,攝待 尚子
  • 仙台市科学館研究報告 (22(別冊:東日本大震災関連調査)), 22-31, 2013-03-31
  • … 2002年と2010年の調査結果を比較したところ,主要構成種の植栽クロマツ,常緑性広葉樹のシロダモは個体数において大きな増減がなく,カスミザクラやコナラなどの落葉広葉樹が萌芽性の幹数を増加させていたことを明らかにした。 …
  • NAID 110009552992
  • 形容詞と主要部名詞の意味的依存関係
  • 月足 亜由美
  • 甲南女子大学研究紀要. 文学・文化編 = Konan Women's University researches of literature and culture volume (49), 2013-03-18
  • NAID 120005226955
  • 光と水と霊 : トマス・ヴォーンの錬金術的世界像
  • 岡田 典之
  • 龍谷紀要 34(2), 1-20, 2013-03-15
  • … 本稿では、十七世紀中頃に著作活動を行った錬金術師トマス・ヴォーンの主要な著作を概観し、錬金術思想が当時依然として有力であったアリストテレス的・スコラ的自然学や、急速に支持されはじめていた機械論的自然学にどのように対峙しうるものであったかを考察する。 …
  • NAID 110009556980

関連リンク

デジタル大辞泉 主要の用語解説 - [名・形動]いろいろある中で特に大切なこと。また、そのさま。「―なメンバー」「―な事項」「世界の―都市」 ... この辞書の凡例を見る 監修:松村明 編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎 ...
このカテゴリの主要ニュースはありません 地域ニューストップ 主なトピックス 札幌の不明女児を保護 男逮捕 動画 都知事選 ラストサンデー舌戦 写真 スマトラ島で噴火 16人死亡 動画 NEW! テレビ出荷減 ソチ五輪に期待 ボスザル ...
主要の意味は?goo辞書は無料で使える日本最大級の辞書サービスです。国語辞典、英和辞典、和英辞典、類語辞典、中国語辞典、百科事典などを提供しています。 ... 主要元素 このページは「微量元素」へ転送します。 主要 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • スギ花粉症の特異的減感作療法薬

販売名

  • 治療用標準化アレルゲンエキス皮下注「トリイ」スギ花粉2,000JAU/mL

組成

成分・含量

  • 成分2mL中:標準化スギ花粉エキス原液10,000JAU/mLを0.4mL
  • 力価:2,000JAU/mL
  • 添加物:濃グリセリン50%(W/W) 塩化ナトリウム
  • [標準化スギ花粉エキス原液(10,000JAU/mL)]

スギ花粉を原料とし、50%グリセリン食塩溶液で抽出して得たアレルゲンを含む液。
 ※50%グリセリン食塩溶液:グリセリン50%(W/W)、塩化ナトリウム5%(W/W)

  • [JAU/mL]
    アレルギー患者の皮膚試験に基づき日本アレルギー学会により設定された国内独自のアレルゲン活性単位(Japanese Allergy Units/mL)であり、スギ花粉エキスにおいてはCryj1が7.3〜21μg/mL含まれるエキスを10,000JAU/mLと表示できる1)
  • [Cryj1]
    スギ花粉中に存在する主要アレルゲンの一つであり、ヒト皮膚反応活性と相関することが報告されている2)

効能または効果

効能又は効果

  • スギ花粉症(減感作療法)
  • 用法及び用量
    減感作療法の実施に際し、皮膚反応が陽性の患者に皮内反応により過敏度(閾値)を求める。その閾値及びその時々の患者の症状に応じ、初回投与濃度及び量、初回後の投与濃度又は量、投与回数、投与間隔並びに維持量は適宜に定める。

閾値の求め方

  • 治療用標準化アレルゲンエキス皮下注「トリイ」スギ花粉を診断用アレルゲン皮内エキス対照液「トリイ」で20、2、0.2及び0.02JAU/mLに用時希釈し、さらに患者の症状に応じて低濃度に順次希釈する。最も低濃度の液から0.02mLずつ皮内に注射し、その反応を皮内反応判定基準に従って判定する。陽性反応を呈した最低濃度(最大希釈度)をもってその患者のアレルゲンに対する閾値とする。

初回投与濃度

  • 患者のアレルゲンに対する閾値の濃度若しくは患者の症状の程度によってさらにこの濃度の1/10又は1/100の濃度を初回投与濃度とする。

投与法

  • 通常、初回投与量として0.02〜0.05mLを皮下に注射する。初回後の投与量は1週1〜2回約50%ずつ増量し、0.5mLに至れば10倍濃度の液0.05mLにかえて同様に増量しながら投与を続け次第に高濃度の液に移り、維持量に達したら2週に1回の注射を数回行い、その後は1箇月に1回とする。

増量及び投与回数

  • 各投与毎に患者の状態を問診し、その結果に応じて次回投与量を増減する。
    例えば前回の注射により、喘息発作、全身性蕁麻疹及び鼻症状・眼症状を主とした臨床症状の増悪を起こし、また過大な局所反応を生じたときには増量を見合わせる。
    また増量期間中の投与間隔は通常1週1〜2回であるが、間隔が長引いた場合には増量せずにこの濃度の1/10又は1/100の濃度の液を投与する。

維持量

  • 患者の臨床症状が改善されたとき又は局所の注射部位の反応の大きさが2〜3cm程度に達したとき、その投与濃度及び量をもって維持量とするが、患者のその時々の症状に応じて維持量を適宜定め 、投与を継続する。


  • 患者の状態によって反応が変動することがあるので、投与量、濃度、増量、維持量等は個々の患者の症状を考慮して決定すること。
  • 予期しない強い反応が起こる可能性があるので、使用するエキスのロットが変わるときには前回投与量の25〜50%を減ずることが好ましい。また、高濃度のアレルゲンエキスでは、同一ロットでもショック等の強い反応を誘発する可能性があるので、患者の状態を十分に観察しながら濃度を上げること。
  • 本剤の希釈には、閾値を求めるときは診断用アレルゲン皮内エキス対照液「トリイ」を、治療を目的とするときは治療用アレルゲンエキス希釈液「トリイ」

を使用すること。

慎重投与

次の場合には慎重に投与すること

  • スギ花粉飛散時期に投与する場合
    〔スギ花粉に対する患者の過敏性が高まっている場合が多い。〕

重大な副作用

  • ショックを起こすことがある(頻度不明)。また、アナフィラキシー様症状を起こす可能性がある。従って、観察を十分に行い、血圧低下、呼吸困難、全身潮紅、顔面浮腫・咽頭浮腫等の血管浮腫、蕁麻疹、喘息発作等の異常が認められたときには、直ちに適切な処置を行うこと。また、ショック及びアナフィラキシー様症状を予知しうる症状として、口内異常感、頭痛、耳鳴、動悸、不快感、悪寒、四肢や顔のしびれ、全身そう痒感、咽頭部異常、咳、くしゃみ、喘鳴、顔面紅潮、発汗、嘔吐、振戦等が認められたときには、患者の状態を十分に観察し適切な処置を行うこと。

薬効薬理

====標準化スギ花粉エキスとスギ花粉エキス標準品との比較4)

==

  • スギ花粉症患者に標準化スギ花粉エキス10,000JAU/mL及び日本アレルギー学会によって設定されたスギ花粉エキス標準品(力価10,000JAU/mL)を3倍希釈系列で希釈し、皮内反応によりその活性を比較したところ、標準化スギ花粉エキス10,000JAU/mLのアレルゲン活性はスギ花粉エキス標準品の1.04倍であり、閾値比の区間推定及び閾値の大小関係の比較において両薬剤間に差は認められなかった。

====標準化スギ花粉エキスと従来の治療用スギ花粉エキスとの比較5)

==

  • スギ花粉症患者に標準化スギ花粉エキス10,000JAU/mL及び従来の治療用スギ花粉エキス(従来薬1:20)を3倍希釈系列で希釈し、皮内反応によりその活性を比較したところ、標準化スギ花粉エキス10,000JAU/mLのアレルゲン活性は従来薬1:20の6.51倍であり、閾値比の区間推定及び閾値の大小関係の比較において両薬剤間に差が認められた。
  • ※標準化スギ花粉エキス原液10,000JAU/mL


★リンクテーブル★
先読みmajor」「master」「cardinal」「primary」「principal
リンク元100Cases 30」「基本的」「」「本来」「一次的
拡張検索主要組織適合複合体」「主要組織適合抗原」「主要心血管イベント
関連記事

major」

  [★]

  • adj.
  • 主要な、主な、専攻する、メジャーな
cardinalchiefchieflyforemostmainmainlymastermostlypredominantpredominantlyprimarilyprimaryprincipalprincipally

WordNet   license wordnet

「of the field of academic study in which one concentrates or specializes; "his major field was mathematics"」

WordNet   license wordnet

「a commissioned military officer in the United States Army or Air Force or Marines; below lieutenant colonel and above captain」

WordNet   license wordnet

「a university student who is studying a particular field as the principal subject; "she is a linguistics major"」

WordNet   license wordnet

「the principal field of study of a student at a university; "her major is linguistics"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な / (音階が)長調の,長音階の / 《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の / 《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐 / 《米》専攻科目;専攻学生 / 《the majors》《米》=major leagues / (科目を)専攻する《+『in』+『名』》」

WordNet   license wordnet

「greater in number or size or amount; "a major portion (a majority) of the population"; "Ursa Major"; "a major portion of the winnings"」

WordNet   license wordnet

「greater in scope or effect; "a major contribution"; "a major improvement"; "a major break with tradition"; "a major misunderstanding"」

WordNet   license wordnet

「have as one''s principal field of study; "She is majoring in linguistics"」

WordNet   license wordnet

「of a scale or mode; "major scales"; "the key of D major"」

WordNet   license wordnet

「of full legal age」

WordNet   license wordnet

「of greater importance or stature or rank; "a major artist"; "a major role"; "major highways"」

WordNet   license wordnet

「of greater seriousness or danger; "a major earthquake"; "a major hurricane"; "a major illness"」

WordNet   license wordnet

「of the elder of two boys with the same family name; "Jones major"」

master」

  [★]

  • n.
  • adj.
  • 主要な、スターする、熟達する
adeptcardinalchiefforemostmainmainlymajorprimarilyprimaryprincipalprincipallyproficiencyproficientskilled

WordNet   license wordnet

「be or become completely proficient or skilled in; "She mastered Japanese in less than two years"」
get the hang

WordNet   license wordnet

「an original creation (i.e., an audio recording) from which copies can be made」
master copy, original

WordNet   license wordnet

「an officer who is licensed to command a merchant ship」
captain, sea captain, skipper

WordNet   license wordnet

「an authority qualified to teach apprentices」
professional

WordNet   license wordnet

「directs the work of others」

WordNet   license wordnet

「someone who holds a master''s degree from academic institution」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉『主人』,支配者(人),雇主;(動物の)飼い主 / 〈C〉(…を)自由に駆使できる人,如理する能力のある人《+『of』+『名』》 / 〈C〉(…の)『大家』,『名人』,精通者;師匠《+『of』(『in, at』)+『名』(do『ing』)》 / 〈C〉(商船の)船長 / 〈C〉(学校の男の)『先生』 / 《the M-, our M-》主キリスト(Jesus Christ) / 〈C〉《しばしばM-》修士;修士号 / 〈U〉《M-》《古》…様 / 〈C〉(レコードなどの)原盤,金型,(フイル専の)原板,ネガ / 《名詞の前にのみ用いて》 / 一本立ちで仕事のできる職人の,自営の / 主要な,最上の / 腕のいい,名人の,達人の / (機械・レコードなどの)親になる,元になる / 〈人・物〉‘を'『征服する』,支配する;〈感情・欲望〉‘を'『抑える』 / 〈特技・技術など〉‘を'修得する,‘に'熟達する」

WordNet   license wordnet

「have a firm understanding or knowledge of; be on top of; "Do you control these data?"」
control

cardinal」

  [★]

  • adj.
  • 主要な、基本的な
  • n.
basicbasicallycardinal numberchiefelementalessentialessentiallyforemostfundamentalfundamentallymainmainlymajormasterprimarilyprimaryprincipalprincipally

WordNet   license wordnet

「being or denoting a numerical quantity but not order; "cardinal numbers"」

WordNet   license wordnet

「crested thick-billed North American finch having bright red plumage in the male」
cardinal grosbeak, Richmondena Cardinalis, Cardinalis cardinalis, redbird

WordNet   license wordnet

「a variable color averaging a vivid red」
carmine

WordNet   license wordnet

「(Roman Catholic Church) one of a group of more than 100 prominent bishops in the Sacred College who advise the Pope and elect new Popes」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『基本的な』;主要な / 深紅(しんこう)色の / 〈C〉枢機卿(教皇の最高顧問;その数は70人で深紅色の衣装をまとう) / 〈U〉深紅色 / 〈C〉=cardinal number / (また『cardinal bird』)〈C〉(北米産の)ショウジョウコウカンチョウ」

WordNet   license wordnet

「serving as an essential component; "a cardinal rule"; "the central cause of the problem"; "an example that was fundamental to the argument"; "computers are fundamental to modern industrial structure"」
central, fundamental, key, primal


primary」

  [★]

  • adj.
  • 一次の、第一次の、主要な、(化学)第一級の、一級の、初生の、(病名)原発性の、原発の、プライマリーの
cardinalchieffirst-orderforemostmainmainlymajormasterprimarilyprincipalprincipally

WordNet   license wordnet

「of first rank or importance or value; direct and immediate rather than secondary; "primary goals"; "a primary effect"; "primary sources"; "a primary interest"」

WordNet   license wordnet

「a preliminary election where delegates or nominees are chosen」
primary election

WordNet   license wordnet

「one of the main flight feathers projecting along the outer edge of a bird''s wing」
primary feather, primary quill

WordNet   license wordnet

「(astronomy) a celestial body (especially a star) relative to other objects in orbit around it」

WordNet   license wordnet

「not derived from or reducible to something else; basic; "a primary instinct"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『第一の』,『主要な』 / 『初期の』,『初等の』,初級の / 『根本的な』,基本的な,本来の,直接的な / 《名詞の前にのみ用いて》(回路・コイル・巻き・電流などが)一次の / 原色(三原色の一つ) / 《米》=primary election」


principal」

  [★]

  • adj.
  • 主要な
  • n.
cardinalchiefforemostmainmainlymajormasterprimarilyprimaryprincipally

WordNet   license wordnet

「capital as contrasted with the income derived from it」
corpus, principal sum

WordNet   license wordnet

「the original amount of a debt on which interest is calculated」

WordNet   license wordnet

「the major party to a financial transaction at a stock exchange; buys and sells for his own account」
dealer

WordNet   license wordnet

「the educator who has executive authority for a school; "she sent unruly pupils to see the principal"」
school principal, head teacher, head

WordNet   license wordnet

「(criminal law) any person involved in a criminal offense, regardless of whether the person profits from such involvement」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(重要性・地位・価値などが)『第1の』;おもな,主要な / 『長』,かしら;重要人物,主役 / 《しばしばP-》(小・中学校,高校の)『校長』;(特に《英》でcollegeの)学長,(時に)学寮長 / 《単数形で》(interest(利子),revenue(運用収益)と区別して)『元金』,基本財産」


100Cases 30」

  [★]

☆case30 無月経
症例
23歳 女性 女優
主訴無月経
現病歴:5ヶ月前からの無月経である。初経は13歳で、これまで月経周期は整であった。食欲はあると言っているが昨年から(over the pas year)体重が8kg減少した。
嗜好品:アルコール10 unit/week(缶ビール(350ml)6本弱本/週)。
既往歴:なし
社会歴現在は無職。
服用薬:なし
生活歴:一年前、彼氏と別れた。
身体所見 examination
 四肢殿部筋肉喪失身長1.7m、体重41kg、BMI 13.7(標準的:20< <24)。頬、首、前腕で毛が過剰に生えている。脈拍52/分。血圧96 /60 mmHg
検査所見 investigations
 ECG
血液生化学
 K↓, Cl↓, HCO3-↑, Cre↓, Alb(保たれているのか・・・)
問診(S)
 5ヶ月前からの無月経
 昨年から8kg体重が減少。
 無職
 1年前に彼氏と別れた
身体所見(O)
 四肢殿部筋肉喪失
 身長1.7m
 体重41kg
 BMI 13.666666666666666
 頬、首、前腕で毛が過剰に生えている。
 脈拍52/分
 血圧96/60 mmHg
検査(O)
 K↓, Cl↓, HCO3-↑, Cre
・なにをすべきか?
 ・無月経鑑別診断
 ・体重減少の原因
診断
 神経性食思不振症, anorexia nervosa, AN
要点
嘔吐 → H+,Cl-喪失
・減少した血漿量 → アルドステロン分泌亢進 → 尿細管ではナトリウム保持カリウム分泌、(本来分泌されるべき)H+の枯渇
アルカローシス(血中Cl-低値、HCO3-高値。尿:Cl-低値、K+高値)
・尿中のCl-:<10mmol/day嘔吐していることを暗示(imply vomitting)。高値利尿剤乱用
anorexia nervosaで見られる検査値もチェックしておこう
 ・LH, FSH, エストロゲン低値
key points
神経性食思不振症は若年女性の中で無月経主要原因である。
・低カリウム性代謝性アルカローシス特徴的代謝異常
神経性食思不振症利尿剤下剤濫用と結びついていることがある。
参考文献
 DIF Differential Diagnosis in Primary Care Fourth Edition版 Lippincott Williams & Wilkins
■major cases of secondary amenorrhea
 ・視床下部、下垂体の疾患:ex. 下垂体機能低下症高プロラクチン血症
 ・性腺不全:ex. 自己免疫性卵巣不全、多能性卵巣
 ・副腎不全:ex. クッシング病
 ・甲状腺疾患:ex. [甲状腺機能低下症]]、甲状腺機能亢進症
 ・重症慢性疾患:ex. 癌、慢性腎不全
アルコールunit
 1 unit = 10 ml of ethanol
 350ml アルコール5% → 350x0.05/10=1.75 unit
■glossary
buttock 
 n. 殿部、尻。船尾
interrelate 
 vi. 相互関係を持つ(有する)
 vt. 相互に関係(関連)づける
contract 
 v. 収縮する
lanugo
 n. 毳毛、うぶ毛

無月経原因 NGY.153

  原発性無月経 続発性無月経
視床下部性無月経 カルマン症候群 視床下部の機能障害
フレーリヒ症候群 神経性食欲不振症
Laurence-Moon-Biedl症候群 体重減少性無月経
プラダ・ウィリ症候群 高プロラクチン血症
  Chiari-Frommel症候群
  Argonz-del Castillo症候群
下垂体性無月経 先天性ゴナドトロピン欠損症 シーハン症候群
empty sella症候群 下垂体腺腫
  Forbes-Albright症候群
卵巣性無月経 性腺形成不全 早発卵巣機能不全
ターナー症候群 多嚢胞性卵巣症候群
  卵巣摘出
  卵巣の放射線障害
子宮性無月経 ロキタンスキー・キュスター・ハウザー症候群 アッシャーマン症候群
子宮奇形 子宮内膜炎
処女膜閉鎖 子宮摘出術後
膣性無月経 処女膜閉鎖症  
膣閉鎖症  
その他 半陰陽(先天性副腎過形成アンドロゲン不応症) Cushing症候群
  Addison病
  Basedow病
  甲状腺機能低下症
  糖尿病
生理的   妊娠産褥授乳閉経


基本的」

  [★]

fundamentalessentialbasicelementalcardinalfundamentallyessentiallybasically
塩基塩基性基礎基礎的基本主要重要必須必要ベーシック本質的本態性基数根本的必要不可欠
ADL


主」

  [★]

mainmajorpredominantmainlyprimarilypredominantlyprincipallymostlychiefly
一次的主要専攻第一本来優勢優性大部分は支配的メジャー

本来」

  [★]

originalproperoriginallyprimarilyin itself
一次的固有最初主要第一妥当適切適当もっとも適したオリジナル独自

一次的」

  [★]

primaryprimarily
一次一級原発性主要初生第一第一次第一級プライマリプライマリー本来原発


主要組織適合複合体」

  [★]

major histocompatibility complex, MHC
ヒト白血球抗原 human leucocyte antigen, HLA ← LHA/MHCの疾患との遺伝的関係についてはここを参照、MHC分子主要組織適合遺伝子複合体


MHCのクラスと特徴 (出典不明)

  MHC class I *MHC class II
MHC発現組織 全ての有核細胞(×赤血球) CD4陽性T細胞
CD8陽性T細胞
抗原提示細胞(マクロファージ樹状細胞

ランゲルハンス細胞クッパー細胞ミクログリアB細胞)

抗原認識するリンパ球 Tc細胞 Th細胞
ドメイン構造 α鎖(α1,2,3を持つ分子)とβ2-microgloblin α鎖(α1,α2を持つ分子)とβ鎖(β1,β2を持つ分子)
遺伝子座 HLA-A,B,C, HLA-DP,DQ,DR
提示されるペプチド 内在抗原 外来抗原
抗原ペプチドの長さ 9残基 12-30残基
抗原ペプチドとMHCとの相互作用部位 2残基 3(免疫学授業プリント)

4(IMM.131)

MHC分子の発現 (IMM.136)

  MHC class I MHC class II
リンパ組織 T細胞 +++
B細胞 +++ +++
マクロファージ +++ ++
樹状細胞 +++ +++
胸腺上皮細胞 +++
有核細胞 好中球 +++
肝細胞
腎臓
無核細胞 赤血球

  主要組織適合遺伝子複合体
    移植抗原として発見された抗原系
    応答免疫(抗原提示)に関与する
  ヒト(HLA complex) human leucocyte antigen
   HLA
   ドメイン構造
    クラスI		A	B	C
    クラスII	DP	DQ	DR
   多型性がある
   12種類のHLAを発現(父由来、母由来)
  マウス(H2 complex) Histcompatibility-2
   ドメイン構造
    クラスI		K	D
    クラスII	A	E
  MHCの歴史
   G.Snell		マウスH2が移植の正否を左右する
   J.Dausset		HLAが抗原
   B.Benaceraf	MHC遺伝子を明らかにし、MHCが免疫応答に関与していることを証明

(1)分子構造

 クラスI H鎖 β2-microglobulin
 クラスII α鎖 β鎖
 細胞外領域 膜貫通領域 細胞内領域
 ドメイン
 Igスーパーファミリー
 クリスタログラフィー crystallography

(2) MHC分子の生合成

 抗原処理
 抗原提示
 クラスI (proteasome TAP)
  クラスI抗原提示(内在性抗原)
  ①ほとんどの細胞が提示
   ただし赤血球には発現していない
  ②細胞内:内在抗原をプロテアソーム(LMP複合体)が分子切断→ERに移動
  ③ERI TAPトランスポーターによりER内に移動
   クラスI+ペプチド複合体形成
  ④細胞表面に移動
  ⑤Tc(CD8+ T細胞)細胞が認識:標的細胞を障害
 クラスII (Ii=invariant chain, HLA-DM)
  クラスII抗原提示(外来抗原)
  ①抗原提示細胞:貪食、飲食による取り込み
  ②ファゴリソゾーム:ペプチドに分解
  ③小胞体(ER):(MHC class II + Ii鎖)複合
  ④ファゴリソゾーム:HLA-DMがIi鎖を解離
   ペプチドを提示→(MHC class II + ペプチド)複合体
  ⑤細胞表面に移動
  ⑥Th(CD4+T)細胞が認識

(3) MHC遺伝子

  • MHC遺伝子座
  • クラスI:HLA-A,HLA-B,HLA-C(古典的)
→全ての有核細胞が発現
   最近、E,F,Gが発見された→E,FはT細胞、Gは胎盤トロホブラストが発現(妊娠免疫に重要)
→限定された細胞が発現(マクロファージ、樹状細胞、ランゲルハンス細胞、クッパー細胞)
亜領域A1,A2,およびB1,B2を有し、いずれかしか発現しない。ちなみに、Aはα鎖、Bはβ鎖をコードしている。
HLA-DM、LMP、TAP遺伝子座がDP-DQ間に発現していることが明らかとなった
  • クラスIII:補体成分:C2,C4,Bf
        サイトカイン:TNPet,C,
        酵素:21-hydroxylase
 クラス(領域 亜領域)
 遺伝的多塑性 polymorphism
 対立遺伝子頻度
-MHC
主要組織適合遺伝子複合体


主要組織適合抗原」

  [★]

mahor histocompatibility antigen (PT), MHC
MHC抗原 MHC antigen、MHC分子 MHC molecule
[[]]



主要心血管イベント」

  [★]

major adverse cardiac eventsMACE


要」

  [★]

linchpin
輪止め




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡