レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系

出典: meddic

renin-angiotensin-aldosterone system RAA
レニン-アルドステロン系 renin-aldosterone system
アンギオテンシノゲンアンギオテンシンIアンギオテンシンIIアンギオテンシンIIIレニン-アンギオテンシン系



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/02 17:21:50」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アンギオテンシンIV-IRAP系は線溶と炎症を介して動脈血栓症発症に関与する(2.急性冠症候群発症:粥腫破綻後の血栓形成の分子機構,<特集II>第74回日本循環器学会学術集会)
  • 沼口 靖,室原 豊明
  • 循環器専門医 : 日本循環器学会専門医誌 19(1), 45-51, 2011-04-25
  • NAID 110008750665
  • アンギオテンシノーゲン遺伝子235T alleleを有する2型糖尿病腎症患者におけるACE阻害剤とARB併用によるアルブミン尿改善効果
  • 松井 淳,小川 吉司,玉澤 直樹,山下 真紀,松木 恒太,田辺 壽太郎,村上 宏,須田 俊宏
  • 弘前醫學 59(2/3/4), 59-64, 2008
  • We evaluated the combination therapy of angiotensin-converting-enzyme inhibitor (ACE-I) andangiotensin II type 1 receptor blocker (ARB) offered an additional effect in reduction of albuminuria in type …
  • NAID 110006622344

関連リンク

レニン-アンジオテンシン系(Renin-Angiotensin System;RAS)またはレニン- アンジオテンシン-アルドステロン系(Renin-Angiotensin-Aldosterone System;RAAS) とは、血圧や細胞外容量の調節に関わるホルモン系の総称。 血圧低下や循環血液量 の低下に ...
創薬において体の機構、薬の作用メカニズムを知らないといけません。 それを知るのが 、薬理学です。 レニン-アンジオテンシン系. 血圧とは心臓はそのポンプ機能によって 血管内に圧力をかけ、絶えず組織へ血液を送っている。この圧力は、以下の二つの因子 ...

関連画像

レニン-アンジオテンシン系の  アルドステロン系の新しい概念図1 ・アルドステロン系ƒŒƒjƒ“ EƒAƒ“ƒMƒIƒeƒ“ƒVƒ 図1 RAA系と降圧薬の作用点


★リンクテーブル★
先読みアンギオテンシンI」「アンギオテンシンIII」「アンギオテンシンII
リンク元アンギオテンシノゲン」「レニン-アンギオテンシン系」「RAA」「RAAS」「renin-angiotensin-aldosterone system
関連記事アルドステロン」「レニン」「」「アンギオテンシン

アンギオテンシンI」

  [★]

angiotensin I
アンジオテンシン
[[]]


アンギオテンシンIII」

  [★]

angiotensin III
アンジオテンシンIII


アンギオテンシンII」

  [★] アンジオテンシンII


アンギオテンシノゲン」

  [★]

angiotensinogen
アンジオテンシノジェン、アンギオテンシノーゲン、アンギオテンシノジェン、アンジオテンシノゲン
レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系


分類

産生組織

  • 肝臓
α2グロブリン分画中

標的組織

作用

分泌の調整

分子機構

レニン-アンギオテンシン系」

  [★]

renin-angiotensin system RA system
レニン-アルドステロン系
レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系



RAA」

  [★]


RAAS」

  [★] レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系 renin-angiotensin-aldosterone system


renin-angiotensin-aldosterone system」

  [★] レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系 RAAS


アルドステロン」

  [★]

aldosterone
尿細管

基準値

  • 血漿濃度は35-240 pg/ml, EDTA加血漿 安静臥位 30-160 pg/ml
  • 30-160 pg/ml (LAB.715)
  • 35.7-240 pg/ml (随時), 29.9-159pg/ml (臥位), 38.9-307pg/ml (立位) (SRL)

分類

性状

産生組織

標的組織

生理作用

  • Na+/K+-ATPase活性↑@遠位尿細管・皮質集合管 → 管腔側K↑ → K再吸収/H+分泌 (QB CBT vol2 p.360) ← 成書での裏付けがないが、確かにアルドステロン↑によりK+分泌が↑となれば、管腔側にK+があふれるのでα間在細胞上の管腔側にあるK+/H+交換輸送体担体によりH+管腔側にくみ出されるな。

作用機序

  • アルドステロンは何らかの経路を経て、ある遺伝子(アルドステロン誘導タンパク質 AIP)の転写・発現を促進する。これにより、以下の作用を及ぼす (2007年度後期生理学授業プリント)
  • (1)Na+-K+ATPaseの発現
  • (2)基底膜面積の増加
  • (3)Na+チャネルの活性化
  • (4)K+チャネルの活性化
  • 管腔側細胞膜のNaチャネルが増加(SP.792)
  • これが最も重要
  • Na+-K+ ATPase活性を上昇させる(SP.792)
  • ミトコンドリアのエネルギー産生系が活性化される(SP.792)

分泌調節

  • 1. 体液↓、血圧↓→レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系でアンジオテンシンIIが生成→P450scc↑、P450aldo↑
レニン-アンギオテンシン-アルドステロン系
  • 2. 血漿K+↑→アルドステロン分泌↑  ← direct action on the adrenal cortical cells.
  • 3. ドパミンソマトスタチン→アルドステロン分泌↓ (出典不明)
  • 4. ACTH
  • アルドステロン分泌作用は弱い。only a short-term effect(NEL.2351).

分子機構

生合成

臨床関連

  • 原発アルドステロン症



レニン」

  [★]

renin
アンジオテンシノゲンアンジオテンシン

分類

産生組織

標的組織

作用

分泌の調整 (PT. 480)

  • 1. 交感神経刺激
循環中枢からの刺激→レニン放出↑ β1受容体を介する
立位 → 交感神経亢進(おそらく脳への血行を保つため) → レニン放出↑
  • 2. 腎動脈圧
腎動脈圧↓→レニン放出↑
腎動脈圧↑→レニン放出↓
腎臓の輸入細動脈の圧受容器による
cf.腎動脈動脈狭窄により血流↓→レニンアンジオテンシンアルドステロン系↑→血圧↑
  • 3. 遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓
遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓→レニン放出↑
緻密斑細胞により検出される
血漿濃度や輸入細動脈圧の減少はGFRを減少させ、それによって遠位尿細管濾液中のNaCl濃度を減少させる
  • 4. アンジオテンシンII
  • ネガティブフィードバック制御を受ける。
  • アンジオテンシンII↑→レニン↓

分子機構

臨床関連


系」

  [★]

一連菌株緊張系統系列シリーズ歪み連続システム体系体制方式筋挫傷


アンギオテンシン」

  [★] アンジオテンシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡