ペニシリン・アレルギー

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 30.菌交代現象とペニシリンアレルギーの関与が考えられた右側結腸炎の1乳児例(一般演題,第38回日本小児内視鏡研究会)
  • 稲毛 英介,米沢 俊一,大塚 宜一,清水 俊明
  • 日本小児外科学会雑誌 47(7), 1105-1106, 2011-12-20
  • NAID 110008896892
  • ペニシリンアレルギーを伴った頸部放線菌症例
  • 宗 謙次,山口 仁平,岩永 哲,伊東 正博,田中 藤信,小室 哲
  • 耳鼻咽喉科臨床 104(3), 217-221, 2011-03-01
  • We report a case of actinomycosis involving penicillin allergy. A 39-year-old man was referred to us with left upper neck mass with tenderness. After antibiotic therapy, the neck mass was surgically e …
  • NAID 10027794218

関連リンク

ペニシリンはアレルゲンとしての一面を持ちアレルギー反応を引き起こしやすい。そして 数万人に一人程度の確率でアナフィラキシー・ショックを引き起こすことがあり、 ペニシリンが引き起こす重篤なアレルギー症状は「ペニシリン・ショック」と呼ばれた。 ...

関連画像

ペニシリンの医学のネックレス ペニシリン系薬剤アレルギー 3.皮膚粘膜症状と主要原因 ペニシリン・アレルギー


★リンクテーブル★
関連記事アレルギー」「リン」「ペニシリンアレルギー」「アレル」「ペニシリン

アレルギー」

  [★]

allergy
アレルギー反応 allergic reaction
過敏症 hypersensitivity

クームス分類

クームス分類

  I型アレルギー II型アレルギー III型アレルギー IV型アレルギー V型アレルギー
免疫反応の主体 IgE IgM, IgG 免疫複合体 Th1細胞 Th2細胞 Tc細胞 IgG
抗原 水溶性抗原 細胞や マトリックスに
結合している抗原
水溶性抗原 水溶性抗原 水溶性抗原 細胞関連の抗原 細胞表面レセプター
エフェクター機構 肥満細胞の活性化 補体 (CDC)|NK細胞好中球 (ADCC) 補体好中球 マクロファージの活性化 IgE産生、好酸球肥満細胞活性化 細胞障害 抗体の結合
アレルギー疾患の例 気管支喘息
アレルギー性鼻炎
花粉症
喘息
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
ラテックスアレルギー
ABO不適合輸血
新生児溶血性貧血
グッドパスチャー症候群
自己免疫性溶血貧血 AIHA
特発性血小板減少性紫斑病 ITP
橋本病
超急性移植片拒絶反応
アルツス反応
アニサキス症
トリ飼い病
農夫肺
血清病
急性糸球体腎炎
ループス腎炎(SLE)
関節リウマチ
過敏性肺臓炎
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
接触性皮膚炎
ツベルクリン反応
慢性肉芽腫症
慢性喘息
慢性アレルギー鼻炎
移植片拒絶 慢性蕁麻疹
バセドー病
重症筋無力症
検査方法 RAST法
RIST法
皮内反応
プリックテスト
スクラッチテスト
負荷試験
免疫組織染色
凝集反応(完全抗体)
凝集反応(不完全抗体, クームステスト)
  皮内反応      


診療ガイドライン

http://www.allergy.go.jp/allergy/guideline/index.html

検査




リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ペニシリンアレルギー」

  [★]

penicillin allergy


  • ペニシリンによるアナフィラキシー反応が生じる可能性は1万回に1-5回
  • その中で死亡に至る可能性のあるものは10万回に1-2回
  • 実際の頻度は0.01-0.05%
  • ペニシリンアレルギーの病歴のある人の80%はアレルギーではない。


アレル」

  [★]

allele
アリル対立遺伝子アレレ


ペニシリン」

  [★]

penicillin PC
抗菌薬






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡