ミトコンドリア-AST

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 酵素関係(アイソザイムを含む) イソクエン酸脱水素酵素(ICD) (広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査(第7版・1)その数値をどう読むか) -- (生化学的検査(1))

関連リンク

AST(GOT:glutamic oxaloacetic transaminase)は,ほとんどの組織に存在する臓器 特異性のない細胞内酵素である。細胞内局在については,細胞質(C-AST)と ミトコンドリアAST(m-AST)に存在する2種類のアイソザイムがあり,存在比はほぼ1:1で ある。 m-AST ...
未染標本作製, 5652 3, パラフィンブロック, 【】. ●ミトコンドリア-AST(m-AST)(m-GOT), 0442 1, 血清, 【プロテアーゼ法】. ●ミトコンドリアDNA Evaluation(MELAS), 6131 9, 筋 組織・血液, 【PCR-RFLP】. ●ミトコンドリアDNA Evaluation(MERRF), 6132 6, 筋組織・ 血液 ...

関連画像

 でグルコースに糖新生されるリンゴ 酸 アスパラギン酸 カルバミルリン酸が アスパラギン酸(Asp)の炭素


★リンクテーブル★
関連記事ミトコンドリア」「AS」「A」「AST」「トコン

ミトコンドリア」

  [★]

(ns)mitochondrion, (np)mitochondria
糸粒体コンドリオソーム chondriosome
細胞


組織学

  • 0.5x10umの回転楕円体。
FB.333
外膜---
膜間部
内膜--- クリステという構造を作っている
マトリックス
ミトコンドリア内膜にはNADH輸送タンパク質がない!!(FB.333)
解糖系で得られたNADHは、リンゴ酸-アスパラギン酸シャトルにより還元力がミトコンドリア内に送られる。(FB.309 図15-27,333)

ミトコンドリアゲノム

  • ヒトのミトコンドリアゲノム 16.6kb
  • mtDNAは二本鎖環状
  • mtDNA(染色体DNAとは独立したDNA。ミトコンドリアゲノム)は体細胞の100-1000倍存在すると言われている。
  • DNA修復機構を持たない。
  • DNAを保護する構造(ヒストン)がない
  • バクテリア型の転写・翻訳系を有する → クロラムフェニコールに感受性があり、特に幼児に顕著。

ミトコンドリア内膜

  • ミトコンドリア内膜を透過する物質(FB.391)
  CO2
  O2
  クエン酸  トリカルボン酸輸送経路
  ピルビン酸 輸送体により制御
  ATP 輸送体により制御
  ADP 輸送体により制御
  Pi 輸送体により制御
  Ca2+ 輸送体により制御
  リンゴ酸 輸送体により制御
  アスパラギン酸 輸送体により制御
  • ミトコンドリア内膜を透過できない物質
  アセチルCoA (トリカルボン酸輸送経路に乗せるために、クエン酸に変換)
  オキサロ酢酸 (リンゴ酸かアスパラギン酸に変換)

機能

  • 酸化的リン酸化  ⇔ 基質準位リン酸化
  • クエン酸サイクル
  • 脂肪酸酸化
  • アミノ酸分解
  • ヌクレオチド合成
  • 尿素回路
  • アポトーシスに関与



AS」

  [★]


PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「Anglo-Saxon」


A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


AST」

  [★] アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ aspartate aminotransferase

基準値 QB

AST GOT ≦ 40
ALT GPT ≦ 35


トコン」

  [★]

ipecac, ipecacuanha root
ipecacuanhae radix
吐根
トコンシロップドーフル





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡