ミエリン

出典: meddic

myelin
髄鞘



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/05 22:04:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脊髄長大病変を有し抗アクアポリン-4抗体陰性の小児多発性硬化症の一例
  • 鈴木 恵子/富沢 尚子/新井 麻子/上田 哲/梅津 亮二/杉原 茂孝
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E1), E331-E335, 2013-01-31
  • … sclerosis;MS)に対する診断マーカーとして注目されている.症例は15歳の女子.13歳6ヶ月時に,四肢のしびれ,脱力,めまい,構音障害を主訴に入院した.髄液検査では細胞数は15.7μLで,蛋白は40.6mg/dLであったが,ミエリン塩基性蛋白は高値,オリゴクローナルバンドは陽性であった.MRI画像で両側大脳皮質下白質および深部白質,左尾状核,右中脳などに脱髄病変を多発性に認めた.さらに頸髄ではC3?C6にかけてLSCLを認めた.メチルプ …
  • NAID 110009559427
  • 血液疾患と脳神経疾患 M蛋白血症と末梢神経障害 (特集 内科疾患と脳神経疾患 : 診断と治療の進歩)
  • 桑原 聡
  • 日本内科学会雑誌 101(8), 2238-2241, 2012-08-10
  • NAID 40019411997

関連リンク

栄養・生化学辞典 - ミエリンの用語解説 - ミエリン鞘の構成成分で,コレステロール,リン脂質,スフィンゴリピド,ホスファチドから構成される脂質ラメラとタンパク質の複合体. ... ミエリン みえりん myelin 有髄神経細胞の突起で ...
上:中枢神経系の髄鞘(ミエリン鞘)はオリゴデンドロサイトからなり、神経細胞の軸索を覆っており、神経信号の高速伝達に重要な役割を果たしている。 下:脱髄疾患ではミエリンが消失し(脱ミエリン化)、神経信号の ...

関連画像

図1 神経細胞と軸索 ミエリンとはGnT-IXが再ミエリン化を調節する 髄鞘をもつ神経細胞の構造図ミエリン鞘多発性硬化症(Multiple Sclerosis


★リンクテーブル★
リンク元ビタミンB12」「ルクソール・ファスト・ブルー染色」「髄鞘」「myelin」「ミエリン溶解
拡張検索レシチン・スフィンゴミエリン比」「ミエリン塩基性蛋白質」「ミエリン塩基性蛋白」「ミエリンプロテオリピドタンパク質
関連記事リン

ビタミンB12」

  [★]

vitamin B12
コバラミン cobalamin
アリチア配合
シアノコバラミン悪性貧血ビタミンメチルコバラミン
  • 構造:FB.387

吸収

  • 食物(コバラミン+蛋白質)→胃(コバラミン)+壁細胞が分泌する糖タンパク;内因子→コバラミン-内因子複合体→回腸 (SP.742)
回腸上皮細胞の刷子縁膜にコバラミン-内因子複合体に特異的なレセプターが存在 (SP.742)
細胞内ではβグロブリン(トランスコバラミン II)と結合して血中に入り組織に運ばれる (SPC.280, SPC.742)
部位: ビタミンB12は回腸。 葉酸空腸。 空腸、ついでに十二指腸でも。

機能

  • コバラミン依存の酵素は全部で十数種ある。コバラミン依存の酵素は分子内転移メチル転移を触媒 (FB.387)
  • 正常ミエリンの維持 (SPC.280)
  • 葉酸の代謝(葉酸は核酸代謝に関わっている) (SPC.280)
  • 奇数脂肪酸の酸化 (FB.386)
メチルマロニルCoAムターゼの補酵素(奇数脂肪酸の酸化)

補酵素

必要量

  • 一日の消費量(排泄):1-3ug (体の貯蔵量の-0.1%) (HIM.643)
  • 体に貯蔵されてる量:2-3mg → 摂取しなくとも3-4年は欠乏しない

基準値

  • 260-1,050pg/ml(192-775pmol/ml)

判定

低値

  • 悪性貧血(内因子抗体、壁細胞抗体?)
  • 胃切除後
  • 萎縮性胃炎
  • 吸収不良をきたす病態:クローン病、セリアック病、吸収不良症候群

高値

  • 血液疾患:顆粒球増加を示す疾患   ←  顆粒球由来のビタミンB12輸送蛋白(トランスコバラミン?)が増加するため(QB.G-257)、崩壊した白血球から放出するため(YN.G-53)

臨床関連

  • 白血球の破壊により末梢へのビタミンB12の漏出



ルクソール・ファスト・ブルー染色」

  [★]

luxol fast blue stain
ルクソール・ファスト青染色LFB染色
ルクソール・ファストブルー液染色法
  • ミエリンの染色に用いられる
  • ミエリンの塩基性のリポプロテインと塩基性の染色剤との置換により染色される。
  • ミエリンは青、好中球はピンク、神経細胞は紫に染まる

800px-Pons_-_very_high_mag.jpg

参考

  • wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Luxol_fast_blue_stain


髄鞘」

  [★]

myelin sheath, medullary sheath
ミエリン鞘シュワン鞘
ミエリン myelin


臨床関連

  • 髄鞘の脱落


myelin」

  [★] ミエリン

WordNet   license wordnet

「a white fatty substance that forms a medullary sheath around the axis cylinder of some nerve fibers」
myeline, medulla


ミエリン溶解」

  [★]

myelinolysis
ミエリンミエリン溶解性融解症


レシチン・スフィンゴミエリン比」

  [★]

lecithin-sphingomyelin ratio
L/S比


ミエリン塩基性蛋白質」

  [★] ミエリン塩基性タンパク質


ミエリン塩基性蛋白」

  [★] ミエリン塩基性タンパク質


ミエリンプロテオリピドタンパク質」

  [★]

myelin proteolipid protein


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡