ヘモグロビン血症

出典: meddic

hemoglobinemia
血色素血症


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 野菜ジュースの窒素汚染と次亜塩素酸ナトリウムによる除去について
  • 千田 眞喜子,葛葉 泰久
  • 日本家政学会誌 62(3), 153-164, 2011
  • NAID 40018722494
  • P-14 メトヘモグロビン血症を合併した摂食障害の一例(摂食障害1,ポスターディスカッション,ストレス時代の『こころ』と『からだ』,第51回日本心身医学会総会ならびに学術講演会)
  • 一條 智康,宮本 優美,関 裕,増田 剛,横山 祐子,森下 勇,山岡 昌之
  • 心身医学 50(6), 569, 2010-06-01
  • NAID 110007729066

関連リンク

メトヘモグロビン血症(メトヘモグロビンけつしょう)とは、血液中にメトヘモグロビンが多い 状態を言う。チアノーゼを起こす代表的疾患のひとつ。チアノーゼとは、唇や爪が鮮やか な赤ではなく、静脈血のような紫色になっている身体所見を指す言葉である。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元hemoglobinemia」「血色素血症
拡張検索メトヘモグロビン血症」「後天性メトヘモグロビン血症」「一酸化炭素ヘモグロビン血症」「スルホヘモグロビン血症
関連記事ヘモグロビン」「」「グロビン」「ビン

hemoglobinemia」

  [★] ヘモグロビン血症血色素血症


WordNet   license wordnet

「presence of excessive hemoglobin in the blood plasma」
haemoglobinemia


血色素血症」

  [★]

hemoglobinemia
ヘモグロビン血症

メトヘモグロビン血症」

  [★]

methemoglobinemia
MetHb血症
遺伝性メトヘモグロビン血症メトヘモグロビン

定義

  • メトヘモグロビンが約15g/L以上に増加し、チアノーゼに始まり、呼吸困難、頭痛、めまいなどを呈する病態。
  • MetHbが1%以上に増加した病態

病因

  • 1. 遺伝性(常染色体劣性)
  • a) 酵素の欠損によりメトヘモグロビンを還元できない:NADHシトクロム還元酵素欠損:methemoglobin reductase, NADP diaphorase
  • b) ヘムをferric stateに安定化できないヘモグロビン:Hb M Iwata(α87His→Tyr)
  • 2. 中毒性
  • a) 過酸化物による(亜硝酸ナトリウム、ニトログリセリン、サルファ剤、ニトロベンゼンなど)
アセトアニリドフェナセチン

病態生理

HIM.640
  • メトヘモグロビンは酸素との親和性が高く酸素運搬能がない → >50-60%以上で致死的
  • メトヘモグロビンはbluish-brown muddy colorを呈しており、cyanosisに似る → メトヘモグロビン血症ではチアノーゼ様に見えやすい、ということか

治療

  • 中毒性:静脈内に1%メチレンブルー溶液投与



後天性メトヘモグロビン血症」

  [★]

acquired methemoglobinemia


一酸化炭素ヘモグロビン血症」

  [★]

carboxyhemoglobinemia


スルホヘモグロビン血症」

  [★]

sulfhemoglobinemia


ヘモグロビン」

  [★]

hemoglobin, Hb
血色素
酸素化ヘモグロビン脱酸素化ヘモグロビン赤血球グロビン鎖ヘモグロビン濃度

生化学

  • 67 kDa

血液内科学

  • 2種類のグロビンタンパク質が各2個集まりヘテロ4量体を形成したもの。
  • 発生段階によってできるヘモグロビンが異なる
  • α鎖系はζ→α
  • β鎖系はε→γ→β δ
  • 発生初期:ζ2ε2
  • 胎児期 :α2γ2
  • 乳児期 :α2β2(HbA), α2δ2(HbA2), α2γ2(HbF)
  • 成人
α2β2(HbA) :Hbの97%
α2δ2(HbA2) :Hbの2%
α2γ2(HbF) :Hbの2%
発生初期:ZE
成人  :B > D > G , Aは共通


機能

  • O2運搬
  • CO2運搬
  • 体液pHの調整

CO2運搬

  • 血液中に溶解する :排泄されたCO2の5%(Kaplan Q book p.101)、9%(SP.655)
  • ヘモグロビンのN末のアミノ基でカルバミン酸を形成して :排出されたCO2の15%(HBC.45)、11%(SP.655) カルバミノヘモグロビン
  • 赤血球中のCAによりbicarbonateを産生し、血漿により運搬される :排泄されたCO2のほとんど(HBC.45)、80%(SP.655)

臨床検査

  • 臨床検査では、血液1dl中のヘモグロビンの量(g)を定量する。略号はHb

基準値 (ヘモグロビン濃度)

-2007前期生理学授業プリント
  • 男性:14 - 18 (g/dl)  16±2 (g/dl)
  • 女性:12 - 16 (g/dl)  14±2 (g/dl)
異常値の出るメカニズム第5版 p.79
  • 男:13~19 g/dl
  • 女:12~18 g/dl
HIM. A-2
  • 男:13.3-16.2 g/dl
  • 女:12.0-15.8 g/dl

パニック値

出典不明
  • ≦5 g/dl、≧17.0 g/dl

輸液によるヘモグロビン濃度の上昇

  • 予測方法(1):予測されるヘモグロビン上昇(g/dl) = 投与ヘモグロビン量(g) / 循環血液量(dl)
  • 予測方法(2):濃厚赤血球2単位でおよそヘモグロビン上昇は1(g/dl)

国試




症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

グロビン」

  [★]

globin
グロビン蛋白質 globin protein


ビン」

  [★]

bottle
ビンづめ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡