メラノソーム

出典: meddic

melanosome
基底細胞メラニン




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/10/05 09:29:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • メラノソームのpH変化によるチロシナーゼの分解と美白の新メカニズム (特集 最新の美白研究と美白剤の開発動向)
  • 原島 茜,前田 憲寿
  • Fragrance journal 40(11), 26-31, 2012-11
  • NAID 40019492149
  • メラニン生成抑制剤の評価とメラノソームトランスファーメカニズムに関する最新情報 (特集 皮膚の老化メカニズムの最新研究)
  • 安藤 秀哉,市橋 正光
  • Fragrance journal 40(9), 35-39, 2012-09
  • NAID 40019439830
  • メラノソーム輸送機構に基づいた美白アプローチ (特集 最近の美白研究と有効成分の開発)
  • 村松 慎介,水谷 友紀,福田 光則
  • フレグランスジャーナル 39(5), 19-24, 2011-05
  • NAID 40018851928

関連リンク

メラノソームはメラニンを含む細胞小器官であり、動物では最も普通の光吸収色素で ある。 メラノソームを合成できる細胞は、メラノサイトと網膜色素上皮細胞である。 メラノソームを貪食したマクロファージであるメラノファージは合成能を持たない。
栄養・生化学辞典 メラノソームの用語解説 - メラニン小体,メラニン顆粒ともいう. メラニン細胞,眼球の色素上皮細胞などにみられるメラニンを含む顆粒....

関連画像

683-8503 鳥取県米子市西町86 メラノソーム 輸送 の 分子 メラノソームの中で複雑な過程生成してしまったメラノソーム 2)調節性分泌における Slp 1、 紫外線に浴びる、外的


★リンクテーブル★
国試過去問101B026
リンク元メラニン」「メラノサイト」「メラニン顆粒

101B026」

  [★]

  • 組合せで誤っているのはどれか。
[正答]
※国試ナビ4※ 101B025]←[国試_101]→[101B027

メラニン」

  [★]

melanin
メラニン色素 melanin pigment
メラノサイトメラノソーム


産生細胞

産生機序

  • チロシナーゼ(補酵素:銅)の作用によってチロシンから生じるドパが酸化、脱炭酸を経て、産生される

産生の制御

促進

MRI

  • T1強調画像で高信号を呈する。


メラノサイト」

  [★]

melanocyte
melanocytus
メラニン


メラニン合成促進する要素


メラニン顆粒」

  [★]

melanin granule
メラノソーム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡