ラッサ熱ウイルス

出典: meddic

Lassa virus
Lassaウイルス

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 輸入感染症--国際化時代への警告-7-マ-ルブルグ病・エボラ出血熱・ラッサ熱--ウイルス性出血熱(危険度クラス4)
  • An autopsy report of Lassa fever in Onitsha/Nigeria/1974.
  • Japanese Journal of Tropical Medicine and Hygiene 10(1), 23-31, 1982
  • NAID 130003795684

関連リンク

ラッサ熱とは ラッサ熱は西アフリカ一帯にみられる急性ウイルス感染症であり、いわゆるウイルス性出血熱4疾患の一つである。“ラッサ”とは1969年に最初の 患者が発生した村の名に由来する。ラッサウイルス(Lassa virus)はアレナ ...
はじめに ウイルス感染症には、出血を伴う症状を呈するものが数多くあるが、特に、エボラ出血熱、マールブルグ病、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱の4疾患 (表1) は、患者からの二次感染によりしばしば大きな流行をおこす。

関連画像

ドイツでの ラッサ熱 輸入症例 image by tataquax’s photostream )ラッサ熱の画像 p1_9なお、非流行地であっても 110818_InVS_weekly_DRC_Lassa.jpg表2. ウイルス性出血熱の臨床


★リンクテーブル★
リンク元アレナウイルス」「Lassaウイルス
関連記事ウイルス」「」「ラッサ熱

アレナウイルス」

  [★]

arenavirus
ラッサ熱ウイルス



Lassaウイルス」

  [★]

Lassa virus
ラッサ熱ウイルス

ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。




熱」

  [★]

heathotfever(→発熱)
アイソトープ加温発情発情期放射性加熱熱い熱感ホット


ラッサ熱」

  [★]

Lassa fever, LF
ラッサウイルス






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡