プログラム細胞死

出典: meddic

programmed cell deathPCD
アポトーシスプログラム死予定死



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 免疫療法 (特集 肺癌 : 診断と治療の進歩) -- (治療)
  • 滝口 裕一
  • 日本内科学会雑誌 103(6), 1330-1336, 2014-06-10
  • NAID 40020123367
  • 虚血性ペナンブラにおける分子病理
  • 猪瀬 悠理,柴田 亮行,内山 真一郎
  • 東京女子医科大学雑誌 84(E1), E91-E101, 2014-01-31
  • … グルタミン酸濃度調節機構が不具合を生じるため、細胞外グルタミン酸濃度が高度に上昇し、興奮性神経毒性をもたらす.病巣の血行が自然に回復することなく、あるいは適切な処置が施されないと、残存するニューロンがプログラム細胞死によって失われてゆく.従って、ペナンブラ相当領域におけるグリアの活動性を制御することは、脳梗塞巣の拡大を阻止し、ひいては患者の機能的予後の改善に繋がると期待される. …
  • NAID 110009752560
  • 5.免疫療法
  • 滝口 裕一
  • 日本内科学会雑誌 103(6), 1330-1336, 2014
  • 腫瘍免疫にはCTLA-4,PD-1,PD-L1などの分子を介した抗原提示細胞,細胞傷害性Tリンパ球,癌細胞間の相互作用が重要である.メラノーマではこれら分子に対する単クローン抗体薬が腫瘍縮小,生存期間延長効果を示すことが証明された.進行肺癌に対しても活性が確認されており,生存期間延長に寄与するか精力的な臨床試験が行われている.非特異的免疫反応増強による組織障害の副作用についても研究が求められる.
  • NAID 130005075590

関連リンク

プログラム細胞死(プログラムさいぼうし、英: Programmed cell death, PCD )は多細胞生物における不要な細胞の計画的(予定・プログラムされた)自殺である。組織傷害などで細胞死を起こす壊死と異なり、一般にはPCDは生物の生命に ...
プログラム細胞死:その分子機序と発生における生理的な役割 2012年9月1日 三浦 正幸 (東京大学大学院薬学系研究科 遺伝学教室) email:三浦正幸 領域融合レビュー, 1, e002 (2012) DOI: 10.7875/leading.author.1.e002 Masayuki ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みPCD
リンク元アポトーシス」「プログラム死」「アポプトーシス」「アポトーシス性」「予定死
関連記事細胞死」「」「ラム」「プロ」「細胞

PCD」

  [★]


primary ciliary dyskinesia

アポトーシス」

  [★]

apoptosis
細胞死プログラム細胞死

臨床関連

アポトーシス異常

免疫

  • 自己免疫病
  • lprマウスやgldマウスと同じ症状を呈する

参考

[display]http://www.nature.com/nrm/journal/v3/n6/fig_tab/nrm832_F1.html
PMID 12042767



プログラム死」

  [★]

programmed deathapoptosisapoptotic
ア・トーシス、ア・プトーシス、プログラム細胞死予定死、ア・トーシス性

アポプトーシス」

  [★]

apoptosisapoptotic
ア・トーシス、プログラム細胞死プログラム死予定死、ア・トーシス性

アポトーシス性」

  [★]

apoptotic
ア・トーシス、ア・プトーシス、プログラム細胞死プログラム死

予定死」

  [★]

apoptosis
ア・トーシス、ア・プトーシス、プログラム細胞死プログラム死

細胞死」

  [★]

cell death
アポトーシスプログラム細胞死ネクローシス

アポトーシスとネクローシスの違い

  アポトーシス ネクローシス
形態 濃縮、分断化 溶解
膜の強度 保たれる 失われる
ミトコンドリア 影響を受けない 膨潤、Ca取り込み
クロマチン 偏在化、濃縮 凝集
タンパク質合成阻害 死が阻害されうる
actinomycin D
・CHX
なし
原因 糖質コルチコイド、ホルモン刺激の低下、過剰な刺激、中程度の毒 強い毒、低酸素、pHの大きな変動
典型例 胸腺←糖質コルチコイド 肝臓←肝毒性物質
細胞の変化 リソソームは変化無し リソソームが破裂する
核の変化 特定の長さに切断 ランダムに切断
最初の徴候 エンドヌクレアーゼの活性化 小疱形成、膨潤


死」

  [★]

death
死亡脳死心臓死


ラム」

  [★]

rhm
照射線量率定数 exposure rate constant

プロ」

  [★]

pro

細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡