リチウム中毒

出典: meddic

lithium poisoning
炭酸リチウム中毒 lithium carbonate poisoning

概念

  • 血中のリチウムが上昇し、中毒症状を呈する。

中毒と血中レベル

  • 初期 1.5-2.5mEq/L 粗大振戦、失調、悪心、嘔吐、鎮静
  • 中度 2.5-3.5mEq/L 耳鳴り
  • 重度 3 -5 mEq/L 昏睡、血圧低下、 腎障害(慢性リチウム中毒で)

病態生理

  • 低ナトリウム血症、NSAIDの投与 → 近位尿細管でのLi取り込み↑ → 血漿リチウム濃度上昇


  • 悪心、嘔吐、下痢、腎不全、神経筋機能不全、失行、振戦、混乱(confusion)、昏迷(delirium、てんかん発作 → may require dialysis


  • (筋細胞)血漿リチウム濃度↑ → K+の細胞内の移動が妨げられる → 再分極の阻害 → 高カリウム血症 → 突然死


  • リチウム↑ → ADHやTSHのシグナル伝達系下流に存在するadenylyl cyclaseを阻害 → nephrogenic diabetes insipidus and ( hypothyroidism and/or goiter)

HIM.1808

病態

  • リチウムの使用は慢性間質性腎症と関係があり、潜行性に慢性腎不全が進展する。
  • 腎性尿崩症が単独で、あるいは腎不全を伴う

病理

  • 尿細管の萎縮と間質の線維化が目立つ
  • 尿細管の嚢胞(tubular cyst)
  • 巣状硬化症/巣状分節状硬化症

徴候

  • 多飲、多尿 ← リチウムは腎臓の集合管でADH受容体から下流を抑制するため
  • 中等度蛋白尿と高カルシウム血症 ← リチウムによる副甲状腺機能亢進症による




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2.血液透析を行ったリチウム中毒の1例(一般演題,日本アフェレシス学会第14回中部地方会抄録)
  • 常世田 智明
  • 日本アフェレシス学会雑誌 30(2), 177, 2011-05-31
  • NAID 110008661285
  • 糖尿病発症を契機に急性リチウム中毒に至った双極性障害の一例
  • 石井 彰,菅原 斉,渡辺 珠美,吉川 修平,田代 研,石岡 春彦,深津 健,大沼 哲,牛木 真理子,讃井 將満,川上 正舒
  • 自治医科大学紀要 33, 141-146, 2011-03-01
  • … 高血糖に伴う血管内脱水は,腎前性腎機能障害も引き起こす危険性があり一旦腎機能障害を起こすとリチウム排泄障害も加わり重篤なリチウム中毒の誘因となる。 … 糖尿病に関連したリチウム中毒の報告例はまれであり,今回教訓的な症例を経験したので,炭酸リチウム治療中には糖尿病の発症や血管内脱水に注意する必要がある。 …
  • NAID 110008506977
  • 症例報告 持続的血液透析終了時期の判断に苦慮したリチウム中毒の1例
  • 高橋 哲也,伊藤 壮一,郷内 志朗
  • 中毒研究 24(1), 42-45, 2011
  • NAID 40018756124

関連リンク

リチウムの主な中毒症状としては下記のようなものがあります。 中枢神経系症状 ... リチウムは治療域と中毒域が近く、薬の性質上長期間服用していることが多いことから 副作用として中毒症状がでたときには、すでに大量のリチウムが細胞内に分布している 。 ...
この薬の注意点や副作用(リチウム中毒)について、ご本人、できたらご家族も含め、 事前によく説明を受けておきましょう。 【注意する人】: 心臓病、腎臓病、てんかんのある 人は、この薬を服用できないことがあります。また、妊娠中の女性の服用は禁止され てい ...

関連画像

資料2:「リチウム」)あくせる


★リンクテーブル★
国試過去問086A038
リンク元白血球増多症
関連記事リチウム」「中毒」「

086A038」

  [★]

  • 多尿をきたすもの。3つ

白血球増多症」

  [★]

leukocytosis
白血球増加症、(国試)白血球増多
白血球
[show details]


DIF.294

V I N D I C A T E
Vascular Infection Neoplasm Degenerative Intoxication Congenital Auto-immune Trauma Endocrinopathy
心筋梗塞
肺梗塞
脳血管障害
血栓性静脈炎
細菌による炎症性疾患
寄生虫感染症
重度の真菌感染症
ウイルスでは増えない
 (例外: 伝染性単核球症)
急性白血病
慢性白血病
原発性骨髄線維症
  リチウム中毒
糖質コルチコイド
鉛中毒
ダウン症候群 アナフィラキシーショック
喘息
結節性多発動脈炎
皮膚筋炎
熱傷
骨折
大量出血
打撲
contusion
クッシング症候群
pregnancy tyroid storm
diabetic ketoacidosis

国試


リチウム」

  [★]

lithium
炭酸リチウム lithium carbonate
リーマスリチオマール


特徴

mood stabilizer

  • 5-HT、NEが受容体に結合
  • inositol monophosphatase, IMPase
  • wingless:ショウジョウバエ、ハネの発生に関する
  • Int-1:マウス乳癌
  • Wnt:相同遺伝子。分泌蛋白
  • 作用箇所
  • リン酸化GSK-3(不活型)-phosphatase(←Liにより抑制される)→GSK
  • GSK-3βはインスリン受容体の下流にも存在する。インスリンのGタンパク質を介したシグナルがPKA,PKC,Akt,p90RSKに伝わり、さらにGSK-3βを介して(p-ser9が介在)下流に伝わる
  • インスリンを経鼻投与すると海馬における学習や記憶力が向上するかもしれない

副作用

  • 急性リチウム中毒
  • 悪心、嘔吐、下痢、腎不全、神経筋機能不全、失行、振戦、混乱(confusion)、昏迷(deliriumてんかん発作 → may require dialysis
  • 低ナトリウム血症、NSAIDの投与 → 近位尿細管でのLi取り込み↑ → 血漿リチウム濃度上昇
  • (筋細胞)血漿リチウム濃度↑ → K+の細胞内の移動が妨げられる → 再分極の阻害 → 高カリウム血症 → 突然死
  • リチウム↑ → ADHTSHのシグナル伝達系下流に存在するadenylyl cyclaseを阻害 → 腎性尿崩症 and ( hypothyroidism and/or goiter)

リチウム中毒と血中濃度

時々血中濃度を測定しなければならない
  • 初期 1.5-2.5mEq/L 粗大振戦、失調、悪心、嘔吐、鎮静
  • 中度 2.5-3.5mEq/L 耳鳴り
  • 重度 3 -5 mEq/L 昏睡、血圧低下、腎障害



中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡