ペントースリン酸経路

出典: meddic

pentose phosphate pathway, PPP, pentose phosphate cycle
五炭糖リン酸回路ヘキソース一リン酸回路 hexose monophosphate pathwayhexose monophosphate shunt HMP shunt、ワールブルグ・ディケンズ経路 ワーブルグ・ディッケンズ経路 Warburg-Dickens pathwayホスホグルコン酸経路?? phosphogluconate oxidative pathway??
解糖系




臨床関連




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/09/25 18:55:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高尿酸血症とメタボリックシンドローム
  • 市田 公美
  • 日本薬理学雑誌 136(6), 321-324, 2010-12-01
  • 食生活の欧米化や飲酒量の増加などにより,痛風・高尿酸血症の患者数は増加している.現在,高尿酸血症は,メタボリックシンドロームと高率に合併することが報告され,いくつかの機序が提唱されている.高尿酸血症の原因の1つである尿酸排泄能の低下,すなわち尿酸クリアランス低下の原因として,高インスリン血症の関与が考えられている.インスリンはナトリウム再吸収と共役して,尿酸の再吸収促進作用を有する.したがって,イ …
  • NAID 10027909330
  • 整数計画と帰還点集合による代謝ネットワークの構造的堅牢性の測定
  • 田村 武幸,竹本 和広,阿久津 達也
  • 情報処理学会研究報告. BIO, バイオ情報学 2008(86), 13-16, 2008-09-11
  • 代謝ネットワークの堅牢性は、標的化合物を少なくとも一つ合成不能にする為に阻害しなければならない酵素の最少数で測定することができる。我々はこの問題に対し、帰還点集合(FVS)を用いて閉路を処理することにより従来の整数計画に基づく方法を改良した。大腸菌の解糖/糖新生、クエン酸回路、ペントースリン酸経路に提案手法を適用したところ、阻害すべき酵素の最適集合を見つけるのに要した時間は0.23〜5.15秒であ …
  • NAID 110006967152
  • アーキアにおけるホルムアルデヒド固定酵素群の生理機能
  • 由里本 博也,折田 和泉,阪井 康能
  • バイオサイエンスとインダストリー = Bioscience & industry 66(8), 447-449, 2008-08-01
  • NAID 10024745583
  • 有用細菌(乳酸菌等)の全ゲノム塩基配列決定,比較ゲノム解析および有用遺伝子の機能解明 : 第3報
  • 森田 英利,堀川 洋,鈴木 武人 [他],政岡 俊夫,福岡 秀雄,茅根 士郎,和田 恭則,有嶋 和義,木内 明男,坂田 亮一,紫野 正雄,内藤 博之,斉藤 康秀,西田 利穂,印牧 信行,滝沢 達也,加藤 行男,村上 賢,福山 正文,岸川 正剛,久松 伸,吉村 哲彦,藤 英博,大島 健志朗,芝 忠義,服部 正平,モリタ ヒデトシ,ホリカワ ヒロシ,スズキ タカヒト,マサオカ トシオ,フクオカ ヒデオ,チノネ シロウ,ワダ ヤスノリ,アリシマ カズヨシ,キウチ アキオ,サカタ リョウイチ,シノ マサオ,ナイトウ ヒロユキ,サイトウ ヤスヒデ,ニシタ トシホ,カネマキ ノブユキ,タキザワ タツヤ,カトウ ユキオ,ムラカミ マサル,フクヤマ マサフミ,キシカワ セイゴウ,ヒサマツ シン,ヨシムラ テツヒコ,トウ ヒデヒロ,オオシマ ケンシロウ,シバ タダヨシ,ハットリ マサヒラ,Hidetoshi Morita,Hiroshi Horikawa,Takahito Suzuki,Toshio Masaoka,Hideo Fukuoka,Shiro Chinone,Yasunori Wada,Kazuyoshi Arishima,Akio Kiuchi,Ryoichi Sakata,Masao Shino,Hiroyuki Naito,Yasuhide Saito,Toshiho Nishita,Nobuyuki Kanemaki,Tatsuya Takizawa,Yukio Kato,Masaru Murakami,Masafumi Fukuyama,Seigo Kishikawa,Shin Hisamatsu,Tetsuhiko Yoshimura,Hidehiro Toh,Kenshiro Oshima,Tadayoshi Shiba,Masahira Hattori
  • 麻布大学雑誌 11/12, 247-251, 2005-00-00
  • プロバイオティクス乳酸菌としてLactobacillus reunteri (2, 039, 414 bp),そしてその知見のほとんどみられないLactobacillus fermentum(2, 098, 685 bp)の全ゲノム配列を決定した。両菌種は絶対ヘテロ発酵型の乳酸菌としては初めての全ゲノム配列決定となった。Lactobacillus属には,他にホモ発酵型と条件的ヘテロ発酵型の乳酸菌が …
  • NAID 110006391456

関連リンク

ペントースリン酸経路(ペントースリンさんけいろ、Pentose phosphate pathway:PPP)は、解糖系のグルコース-6-リン酸から出発して、同じく解糖系のグリセルアルデヒド-3-リン酸へとつながる経路で、NADPHや、デオキシリボース、リボースといった ...
ペントースリン酸経路(ペントースリンさんけいろ、Pentose phosphate pathway:PPP)は、解糖系のグルコース-6-リン酸から出発して、同じく解糖系のグリセルアルデヒド-3-リン酸へとつながる経路で、NADPHや、デオキシリボース、リボースといった ...
1409 http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=ペントースリン酸経路&source=web&cd=2&ved=0CC4QFjAB&url=http://d.hatena.ne.jp/kuiiji_harris/20090110/1231575133&ei=KgmETsuqJePhiAKM9b 489 http://ezsch.ezweb.ne.jp ...

関連画像

ペントースリン酸経路の画像 p1  の 経路 * ともいうペントースリン酸経路全体の反応 (6回まわった時)NADPH 2 + は、脂肪酸の合成に 400px-Pentose_phosphate_pathway20071204 ペントースリン酸経路の画像 p1


★リンクテーブル★
先読み解糖系」「pentose phosphate cycle」「Warburg-Dickens pathway」「hexose monophosphate shunt」「phosphogluconate oxidative pathway
リンク元グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症」「グルコース6-リン酸脱水素酵素」「PPP」「HMP」「ヘキソースリン酸側路
関連記事リン」「経路」「ペントース」「

解糖系」

  [★]

glycolytic pathway
エムデン-マイヤーホフ経路 Embden-Meyerhof pathway
解糖TCA回路
  • CH(OH)-CH(OH)-C(OH)H-CH(OH)-C(CH2OH)H-O- グルコース (OHが↓↓↑↓↑)
  • CH(OH)-CH(OH)-C(OH)H-CH(OH)-C(CH2O-PO3)H-O- グルコース-6-リン酸 (OHが↓↓↑↓↑)
  • C(CH2OH)OH-C(OH)H-CH(OH)-C(CH2O-PO3)H-O- フルクトース-6-リン酸
  • C(CH2O-PO3)OH-C(OH)H-CH(OH)-C(CH2O-PO3)H-O- フルクトース-1,6-リン酸
glucose
↓-hexokinase/glucokinase(liver)
glucose 6-phosphate
↓-phosphohexose isomerase
fructose 6-phosphate
↓-phosphofructokinase
fructose 1,6-bisphosphate
↓-aldolase
glyceraldehyde 3-phosphate
↓-glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase
1,3-bisphosphoglycerate
↓-phosphoglycerate kinase →ATP
3-phosphoglycerate
↓-phosphoglyceate mutase
2-phosphoglycerate
↓-enolase
phosphoenolpyruvate
↓-pyruvate kinase → ATP
pyruvate
 -(pyruvate dehydrogenase)→acetyl-CoA
 -(pyruvate carboxylase)→oxaloacetate-(NADH+H+)→malate


解糖系の酵素 (first aid step1 2006 p.87, FASTEP1_87_酵素一覧.xls)

1 galactokinase キナーゼ  
2 galactose-1-phosphate uridyltransferase 転移酵素  
3 hexokinase/glucokinase キナーゼ  
4 glucose-6-phosphatase ホスファターゼ  
5 glucose-6-phosphate dehydrogenase 脱水素酵素  
6 transketolase    
7 phosphofructokinase キナーゼ  
8 fructose-1,6-bisphosphatase ホスファターゼ  
9 fructokinase キナーゼ フルクトキナーゼ
10 aldolase B   アルドラーゼ
11 pyruvate kinase キナーゼ ピルビン酸キナーゼ
12 pyruvate dehydrogenase 脱水素酵素 ピルビン酸デヒドロゲナーゼ
13 HMG-CoA reductase 還元酵素 HMG-CoA還元酵素
14 pyruvate carboxylase カルボキシラーゼ ピルビン酸カルボキシラーゼ
15 PEP carboxykinase キナーゼ PEPカルボキシキナーゼ
16 citrate synthase 合成酵素 クエン酸合成酵素
17 α-ketoglutarate dehydrogenase 脱水素酵素 α-ケトグルタミン酸脱水素酵素
18 ornithine transcarbamylase 転移酵素 オルニチンカルバモイルトランスフェラーゼ




pentose phosphate cycle」

  [★]

Warburg-Dickens pathway」

  [★] ワールブルグ・ディケンズ経路

hexose monophosphate shunt」

  [★] ヘキソース一リン酸回路

phosphogluconate oxidative pathway」

  [★] ホスホグルコン酸経路

グルコース-6-リン酸脱水素酵素欠損症」

  [★]

glucose-6-phosphate dehydrogenase deficiency
G6PD欠損症 G6PD deficiencyグルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠損症ブドウ糖-6-リン酸脱水素酵素欠損症glucose-6-phosphate dehydrogenase欠乏症G6PD欠乏症
ペントースリン酸経路グルコース6-リン酸脱水素酵素 G6PD血管内溶血溶血性貧血グルコース6-リン酸脱水素酵素



G6PD is a rate-limiting enzyme in HMP shunt (which yields NADPH). NADPH is necessary to keep glutathione reduced, which in turn detoxifies free radicals and peroxides. ↓ NADPH in RBCs leads to hemolytic anemia due to poor RBC defense against oxidizing agents (fava beans, sulfonamides, primaquine) and antituberculosis drugs.
People of Mediterranean descent can also have G6PD deficiency, but to a much greater degree. Therefore, hemolytic episodes inthe population are more severe(and can be fatal) as compared with those of the African American type, which are usually mild and felf-limited.
G6PD deficiency is more prevalent among blacks.
Heinz bodies..altered Hemoglobin precipitates within RBCs.
Increased malarial resistance.

概念

病因

疫学

遺伝形式

病変形成&病理

症状

診断

検査

治療

予後

予防

グルコース6-リン酸脱水素酵素」

  [★]

glucose-6-phosphate dehydrogenase,G6PD
HMP shunt、ペントースリン酸経路


  • rate limit enzyme
  • HMP shuntのribulose-5-phosphateからfructose-6-phosphateに代わる反応に関わる (FIRST AID p.87)
この経路はNADPHの産生に重要
glucose 6-phosphate + NADP+ → 6-phosphogluconolactone + NADPH + H+

臨床関連


PPP」

  [★]


HMP」

  [★] ペントースリン酸経路ヘキソース一リン酸回路 hexose monophosphate pathway


ヘキソースリン酸側路」

  [★]

hexose monophosphate shunt
ペントース経路ペントースリン酸経路


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





経路」

  [★]

pathwayroute
ルートパスウェイ

ペントース」

  [★]

pentose
五炭糖


路」

  [★]

tract
tractus




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡