ホスホセリン

出典: meddic

phosphoserine
リン酸化セリン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/05 18:43:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

関連リンク

ChemicalBook あなたのためにL-O-ホスホセリン(407-41-0)の化学的性質を提供して、融点、価格、蒸気圧、沸点、毒性、比重、沸点、密度、分子式、分子量、物理的な性質、毒性 税関のコードなどの情報、同時にあなたは更にL-O ...
美容のことを考える時、【O-ホスホセリン】というキーワードはかかせないですね。O-ホスホセリンは、必要なキーワード。O-ホスホセリンでいろいろと調べてみませんか?

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元phosphoserine」「リン酸化セリン
拡張検索1,2-ジアシルグリセロホスホセリン」「O-ホスホセリン
関連記事リン」「セリン」「ホスホ

phosphoserine」

  [★]


リン酸化セリン」

  [★]

phosphoserine
ホスホセリン

1,2-ジアシルグリセロホスホセリン」

  [★]

sn-1,2-diacylglycerophosphoserine
ホスファチジルセリン

O-ホスホセリン」

  [★]

O-phosphoserine
[[]]


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





セリン」

  [★]

serine, Ser, S
2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸 2-amino-3-hydroxypropionic acid
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • ヒドロキシル基(hydroxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にヒドロキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-OH
  • Kinaseの標的となり、リン酸イオンが結合する。
-CH2-O-H2PO3



ホスホ」

  [★]

phospho
フォスフォホスフォリン酸




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡