ホルミルキヌレニン

出典: meddic

formylkynurenine
トリプトファン


和文文献

  • ホルミルキヌレニンおよびキヌレニン存在下の光脂質過酸化反応でのビタミンの挙動 : 日本ビタミン学会 : 第39回大会研究発表要旨
  • 合田 清,上田 智子,上田 隆史
  • ビタミン 61(7), 300-301, 1987-07-25
  • NAID 110002847391
  • 2-II-5 ホルミルキヌレニンおよびキヌレニンの光化学的挙動と生体成分 : 脂質過酸化(第38回大会研究発表要旨,日本ビタミン学会)
  • 合田 清,上田 智子,上田 隆史
  • ビタミン 60(7), 304-305, 1986-07-25
  • NAID 110006663409

関連リンク

2. トリプトファン光分解によるH2O2生成 トリプトファンは蛋白質の近紫外領域における吸収の主成分であり、活性酸 素生成の点からとくに興味がある。トリプトファンの光分解生成(TP)の1つ であるN-ホルミルキヌレニン(N ...
N'-ホルミルキヌレニンとは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。 N'-ホルミルキヌレニンとは - goo Wikipedia (ウィキペディア) gooトップ サイトマップ スタートページに設定 RSS ヘルプ 本文へ ...

関連画像

キリヤ: Q&Amain imageセコロガニン - Wikipedia133047号 芳香族ポリエーテル エレノール酸 - Wikipedia二酸化塩素によって無力化


★リンクテーブル★
先読みトリプトファン
リンク元formylkynurenine
拡張検索N-ホルミルキヌレニン
関連記事レニン」「キヌレニン

トリプトファン」

  [★]

tryptophan Trp W
α-アミノ-β-(3-インドリル)プロピオン酸 α-amino-β-(3-indolyl)-propionicacid、2-アミノ-3-(3-インドリル)プロピオン酸 2-amino-3-(3-indolyl)-propionicacid
アミノ酸芳香族アミノ酸
  • 無極性。無電荷
  • 側鎖:
             /\
-CH2-------| ○|
     ||    |  | 
       \ / \/
         NH



formylkynurenine」

  [★] ホルミルキヌレニン


N-ホルミルキヌレニン」

  [★]

N-formylkynurenine
キヌレニン


レニン」

  [★]

renin
アンジオテンシノゲンアンジオテンシン

分類

産生組織

標的組織

作用

分泌の調整 (PT. 480)

  • 1. 交感神経刺激
循環中枢からの刺激→レニン放出↑ β1受容体を介する
立位 → 交感神経亢進(おそらく脳への血行を保つため) → レニン放出↑
  • 2. 腎動脈圧
腎動脈圧↓→レニン放出↑
腎動脈圧↑→レニン放出↓
腎臓の輸入細動脈の圧受容器による
cf.腎動脈動脈狭窄により血流↓→レニンアンジオテンシンアルドステロン系↑→血圧↑
  • 3. 遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓
遠位尿細管濾液中のNaCl濃度↓→レニン放出↑
緻密斑細胞により検出される
血漿濃度や輸入細動脈圧の減少はGFRを減少させ、それによって遠位尿細管濾液中のNaCl濃度を減少させる
  • 4. アンジオテンシンII
  • ネガティブフィードバック制御を受ける。
  • アンジオテンシンII↑→レニン↓

分子機構

臨床関連


キヌレニン」

  [★]

kynurenine
3-アントラニロイルアラニン 3-anthraniloyl alanine
トリプトファンピリドキサール





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡