ワクチン接種後脳脊髄炎

出典: meddic

postvaccinal encephalomyelitis
急性散在性脳脊髄炎


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日本脳炎ワクチン接種後,脳脊髄炎及び脊髄内出血を発症した不全型結節性硬化症の1症例
  • 主として神経病理学の立場からみた狂犬病予防ワクチン接種後脳脊髄炎と多発硬化症 種痘後脳炎,亜急性硬化性汎発脳炎との関連において (神経・筋疾患と免疫(特集))
  • 実験的アレルギー性脳脊髄炎に関する研究 : 蛍光抗体法を中心として

関連リンク

急性散在性脳脊髄炎(ADEM)の概要 【概要】 中枢神経系の炎症性脱髄疾患の一つであり、歴史的にウイルス感染後脳脊髄炎やワクチン接種後脳 脊髄炎等が含まれる。原因は異なるものの、臨床的・病理学的に類似した症状を呈 ...
(2)自己免疫によるものとしては,急性播種性脳脊髄炎,ないし感染後脳脊髄炎またはワクチン接種後脳脊髄炎がある。 ...


★リンクテーブル★
リンク元急性散在性脳脊髄炎」「postvaccinal encephalomyelitis
関連記事ワクチン」「脊髄」「後脳」「接種」「脳脊髄炎

急性散在性脳脊髄炎」

  [★]

acute disseminated encephalomyelitis ADEM
アデム
急性血管周囲性髄鞘崩壊ワクチン接種後脳脊髄炎

概念

  • 炎症性脱髄疾患

疫学

  • 発症率:0.4/10万人/年 in California、0.2/10万人/年 in Canada
  • 人種差無し。
  • 若干男性の方が多いかも。

病因

参考1
  • 1. 感染後:ウイルス性/細菌性の上気道炎が先行することが多い。
  • ウイルス:コロナウイルス、コクサッキーウイルス、サイトメガロウイルス、EBウイルス、単純ヘルペスウイルス、A型肝炎ウイルス、HIV、インフルエンザウイルス、風疹ウイルス、麻疹ウイルス、水痘ウイルス、ウエストナイルウイルス。
  • Borrelia burgdorferi、クラミジア、レプトスピラ、肺炎マイコプラズマ、リケッチア、β溶連菌
  • 2. 予防接種後:ADEM患者の5%以下の例で、予防接種後に発症している。
  • 予防接種:狂犬病、B型肝炎、インフルエンザ、Japanese B encephalitis、DPT、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、肺炎球菌、ポリオ、smallpox、水痘
  • 現在の所、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹の予防接種が予防接種後ADEMと関連している。しかし、麻疹の既往歴ありは1/1000の確率でADEMと関連するが、麻疹ワクチン接種歴は100万分の1-2の確率でしかADEMと関連しない。まれなADEMにもかかわらず、先進国で麻疹の接種率が低下している。

病理

  • 小静脈周囲に脱髄。脳~脊髄。MSと違って白質だけでなく灰白質も冒す。

病態

  • IV型アレルギーに基づく炎症反応

検査

  • 血算
  • 脳脊髄液
  • 脳波
  • MRI

症状

YN.J-114 出典不明
臨床的には白質と灰白質の両方が障害されたような症状を呈する。
  • 意識障害や痙攣の出現に先行してしばしば頭痛、悪心、嘔吐、意識障害、背部痛、発熱が見られる。一般に、大脳(片麻痺、半盲、失語)、脳幹(眼振、眼球運動障害)、小脳(運動失調、構音障害)、脊髄(四肢麻痺、膀胱直腸障害)の障害を示唆する症状が出現する。

治療

  • 糖質コルチコイド
  • 血漿交換療法
  • 免疫抑制薬

参考

  • 1. [charged] Acute disseminated encephalomyelitis in children: Pathogenesis, clinical features, and diagnosis - uptodate [1]
  • 2. [charged] Acute disseminated encephalomyelitis in children: Prognosis and treatment - uptodate [2]


postvaccinal encephalomyelitis」

  [★] ワクチン接種後脳脊髄炎


ワクチン」

  [★]

vaccine
予防接種 immunization感染症感染症予防法シードロット・システムimmunization

種類

  • 遺伝子組換えワクチン

副反応

風疹ワクチン

  • 発熱、発疹、関節痛、リンパ節腫脹

おたふくかぜワクチン

  • 2-3週間後、まれに、発熱、耳下腺腫脹、咳、鼻水
  • MMRの際に無菌性髄膜炎が数千人に一人
  • 髄膜炎の症状:発熱、頭痛、嘔吐

学校伝染病、予防接種、ワクチン (学校伝染病、予防接種、ワクチン.xls)

病原体 感染症 ワクチン 学校伝染病 ワクチンの形状 潜伏期間 季節性 年齢 出席停止解除条件
ジフテリア菌 Corynebacterium diphtheriae ジフテリア ジフテリア,破傷風,百目咳混合ワクチン    トキソイド        
百日咳菌 Bordetella pertussis 百日咳 不活化 6~14     咳の消失
結核菌 Mycobacterium tuberculosis 結核 BCG 不活化       伝染のおそれが無くなるまで
ポリオウイルス poliovirus ポリオ ポリオワクチン(経口)          
麻疹ウイルス measles virus 麻疹 麻疹・風疹混合ワクチン 10~12   0~2 解熱後3日
風疹ウイルス rubella virus 風疹 18 春~初夏 4~9 発疹消失
日本脳炎ウイルス Japanese encephalitis virus 日本脳炎 日本脳炎ワクチン   不活化        
インフルエンザウイルス influenza virus インフルエンザ インフルエンザワクチン 不活化 1~5 冬期   解熱後2日
インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae  化膿性髄膜炎など Hibワクチン            
肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae                
水痘・帯状疱疹ウイルス varicella zoster virus 水痘   11~21 冬(12, 1) 5~9 発疹の痂皮化
ムンプスウイルス mumps virus 流行性耳下腺炎   18~21     耳下腺腫脹消失
B型肝炎ウイルス hepatitis B virus B型肝炎     成分 60~160      
A型肝炎ウイルス hepatitis A virus A型肝炎     不活化 15~40      
狂犬病ウイルス rabies virus 狂犬病     不活化        
アデノウイルス adenovirus 咽頭結膜熱            
黄熱病ウイルス yellow fever virus 黄熱病            

日本で使われているワクチン

その他マイナーなワクチン

  • 1ヶ月に1回、6ヶ月続けて。
  • 適応は低体重児と免疫不全児だった気がする

接種間隔


参考

  • 1. 国立感染症研究所 感染症情報センター:予防接種のページ
[display]http://idsc.nih.go.jp/vaccine/vaccine-j.html
  • 2. 日本で接種可能なワクチンの種類 - 国立感染症研究所
[display]http://idsc.nih.go.jp/vaccine/atopics/atpcs003.html




脊髄」

  [★]

spinal cord (M)
medulla spinalis









  • 成人の脊髄は大後頭孔からL1-L2の椎骨まで達する (M.279)

解剖




後脳」

  [★]

(pref.)met, meta 後続、後位
metencephalon, hind brain
一次脳胞,



接種」

  [★]

接種材料種菌播種接種菌液シーディング


脳脊髄炎」

  [★]

脳炎 encephalitis +脊髄炎 myelitis
encephalomyelitis
脊髄脳炎





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡