ホルマリン処理トキソイド

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ハブトキソイドに関する研究 : I. ホルマリンによるトキソイド化
  • 貞弘 省二
  • 日本細菌学雑誌 26(5-6), 214-221, 1971
  • … リン酸アルミニウム・ゲルに吸着させたホルマリン処理トキソイドをモルモットに注射すると,抗出血価I (Anti-HR 1)および抗出血価II (Anti-HR 2)はともにほぼ並行して上昇し,3回注射の3週後ではそれぞれ平均10u/ml, 7u/mlに達した。 …
  • NAID 130001383508

関連リンク

トキソイド(英: toxoid)は、外毒素をホルマリンなどで処理することにより、免疫原性を有 した状態でその毒性を消失したもの。類毒素とも呼ばれる。不活化ワクチンの一種で あるとされることもあるが、不活化ワクチンは病原体そのものを対象とするのに対して ...
世界大百科事典 第2版 トキソイドの用語解説 - 変性毒素ともいう。病原性細菌が産生 するタンパク質毒素などに種々 ... デジタル大辞泉の解説. トキソイド 【toxoid】 細菌など がつくる毒素や蛇毒などをホルマリンで処理し、毒性を除いて抗原性だけを残したもの。

関連画像

と異なりホルマリンや酵素処理 その他、接種時期や詳細などは 次に違う種類のワクチンを接種


★リンクテーブル★
関連記事リン」「トキソイド」「処理」「ホルマリン」「イド

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





トキソイド」

  [★]

toxoid
アナトキシン anatoxin類毒素
毒素抗毒素製剤ジフテリアトキソイド破傷風トキソイド不活化ワクチンワクチン


  • 細菌の産生するタンパク質性の菌体外毒素を免疫原性は保持したまま無毒化したもの
  • トキソイドを注射すると毒素活性を中和する抗体が産生されるので、予防的に用いられる
  • ジフテリアトキソイド
  • 破傷風トキソイド



処理」

  [★]

treatmentapplicationprocessingtransactiontreathandle
応用加工、処置、治療適用プロセシングプロセッシング申し込み診療散布施用取り扱うハンドルアプリケーション切り出し

ホルマリン」

  [★]

formalin
formalinum
ホルムクレゾールホルマリンクレゾール
ホルムアルデヒド

参考

  • wiki ja
  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3


イド」

  [★]

id
エス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡