レニン活性測定

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 傍糸球体細胞腫による二次性高血圧の1例
  • 藤田 光一,米田 直人,栗本 泰行,吉村 博英,森本 敦子,前田 浩志,羽間 稔,寺村 一裕
  • 日本内科学会雑誌 94(6), 1143-1145, 2005-06-10
  • … 若年女性の高血圧症で,血液検査上renin-angiotensin-aldosterone (RAA)系の亢進を認め,腹部CTにて右腎腫瘍を認めた.画像検査所見と,選択的静脈サンプリングによる血漿レニン活性測定によりレニン産生腎腫瘍である傍糸球体細胞腫(juxtaglomerular cell tumor: JGCT)と診断した.腹腔鏡下右腎摘出術を施行し,術後血圧低下は認めたが,術前後とも24時間血圧の日内変動は保たれていた.以上,比較的稀なJGCTによる二次性高血圧症を経験したので …
  • NAID 10016791768
  • 固相ラジオイムノアッセイ法による血漿レニン活性測定キットの評価
  • 中島 公雄,箕輪 敦子
  • 共済医報 32(3), p409-413, 1983-08
  • NAID 40000727681

関連リンク

レニン活性は、レニン量を把握するのにもっとも一般的なものであり、測定法は血漿中の レニンとレニン基質を一定時間反応させて、産生されるアンジオテンシンⅠの量を測定 する。したがって、血漿中のレニン基質の増減により影響を受ける。 それに対して、「 ...
Mc-Ala/Dnp(品番72039)もしくは5-FAM/QXL™520(品番72040)FRETペプチドを 用いて、レニンインヒビターのハイスループットスクリーニングや連続的なレニン活性測定 にお使いいただけます。FRETペプチドの配列は、レニンの開裂部位に由来しています(5 ) ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元活性型レニン濃度
関連記事レニン」「測定」「活性

活性型レニン濃度」

  [★]

active renin concentration, ARC
レニン活性測定


レニン」

  [★]

renin
アンジオテンシノゲンアンジオテンシン

分類

産生組織

標的組織

作用

分泌の調整 (PT. 480)

  • 1. 交感神経刺激
循環中枢からの刺激→レニン放出↑ β1受容体を介する
立位 → 交感神経亢進(おそらく脳への血行を保つため) → レニン放出↑
  • 2. 腎動脈圧
腎動脈圧↓→レニン放出↑
腎動脈圧↑→レニン放出↓
腎臓の輸入細動脈の圧受容器による
cf.腎動脈動脈狭窄により血流↓→レニンアンジオテンシンアルドステロン系↑→血圧↑
  • 3. 遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓
遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓→レニン放出↑
緻密斑細胞により検出される
血漿濃度や輸入細動脈圧の減少はGFRを減少させ、それによって遠位尿細管濾液中のNaCl濃度を減少させる
  • 4. アンジオテンシンII
  • ネガティブフィードバック制御を受ける。
  • アンジオテンシンII↑→レニン↓

分子機構

臨床関連


測定」

  [★]

measurementmeasuredetermineestimate、(水深を)fathom
基準計測決定、処置、推定程度定量判定評価見込み見積見積もる予算特定測定値尺度確定ファゾム


活性」

  [★]

activity
活性度活動性活量活動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡