ヘマトキシリン・エオシン染色

出典: meddic

hematoxylin-eosin stainingHE staining
HE染色

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/20 11:48:39」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • ウシ雄性生殖細胞におけるゴノサイトおよび精原幹細胞の同定
  • 森木 甲子郎,田津原 陽平,谷口 俊二,安齋 政幸,加藤 博己,佐伯 和弘,入谷 明,三谷 匡
  • 近畿大学先端技術総合研究所紀要 (13), 41-50, 2008-03
  • … ウシ雄性生殖細胞の同定には、ヘマトキシリンエオシン染色やレクチンの一種であるDBA やc-kit を用いた組織学的解析やフローサイトメトリー(FCM)による解析が主に行われてきた。 …
  • NAID 120002188108
  • UIP病変(Usual Interstitial Pneumonia Pattern/Lesion)を有する個体での術後急性増悪
  • 河端 美則,星 永進,生方 幹夫,高柳 昇,杉田 裕,青山 克彦,山田 勉,上原 健司,水谷 智彦
  • 肺癌 46(4), 329-336, 2006-08-20
  • … 幅)UIP病変を有し,急性増悪を示した12例(増悪群)と急性増悪の無かった対応する24例(非増悪群).増悪群は全例男性.平均年齢±標準偏差は68±7歳,びまん性/限局性は7/5例.代表的な部位3カ所のヘマトキシリンエオシン染色と抗EMA抗体と抗ユビキチン抗体による免疫染色を実施し,病変の活動性と組織傷害性に関係する病変の定量的評価を行った.結果.5%以下の危険率で有意差が得られたのはa.間質性炎症の幅 …
  • NAID 110004813247

関連リンク

ヘマトキシリン・エオシン染色(HE染色、H&E染色)は組織学で組織薄片をみるのによく 使われている。ヘマトキシリンは青紫色の色素であり、これに染まる組織を ヘマトキシリン好性あるいは好塩基性という ...

関連画像

ヘマトキシリン・エオジン染色ラット腎臓のHE染色像ヘマトキシリン・エオジン染色ヘマ トキ シ リン エオシン  はヘマトキシリンに濃染するヘマトキシリン・エオシン染色


★リンクテーブル★
先読みHE染色
リンク元HE staining」「hematoxylin-eosin staining
関連記事リン」「エオシン」「ヘマトキシリン」「染色

HE染色」

  [★] ヘマトキシリン・エオジン染色


HE staining」

  [★] ヘマトキシリン・エオシン染色 hematoxylin-eosin staining


hematoxylin-eosin staining」

  [★] ヘマトキシリン・エオシン染色 HE staining


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






エオシン」

  [★]

eosin
エオジン ← エオシン と呼ぶ人が多いみたい。
染色法
  • 例えば、表皮の角層はエオジンで赤く染まり、リゾチームを多く含むパネート細胞はエオジンで赤く染まる。
エオシン-Y、マーキュクロムは-COONaとう側鎖を有する。



ヘマトキシリン」

  [★]

hematoxylin、((古))haematoxylin


染色」

  [★]

staining
染色法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡