マンニトール利尿

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 49)浮腫と利尿の機構について(第3報) : マンニトール利尿を用いての研究 : 講演会一般演題
  • 吉利 和,長坂 昌人,伊東 貞三,黒沢 斌,太田 怜
  • Japanese circulation journal 29(2), 183, 1965-02-20
  • NAID 110002626162

関連リンク

コウメイ:マンニトール=利尿薬と一色単に考えるのではなく、 きちんとマンニトールの作用機序を理解することが大切です。 本記事の目次 1 1.マンニトール見たことありますか?2 2.マンニトールの作用機序 3 3.マンニトールの適応と ...
分類 一般名 商品名 参考 サイアザイド系利尿薬 トリクロロメチアジド フルイトラン 緩除で安定した降圧効果を示す。 主として遠位尿細管に働いてNaClの再吸収を抑制して利尿をもたらす ヒドロクロロチアジド ニュートライド

関連画像

 ヘンレの太い上行脚と利尿薬はあへんアルカロイドの一つ


★リンクテーブル★
関連記事マンニトール」「尿」「利尿

マンニトール」

  [★]

mannitol
D-mannitolum
マンニゲンマンニットTマンニットール、(果糖合剤)フルクトマニト、(ソルビトール合剤)マンニットールS
D-マンニトール D-mannitolD-マンニット D-mannit
その他の循環器官用薬


概念

  • 自然界にはD-マンニトールが多く存在しており、治療薬でもD-マンニトールが用いられる。
  • 浸透圧によって尿細管腔内に水を引き入れる
  • 利尿剤

参考1より引用
マンニトール (mannitol) は糖アルコールの一種である。 ヘキシトールに分類され、マンノースの還元体に相当する。マンニット (mannite) とも呼ばれる。光学活性物質であり、天然に多く存在するエナンチオマーは D-マンニトールである。ソルビトールの異性体である。
浸透圧調製剤・利尿剤であり、弱い腎臓血管拡張剤でもある。
水溶液中ではプロトンを放出する性質を持つため、水溶液は酸性になる。このため、炭酸ナトリウムなど pH 調整剤を併用することが珍しくない。

適応

  • 1. 術中・術後・外傷後及び薬物中毒時の急性腎不全の予防及び治療  ←  通常の利尿薬はhypovolemia+乏尿では良い適応ではないらしい。そのような場合にマンニトールが良い適応となる、らしい。
  • 2. 脳圧降下および脳容積の縮小を必要とする場合
  • 3. 眼内圧降下を必要とする場合

参考

  • 1
http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB


尿」

  [★]

urine
urina
尿浸透圧尿量


臨床関連

尿中への代謝物質の異常排出

尿の色

決定する要素:ウロビリノゲンヘモグロビンミオグロビンなど


利尿」

  [★]

diuresis
多尿利尿剤利尿薬





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡