リンゴ酸脱水素酵素

出典: meddic

malate dehydrogenase
リンゴ酸デヒドロゲナーゼ


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/31 23:19:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 酵素関係(アイソザイムを含む) リンゴ酸脱水素酵素(MDH) (広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版・1)その数値をどう読むか) -- (生化学的検査(1))
  • 4.リンゴ酸脱水素酵素における補酵素特異性変換の構造生物学(第410回研究協議会研究発表要旨,ビタミンB研究委員会)

関連リンク

栄養・生化学辞典 - リンゴ酸脱水素酵素の用語解説 - クレブス回路(クエン酸回路)の酵素で,リンゴ酸をオキサロ酢酸にする反応を触媒する.脂肪合成においても重要.
目的3については,オキサロ酢酸,α-ケトグルタル酸,スクシニル-CoA,フマル酸,リンゴ酸が種々の代謝経路と密接に関連している(個々の代謝経路を参照)。解糖と異なり, TCA回路ではATPはつくられないという点に注意せよ。ここで ...

関連画像

2.m-AST(m-GOT)とs-AST(s-GOT) リンゴ酸 (malate) 、ピルビン酸 脱水素酵素複合体.jpg 脱水素酵素複合体2.jpgリンゴ酸は、ミトコンドリア リンゴ酸脱水素酵素(上


★リンクテーブル★
リンク元リンゴ酸デヒドロゲナーゼ」「malate dehydrogenase
拡張検索3-イソプロピルリンゴ酸脱水素酵素
関連記事酵素」「リン」「脱水素酵素

リンゴ酸デヒドロゲナーゼ」

  [★]

malate dehydrogenase
リンゴ酸酵素
リンゴ酸脱水素酵素


malate dehydrogenase」

  [★]

リンゴ酸脱水素酵素リンゴ酸デヒドロゲナーゼ


3-イソプロピルリンゴ酸脱水素酵素」

  [★]

3-isopropylmalate dehydrogenase
3-イソプロピルリンゴ酸デヒドロゲナーゼ


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






脱水素酵素」

  [★]

dehydrogenase
デヒドロゲナーゼ
  • 脱水素による酸化反応を触媒する酵素群






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡