下伸筋支帯

出典: meddic

inferior extensor retinaculum (K)
retinaculum musculorum extensorum inferius
上伸筋支帯


和文文献

  • 下伸筋支帯の機能解剖 : 距踵骨間に分岐・付着する線維束(root)の形態
  • 常徳 剛,木下 光雄,奥田 龍三,森川 潤一,阿部 宗昭
  • 日本整形外科學會雜誌 = The Journal of the Japanese Orthopaedic Association 73(8), 1568, 1999-08-25
  • NAID 10013387192

関連リンク

2011年11月20日 ... 下伸筋支帯は、足背の凹部で、足背を通る4つの腱を足根骨に押しつけている。この ため足関節がどんな屈曲位をとろうとも、滑車様の蝶番として腱に働く。下伸筋支帯は踵 骨溝の前方で踵骨前面から起こり、まもなく2つの線維束に分岐して ...
腕機骨筋. 長椀側手根伸筋. 月す筋. 短4 完側手根伸筋. ( 総) 指イ申筋. 小指伸筋. 上肢筋前面. 伸筋支帯. 中殿筋. 大殿筋│ ... 内側広筋. 薄筋. 大内転筋. 半膜様筋. 半雄 様筋. 膝養筋. 膝蓋執帯. 長勝骨. 前胆骨. 長指イ申. 長母指伸. 上イ申筋支帯. 下伸筋支 帯 ...

関連画像

解剖学 - 筋系 - 単一筋肉解説 下伸筋支帯, [足の]屈筋支帯経絡経穴 足の太陰脾経 商丘 伸筋はくるぶしの下で下伸筋支 下伸筋支帯下伸筋支帯


★リンクテーブル★
リンク元上伸筋支帯
関連記事伸筋支帯」「」「支帯

上伸筋支帯」

  [★]

superior extensor retinaculum (K)
retinaculum musculorum extensorum superius
下伸筋支帯



伸筋支帯」

  [★]

extensor retinaculum (K)
  • 図:N.453(水平面)
  • 手根部の背側で橈骨と尺骨の間を横走する靭帯で、その下を走る前腕の伸筋の腱を運動時に浮き上がらないように押さえている (KL.101)



帯」

  [★]

bandzone
cingulumzonazonae
ゾーン帯域帯状疱疹バンドバンド形成地帯

支帯」

  [★]

retinaculum
筋支帯




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡