ベトネベートN

出典: meddic

ベタメタゾン吉草酸エステル、フラジオマイシン硫酸塩

鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ベトネベートクリーム,ベトネベート軟膏,ベトネベートNクリーム及びベトネベートN軟膏による各種皮膚疾患の治療経験
  • ベトネベートクリーム, ベトネベート軟膏, ベトネベートNクリーム及びベトネベートN軟膏による各種皮膚疾患の治療経験
  • ベトネベート, ベトネベートーN軟膏及びクリームの使用経験

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 外用副腎皮質ホルモン剤

販売名

ベトネベートN軟膏

組成

有効成分(1g中)

  • 日本薬局方 ベタメタゾン吉草酸エステル 1.2mg
    日本薬局方 フラジオマイシン硫酸塩 3.5mg(力価)

添加物

  • 基剤:流動パラフィン,白色ワセリンからなる油脂性基剤

禁忌

  • 下記に示す感染症
  • フラジオマイシン耐性菌または非感性菌による皮膚感染のある場合
  • 細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症,および動物性皮膚疾患(疥癬,けじらみ等)
    〔感染に伴う症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 鼓膜に穿孔のある患者への耳内使用
    〔薬剤が内耳に移行し,内耳障害があらわれるおそれがある。〕
  • 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者
  • フラジオマイシン,カナマイシン,ストレプトマイシン,ゲンタマイシン等のアミノグリコシド系抗生物質またはバシトラシンに対し過敏症の既往歴のある患者
    〔これらの薬剤とは交差感作のあることが認められている。〕
  • 潰瘍(ベーチェット病は除く),第2度深在性以上の熱傷・凍傷
    〔皮膚の再生が抑制され,治癒が著しく遅れるおそれがある。〕

効能または効果

適応菌種

  • フラジオマイシン感性菌

適応症

  • ○深在性皮膚感染症,慢性膿皮症
  • ○湿潤,びらん,結痂を伴うか,又は二次感染を併発している次の疾患:
    湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症,ビダール苔癬,放射線皮膚炎,日光皮膚炎を含む),乾癬,虫さされ,痒疹群(固定蕁麻疹を含む)
  • ○外傷・熱傷及び手術創等の二次感染
  • ○耳鼻咽喉科領域における術後処置
  • 通常1日1〜数回直接患部に塗布または塗擦するか,あるいは無菌ガーゼ等にのばして貼付する。
    なお,症状により適宜増減する。

重大な副作用

眼圧亢進,緑内障,後のう白内障(ベタメタゾン吉草酸エステルによる)

  • 眼瞼皮膚への使用に際しては,眼圧亢進,緑内障,後のう白内障を起こすことがあるので注意すること。大量または長期にわたる広範囲の使用,密封法(ODT)により,緑内障,後のう白内障等があらわれることがある。

薬効薬理

  • ベトネベートN軟膏およびベトネベートNクリームは,ベタメタゾン吉草酸エステルにフラジオマイシン硫酸塩を配合した外用剤で,皮膚の炎症症状としばしば合併する感染症状の治療薬である。

局所抗炎症作用1)2)

  • 皮膚血管収縮試験(McKenzieらの方法)において,ベタメタゾン吉草酸エステルは,ヒドロコルチゾン酢酸エステルの360倍,フルオシノロンアセトニドの3.6倍の強さを示している。

化膿病巣への作用3)

  • ベトネベートN軟膏,ベトネベートNクリームに含有されているフラジオマイシン硫酸塩は,皮膚の炎症性皮膚疾患の二次感染および化膿性皮膚疾患の原因となる黄色ブドウ球菌等に抗菌作用を示すので化膿性病巣に有効である。


有効成分に関する理化学的知見

ベタメタゾン吉草酸エステル

一般名

  • Betamethasone Valerate(ベタメタゾン吉草酸エステル)

化学名

  • 9-Fluoro-11β,17,21-trihydroxy-16β-methylpregna-1,4-diene-3,20-dione 17-pentanoate

分子式

  • C27H37FO6

分子量

  • 476.58

融点

  • 約190℃(分解)

性状

  • 白色の結晶性の粉末で,においはない。クロロホルムに溶けやすく,エタノール(95)にやや溶けやすく,メタノールにやや溶けにくく,ジエチルエーテルに溶けにくく,水にほとんど溶けない。

分配係数(logP)

  • n-オクタノール−水(pH7.1);4.8

フラジオマイシン硫酸塩

一般名

  • Fradiomycin Sulfate(フラジオマイシン硫酸塩)

化学名

  • フラジオマイシンB硫酸塩
    2,6-Diamino-2,6-dideoxy-α-D-glucopyranosyl-(1→4)-[2,6-diamino-2,6-dideoxy-β-L-idopyranosyl-(1→3)-β-D-ribofuranosyl-(1→5)]-2-deoxy-D-streptamine trisulfate
    フラジオマイシンC硫酸塩
    2,6-Diamino-2,6-dideoxy-α-D-glucopyranosyl-(1→4)-[2,6-diamino-2,6-dideoxy-α-D-glucopyranosyl-(1→3)-β-D-ribofuranosyl-(1→5)]-2-deoxy-D-streptamine trisulfate

分子式

  • C23H46N6O13・3H2SO4

分子量

  • 908.88

性状

  • 白色〜淡黄色の粉末である。水に溶けやすく,エタノール(95)にほとんど溶けない。
    吸湿性である。


★リンクテーブル★
リンク元鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤
関連記事N」「Nd」「n」「ベトネベート

鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤」

  [★]

商品

</rad>


N」

  [★]

WordNet   license wordnet

「the 14th letter of the Roman alphabet」
n

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「nitrogenの化学記号」

Nd」

  [★] ネオジム neodymium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「neodymiumの化学記号」


n」

  [★]

  • n.
number of experimentsample size
  • pの前の[n]はmと記載する。synptom→symptom


ベトネベート」

  [★] フラジオマイシンベタメタゾン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡