ロゼット形成

出典: meddic

rosetting
蔟葉


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 多発性筋炎を合併した自己免疫性肝炎の1例
  • 林 学,阿部 和道,斉藤 理恵,佐藤 秀三,物江 恭子,菅野 有紀子,斎藤 広信,岩館 治代,高橋 敦史,大平 弘正,KATSUSHIMA Fumiko,YOKOKAWA Junko
  • 肝臓 52(6), 344-350, 2011-06-25
  • … 受診していなかった.2009年9月頃から骨粗鬆症のため近医へ通院していたが,同年12月の血液検査にて肝障害を指摘され精査目的に紹介となった.抗核抗体陽性とIgG高値,肝生検組織にてinterface hepatitisとロゼット形成を認め自己免疫性肝炎(AIH)と診断された.また,下肢筋力低下と筋原性酵素の上昇が認められ,筋電図,筋生検組織所見にて多発性筋炎(PM)と診断された.プレドニゾロン20 mg/日により加療され,ト …
  • NAID 10029285532
  • 術前ProGRP値が高値を示した定型的肺カルチノイドの1切除例
  • 内田 尚孝,吹野 俊介,児玉 渉
  • 日本呼吸器外科学会雑誌 22(5), 839-843, 2008-07-15
  • … 不整の腫瘤性病変を認め,擦過細胞診で肺腺癌疑いとの診断が得られた.術前ProGRPは,80.4pg/mlと高値を示していた.手術は,胸腔鏡下左肺上葉切除術を施行した.病理組織所見では,小さな円形の細胞が,柵状配列,ロゼット形成を示していた.また,組織のChromogranin染色は陽性を示した.上記所見より,定型的肺カルチノイド,p-T2N0M0,p1d0e0pm0,p-Stage IBとの診断となった.術後経過は良好で,ProGRP値も正常化した.定型的肺カルチノイドでは術 …
  • NAID 110006865832

関連リンク

E-ロゼット形成 1.E-ロゼットの形成方法 T細胞や、NK細胞は、羊の赤血球(E)を、細胞表面に結合させ、E-ロゼット(E-rosette)を形成する。羊の赤血球(E)は、SRBC(sheep red blood cells)とも、略された。 E-ロゼットを ...
【最新の回答】> 『フローサイトメトリー』って、どんなことですか?教えて下 > さい。 「フローサイトメトリー」とは、簡略には、リンパ球を浮遊させた液を、細く流して、そこに ...
タンポポなどの多年草やヒメムカシヨモギ、オオマツヨイグサなどはロゼット葉を形成する。「ロゼット」とは、バラの花の形を意味する言葉であるが、「ロゼット葉」は地面に葉が広がって立ち上がっていない状態を指している。

関連画像

 (ロゼット)形成が目立つ赤血球とロゼットを形成し比重  ロゼット形成, d.核内封入体a, e のロゼットが形成されている ロゼット形成(perivascular


★リンクテーブル★
リンク元蔟葉」「rosetting
拡張検索ロゼット形成細胞
関連記事ロゼット」「形成

蔟葉」

  [★]

rosetting
ロゼット形成


rosetting」

  [★]

ロゼット形成細胞」

  [★]

rosette-forming cell


ロゼット」

  [★]

rosette
rosetta
花冠菊座神経膠ロゼット glial rosette
花紋板ロゼット形成細胞
  • 細胞が花弁のように放射状に配列した状態を指す


形成」

  [★]

形式形態構造組成品種編成フォーム成立形づくる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡