レトロウイルス科

出典: meddic

Retroviridae

特徴 (SMB.483)

  • 逆転写酵素を持つ
  • エンベロープ有り
  • サイズ100nm
  • ゲノム100kb
  • 一本鎖RNA(+)
ウイルス 疾患
α-レトロウイルス属    
β-レトロウイルス属    
γ-レトロウイルス属    
δ-レトロウイルス属 ヒトTリンパ球向性ウイルス1, 2 成人T細胞白血病(ATL)
ε-レトロウイルス属    
レンチウイルス属 ヒト免疫不全ウイルス1, 2 後天性免疫不全症候群(AIDS)
スプーマウイルス属    

逆転写酵素 (SMB.483)

  • 逆転写酵素はプラス鎖RNAを鋳型にしてマイナス鎖DNAを合成する。次に(この逆転写酵素が持つ?)RNaseH活性により

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/21 14:44:14」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フォーミーウイルスによる胚性インターフェロン・タウの細胞内発現とHIV感染の抑制(ウイルス学)
  • 藤井 陽一,村瀬 泰規,大竹 かおり,横田 恭子,大本 真也,林 秀敏,岡田 秀親,岡田 則子,河合 正博,奥山 治美,今川 和彦
  • The journal of veterinary medical science 66(2), 115-121, 2004-02-25
  • … 識に不可欠な因子である.IFN-τには他のIFNと同様に抗ウイルス活性や細胞増殖抑制作用が存在するが,母体の妊娠認識以外に生体内における作用は分かっていない.一方,人や猫のフォーミーウイルス(FV)はレトロウイルス科に属する内在性のウイルスであるが生体内では毒性を示さない.そこで,羊(o)lFN-τを人(h)FV遺伝子のbel-2領域に導入し,「Live vector」としての汎用性を試験した.oIFN-τ/hFVコンストラクトをリポフェクチン法で …
  • NAID 110003886366
  • ネコ免疫不全ウイルスの生物学的性質
  • 宮沢 孝幸,見上 彪
  • 日本獣医学雑誌 55(4), 519-526, 1993-08-15
  • … このウイルスは, ヒ卜のエイズの原因ウイルスであるヒト免疫不全ウイルスと, 多くの共通する性質をもっており, レトロウイルス科レンチウイルス属に分類されている. …
  • NAID 110003915860

関連リンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内, 検索. レトロ ウイルス科(retrovirus)とは、RNAウイルス類の中で逆転写酵素を持つ種類の総称。 ウイルス核酸は、一本鎖RNAの+鎖である。単にレトロウイルスと呼ばれることも多い。 ...
レトロウイルス科 Retroviridae. アルファレトロウイルス属 Genus:Alpharetrovirus 主なウイルス:トリ白血病ウイルス Avian leukosis virus(ALV) ラウス肉腫ウイルス Rous sarcoma virus (RSV) 藤波肉腫ウイルス Fujinami sarcoma virus (FuSV) ...

関連画像

HTLV-1はレトロウイルス科オンコ レトロウイルス科』の画像を Retrovirus : レトロウイルス科公開公報: レトロウイルス科 レトロウイルス科』の画像を Retrovirus : レトロウイルス科技術用語|レトロウイルス科 レトロウイルス科』の画像を


★リンクテーブル★
リンク元ヒト免疫不全ウイルス」「ヒトT細胞白血病ウイルス」「ヒトT細胞白血病ウイルス1型」「オンコウイルス」「RNA腫瘍ウイルス
拡張検索レトロウイルス科感染症
関連記事ウイルス」「」「ロウ」「レトロウイルス

ヒト免疫不全ウイルス」

  [★]

human immunodeficiency virus, HIV
後天性免疫不全症候群 AIDS,SDF-1HIV

特徴

ウイルス学

  • レトロウイルス科レンチウイルス属
  • エンベロープ有り、一本鎖RNA(+)、逆転写酵素を有する。

エンベロープ

  • gp120が外部に突き出ており、これにgp41が結合して膜にアンカーしている。
  • エンベロープの内側には、p17マトリックスタンパク(MA)が裏打ちするように配置している。
  • コアはp24カプシドにより構成されている。
  • コア内部は、1本のウイルスゲノムRNA(+)、逆転写酵素、p7,p9ヌクレオカプシドタンパク(NC)が存在。

遺伝子 (SMB.493)

  • gag:マトリックスタンパク、カプシドタンパク、ヌクレオカプシドタンパクをコード
  • pol:逆転写酵素、ウイルスプロテアーゼ、インテグラーゼをコード
  • env:エンベロープ糖タンパクをコード
  • tat:トランス活性化因子。ウイルスの転写活性化
  • rev:ウイルスmRNAでスプライシングされていないものを安定化。ウイルス構造タンパク質をコードするmRNAを細胞質に移送させる。
  • nef,vif,vpu,vpr

感染症

五類感染症(全数把握)

感染経路

経路

行為

  • 性感染、血液関連(輸血感染、注射針の使い回し、汚染注射針を刺す)、母子感染(経胎盤、経産道、経母乳)

感染過程

  1. . ウイルス粒子のgp120がCD4陽性細胞に結合する
  2. . gp120とCD4結合により、立体構造が変化
  3. . gp120のV3エピトープと呼ばれるケモカインレセプターと結合する。
  4. . さらに構造変化が起こり、gp41の働きで宿主細胞膜とウイルス終止とが融合する

経過

  • 1ヶ月以内にウイルス血症がおこる。

検査 (HIM. 1108,1163,1164,1166f,1190,1211t,1309t,e104)

参考1
  • NATのウインドウ期:11日
  • 血清学的検査のウインドウ期:22日

治療

妊婦

  • 基本的に妊婦には治療はできない
  • 妊娠後期になってから抗ウイルス薬を使う

参考

  • 1.
[display]http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/2a/dl/2b.pdf




ヒトT細胞白血病ウイルス」

  [★]

human T-lymphotropic virus, human T-cell leukemia virus, human T cell leukemia virus, HTLV
ヒトTリンパ球好性ウイルス ヒトTリンパ好性ウイルス human T-lymphotropic virusヒトTリンパ球向性ウイルス
[show details]

ウイルス学

  • レトロウイルス科デルタレトロウイルス属
  • エンベロープ有り
  • 一本鎖+鎖RNA

種類

成人T細胞白血病(ATL)やHTLV-I関連脊髄症(HTLV-I-associated myelopathy;HAM)の原因

感染症

  • 1. 白血病/リンパ腫
  • 2. 自己免疫病


ヒトT細胞白血病ウイルス1型」

  [★]

human T-cell leukemia virus type 1, human T-cell leukemia virus-1, HTLV-1
成人Tリンパ球向性ウイルス1、ヒトTリンパ好性ウイルス1、成人T細胞白血病ウイルス1型ヒトTリンパ好性ウイルス1型ヒトTリンパ球向性ウイルス1型、human T lymphotropic virus-1 human T-lymphotropic virus-1, human T-cell lymphotropic virus type 1, human T-cell lymphotropic viruses type I, human T lymphotropic virus type 1
成人T細胞白血病ヒトT細胞白血病ウイルス
[show details]

ウイルス学

  • レトロウイルス科デルタレトロウイルス属

感染症


オンコウイルス」

  [★]

oncovirusoncogenic virus
オンコルナウイルス腫瘍ウイルスレトロウイルスレトロウイルス科オンコウイルス亜科RNA腫瘍ウイルス


RNA腫瘍ウイルス」

  [★]

RNA tumor virus
オンコウイルスオンコルナウイルスレトロウイルスレトロウイルス科オンコウイルス亜科


レトロウイルス科感染症」

  [★]

Retroviridae infection
レトロウイルス感染症

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




科」

  [★]

family
家族系統群ファミリファミリー



ロウ」

  [★]

solder
はんだ鑞着

レトロウイルス」

  [★]

retrovirus





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡